4216 Movies

チョイス! Swing Vote (2008)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ひょんなことから大統領を選出する一票を投じることになった自堕落な男と、健気に父を支える娘との親子愛を描く、主演ケヴィン・コスナーネイサン・レインデニス・ホッパーポーラ・パットン他共演、監督ジョシュア・マイケル・スターンによるコメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:ジョシュア・マイケル・スターン
製作:ケヴィン・コスナー
製作:ジム・ウィルソン
脚本
ジェーソン・リッチマン

ジョシュア・マイケル・スターン
撮影:シェーン・ハールバット
編集:ジェフ・マクエヴォイ
音楽:ジョン・デブニー

出演
アーネスト”バド”ジョンソン:ケヴィン・コスナー

モリー・ジョンソン:マデリン・キャロル
アーサー”アート”クラム:ネイサン・レイン
ドナルド”ドン”グリーンリーフ:デニス・ホッパー
ケイト・マディソン:ポーラ・パットン
マーティン”マーティ”フォックス:スタンリー・トゥッチ
アンドリュー”アンディ”ブーン大統領:ケルシー・グラマー
ジョン・スウィーニー:ジョージ・ロペス
ウォルター:ジャッジ・ラインホルド
ガリーナ・グリーンリーフ:ナナ・ヴィジター
ワイアット:マーク・モーゼス
ラリッサ・ジョンソン:メア・ウィニンガム
本人:リチャード・ペティ
本人:ウィリー・ネルソン
本人:ビル・マー
本人:ラリー・キング
本人:メアリー・ハート
本人:アリアナ・ハフィントン
本人:アーロン・ブラウン
本人:ローレンス・オドネル

アメリカ 映画
配給 タッチストーン・ピクチャーズ

2008年製作 120分
公開
北米:2008年8月1日
日本:未公開
製作費 $21,000,000
北米興行収入 $16,284,360
世界 $17,634,310


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューメキシコ州、テキシコ
鶏卵工場で働くアーネスト”バド”ジョンソン(ケヴィン・コスナー)は、妻には家を出て行かれ、12歳の娘のモリー(マデリン・キャロル)と暮らしていた。

大統領選の投票日だというのに、バドは関心もなく、現役大統領アンドリュー・ブーン(ケルシー・グラマー)と、対立候補のドナルド・グリーンリーフ(デニス・ホッパー)の名前すら思い浮かばない。

ブーンの選挙キャンペーン・マネージャー、マーティン・フォックス(スタンリー・トゥッチ)と同じくグリーンリーフ陣営のアーサー・クラム(ネイサン・レイン)は、最後の追い込みに追われていた。

学業優秀なモリーは、選挙に対する素晴らしい意見を発表して、取材に来ていたニュース・リポーターのケイト・マディソン(ポーラ・パットン)に注目される。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
アーネスト”バド”ジョンソンは、賢くて確り者の12歳の娘モリーに支えられて生きているような、アル中寸前の自堕落な男だった。
大統領選挙の投票日、バドは投票することをモリーに約束していたものの、それを忘れてしまい、焦った挙句に看板に頭をぶつけて気絶してしまう。
父親に失望したモリーは、係員が居眠りをしている隙に、バドに代わり投票してしまう。
しかし、電源が切れたために、投票は無効になってしまい、それが投票結果に大きな影響を与えてしまう。
結局、バドの一票で、次期大統領が決まるという、世紀の一大事になる。
候補者で、現役大統領のブーンと対立候補グリーンリーフは、地図にも載っていない田舎町の住人バドの一票を獲得するため、選挙参謀のフォックスとクラムらの戦略を基に、大キャンペーンを繰り広げる。
そして、突然、時の人となってしまったバドとそしてモリーは、困惑しながら投票の日を待つことになるのだが・・・。
__________

田舎町に住む自堕落な男が、世界の指導者を決める一票を投じる権利を得るという、とてつもない物語を、その舞台設定を含め、雰囲気よく仕上げた作品ではある。

豪華キャストも見もので、カメオ出演で著名人がずらりと顔を揃えているあたりも、コメディとはいえ、大統領選のスケール感を伝える演出に手抜きもない。

世界最高の権力者とも言える大統領の地位よりも、人間性を重視する考えに変化する候補者の描写も悪くはない。

しかし、製作費2100万ドルを回収することも出来ず、興行収入は、全世界トータルでも約1800万ドルに終わった。

北米興行収入 $16,284,360

長い低迷が続くケヴィン・コスナーは、なかなかの好演で期待に応えてはいるが、やはり、今一歩と言うところだろうか。

ダメな父親でも愛を注ぎ続ける、娘役のマデリン・キャロルの好演が、本作では最大の注目とも言える。

両候補者デニス・ホッパーケルシー・グラマー、それぞれの選挙参謀ネイサン・レインスタンリー・トゥッチ、人間味のあるTVリポーターを魅力的に演ずるポーラ・パットン、その上司ジョージ・ロペス、主人公の友人のジャッジ・ラインホルド、グリーンリーフ(D・ホッパー)の妻ナナ・ヴィジター、選挙管理局員マーク・モーゼス、そして、主人公の妻メア・ウィニンガム、他、各界著名人が多数出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020