4373 Movies

セント・マーティンの小径 St. Martin’s Lane (1938)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

浮浪者同然の幸薄い女性に惹かれた大道芸人の悲哀を描く、監督、脚本ティム・フェーラン、製作、脚本、主演チャールズ・ロートンヴィヴィアン・リーレックス・ハリソン他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

ヴィヴィアン・リー / Vivian Leigh / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ティム・フェーラン

製作
エリッヒ・ポマー
チャールズ・ロートン(クレジットなし)
脚本
バートレット・コーマック
クレメンス・デイン
チャールズ・ロートン
エリッヒ・ポマー
ティム・フェーラン
撮影:ジュール・クリュージェ
編集
ロバート・ハマー
ヒュー・スチュワート
音楽:アーサー・ジョンストン

出演
チャールズ・スタガーズ:チャールズ・ロートン
リバティ”リビー”:ヴィヴィアン・リー
ハーレー・プレンティス:レックス・ハリソン
ダン・コンスタンティン:ラリー・アドラー
ジェントリー:タイロン・ガスリー
アーサー・スミス:ガス・マクノートン
サッチ:エドワード・レキシィ
サッチ夫人:メア・オニール
セリーナ:ヘレン・ヘイ
大道芸人:シリル・スミス
パブの男:ロナルド・シャイナー

イギリス 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1938年製作 85分
公開
イギリス:1938年10月18日
北米:1940年2月15日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドンセント・マーティン通り
大道芸人のチャールズ・スタガーズ(チャールズ・ロートン)は、朗読の最中に、近づいてきたリバティ”リビー”(ヴィヴィアン・リー)に集めた小銭を奪われそうになる。

リビーを相手にしていられないチャールズは、仲間のジェントリー(タイロン・ガスリー)とアーサー・スミス(ガス・マクノートン)を紹介して芸を代わる。

盗んだ金を持って馴染みの屋台に向かったリビーは、作曲家のハーレー・プレンティス(レックス・ハリソン)に出会い、ダンサーだと言って芸を見せる。

リビーを見つけたチャールズは彼女を懲らしめようとするが、ハーレーに制止される。

騒ぎを起こしたために警官に注意されたチャールズは、ハーレーからタバコをもらい冷静になる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロンドンセント・マーティン通り
大道芸人のチャールズ・スタガーズは、小銭を盗んだビリーを責めるものの、ダンスの才能を認めて、帰る場所もない彼女を下宿に住まわせる。
その後、リビーに惹かれたチャールズは、芸人仲間のジェントリーとアーサーに彼女も加えた4人組で芸を始める。
そんな時、リビーの才能に目をつけていた作曲家のハーレーは、彼女にチャンスを与えようとする。
貴婦人から、大道芸人も物乞いも同じと言われたリビーは傷つく。
あくまで大道芸にこだわるチャールズの元を去ったリビーは、ハーレーの協力で舞台に立ち、やがてスターになるのだが・・・。
__________

ハロルド・ロイド作品の脚本などで知られるティム・フェーランが、脚本を兼ねた監督作品。

大道芸に誇りを持ちながら生きる、人生の悲哀を感じさせる演技で主人公を見事に演じたチャールズ・ロートンが、製作と脚本を兼ねた意欲作でもある。

主人公に才能を認められ、浮浪者同然の身分からスターになる女性を演ずる美しいヴィヴィアン・リーは、ローレンス・オリヴィエとの不倫関係が始まり、「風と共に去りぬ」(1939)の”スカーレット・オハラ”役に決まる可能性が出てきた頃の作品であり、それを考えながら観ると更に興味深く鑑賞できる。

住む場所もない幸薄い生き方を脱し、舞台のスターとなったヒロインが、主人公のことを思い恩返ししようとする終盤は涙を誘う。

また、ヒロインの好意を断った主人公が、誇りをもって大道芸に復帰する、人間の逞しさを感じさせるラストも素晴らしい。

ヒロインの才能を評価しスターに育てる思慮深い作曲家のレックス・ハリソン、彼の曲を演奏するハーモニカ奏者のラリー・アドラー、主人公の芸仲間タイロン・ガスリーガス・マクノートン、主人公の下宿の主人エドワード・レキシィと妻メア・オニール、大道芸人及びヒロインを見下す貴婦人ヘレン・ヘイ、顔面黒塗りの大道芸人シリル・スミス、パブの男ロナルド・シャイナーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021