4373 Movies

悪魔をやっつけろ Beat the Devil (1953)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

地中海の港町で計画される陰謀とそれに関係する人々の思惑を描く、製作、監督、脚本ジョン・ヒューストン、主演ハンフリー・ボガートジェニファー・ジョーンズジーナ・ロロブリジーダロバート・モーレイピーター・ローレエドワード・アンダーダウン他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

ハンフリー・ボガート / Humphrey Bogart / Pinterest
ジェニファー・ジョーンズ / Jennifer Jones / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョン・ヒューストン
製作:ジョン・ヒューストン
原作:ジェームズ・ヘルヴィクBeat the Devil
脚本
トルーマン・カポーティ
ジョン・ヒューストン
撮影:オズワルド・モリス
編集:ラルフ・ケンプレン
音楽:フランコ・マンニーノ

出演
ビリー・ダンルーサー:ハンフリー・ボガート
グウェンドレン・チェルム:ジェニファー・ジョーンズ
マリア・ダンルーサー:ジーナ・ロロブリジーダ
ピーターソン:ロバート・モーレイ
ジュリアス・オハラ:ピーター・ローレ
ハリー・チェルム:エドワード・アンダーダウン
ジャック・ロス少佐:アイボア・バーナード
ラヴェロ:マルコ・トゥーリ
ジャック・クレイトン警部:バーナード・リー
SSナヤンガのパーサー:マリオ・ペローネ
行政官:ジュリオ・ドンニーニ
SSナヤンガの船長:サロ・ウルジ
イスパノ・スイザの運転手:フアン・デ・ランダ
シャルル:アルド・シルヴァーニ

アメリカ/イギリス 映画
配給
ユナイテッド・アーティスツ(北米)
British Lion Films(イギリス)
1953年製作 94分
公開
イギリス:1953年11月24日
北米:1954年3月12日
日本:1954年3月24日
製作費 $1,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
地中海の小さな港町。
4人組の悪党ピーターソン(ロバート・モーレイ)、ジュリアス・オハラ(ピーター・ローレ)、ラヴェロ(マルコ・トゥーリ)、ジャック・ロス少佐(アイボア・バーナード)が連行される。

6か月前。
アメリカ人のビリー・ダンルーサー(ハンフリー・ボガート)は、4人と組んでウラン密輸で大儲けを企んでいた

イギリス領東アフリカに船で向かうイギリス人のグウェンドレン・チェルム(ジェニファー・ジョーンズ)は、一緒に船に乗るかもしれないピーターソンらが気になり、それを夫のハリー(エドワード・アンダーダウン)に伝える。

ビリーの妻マリア(ジーナ・ロロブリジーダ)は、植民地局の高官ポール・ヴァミーアがクラブで何者かに殺害されたという新聞記事の内容をビリーに伝える。

考え込むビリーは、ヴァミーアの行動を警戒して恐れていたピーターソンが関係していることをマリアに話す。

ヴァミーアが鉱山の採掘権の件で上司に何か話すのを、ピーターソンが阻止したと言うビリーは苛立ち、マリアが彼を落ち着かせる。

...全てを見る(結末あり)

解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
地中海の小さな港町。
アメリカ人のビリー・ダンルーサーは、悪党のピーターソンら4人と組んでアフリカに向かい、ウランで大儲けしようと考える。
ビリーは、若くて美しい妻マリアがいる身でありながら、イギリス人のグウェンドレンに惹かれ、彼女も夫のハリーと共にウランの件でアフリカに向かうことを知る。
ビリーはグウェンドレンと親交を深め、マリアはハリーに魅力を感じ始める。
その後ビリーは、グウェンドレンの妄想癖を気にしながらも、ピーターソンらと共に計画を実行しようとするのだが・・・。
__________

1951年に発表された、ジェームズ・ヘルヴィクの小説”Beat the Devil”を基に製作された作品。

製作、監督、脚本を兼ねるジョン・ヒューストンが、「アフリカの女王」(1951)に続き盟友ハンフリー・ボガートと組んだ作品。

地中海の港町を舞台に、アフリカで計画される陰謀を実行しようとする悪党と、彼らに関係する人々の思惑を描くコメディ・ドラマ。

主人公を始め癖のある登場人物の個性を活かし、それぞれが微妙に絡み合う関係をユーモアを交えながら描く、ジョン・ヒューストンの巧みな脚本と演出が見どころの作品。

舞台が地中海の小さな港町ということで、イタリア各地で撮影された風光明媚な映像も印象に残る。

上記のように、ジョン・ヒューストンと組んだ「アフリカの女王」(1951)で待望のアカデミー主演賞を受賞して間もない主演のハンフリー・ボガートは、悪党仲間をまとめるリーダーとして、アフリカウラン資源を狙う計画を実行する男を、いつものように雰囲気ある演技で熱演している。

主人公と惹かれ合うようになる、空想癖のある女性を好演するジェニファー・ジョーンズ、夫である主人公の顔色を気にせず新たな愛を求めるジーナ・ロロブリジーダ、主人公と共に計画を実行しようとする悪党のロバート・モーレイピーター・ローレアイボア・バーナードマルコ・トゥーリ、空想癖がある妻(ジェニファー・ジョーンズ)に対し、被害妄想的な上流に憧れる男性を印象的に演ずるエドワード・アンダーダウン、終盤で主人公らを尋問するスコットランドヤードの警部バーナード・リー、汽船ナヤンガのパーサー、マリオ・ペローネ、船長のサロ・ウルジ、主人公らを捕えて尋問するアラブの行政官ジュリオ・ドンニーニ、崖から落ちる”イスパノ・スイザ”の運転手フアン・デ・ランダ、レストランの支配人アルド・シルヴァーニなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021