4513 Movies

マグノリアの花たち Steel Magnolias (1989)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1987年に上演された、ロバート・ハーリングの舞台劇”Steel Magnolias”を基に製作された作品。
ルイジアナ州の町の近隣に住む女性達の親交を描く、製作レイ・スターク、監督ハーバート・ロス、主演サリー・フィールドドリー・パートンシャーリー・マクレーンダリル・ハンナオリンピア・デュカキスジュリア・ロバーツトム・スケリットサム・シェパード他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

シャーリー・マクレーン / Shirley MacLaine / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ハーバート・ロス
製作:レイ・スターク
製作総指揮:ヴィクトリア・ホワイト
原作:ロバート・ハーリングSteel Magnolias
脚本:ロバート・ハーリング

撮影:ジョン・A・アロンゾ
編集:ポール・ハーシュ
音楽:ジョルジュ・ドルリュー

出演
マリー・リン”マリン”イーテントン:サリー・フィールド

トルーヴィジョーンズ:ドリー・パートン
ルイーザ”ウィザー”ボードロー:シャーリー・マクレーン
アネル・デプイ・デソト:ダリル・ハンナ
クレリー・ベルチャー:オリンピア・デュカキス
シェルビー・イーテントン・ラトチェリー:ジュリア・ロバーツ
トーマス・ドラモンド”ドラム”イーテントン:トム・スケリット
スパッド・ジョーンズ:サム・シェパード
ジャクソン・ラチェリー:ディラン・マクダーモット
サミー・デソト:ケヴィン・J・オコナー
オーウェン・ジェンキンス:ビル・マッカチオン

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ

1989年製作 117分
公開
北米:1989年11月15日
日本:1990年4月21日
北米興行収入 $83,759,090
世界 $95,904,090


アカデミー賞 ■
第62回アカデミー賞
・ノミネート
助演女優賞(ジュリア・ロバーツ


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ルイジアナ州、チンカピン。
町を訪れた、美容学校を卒業したばかりのアネル・デプイ・デソト(ダリル・ハンナ)は、イーテントン家で行われる結婚式の準備を見て微笑む。

裏庭の木の鳥を追い払おうとするトーマス・ドラモンド”ドラム”イーテントン(トム・スケリット)が放つ銃声に、アネルは驚く。

ドラムの銃声を気にしながら、妻マリー・リン”マリン”(サリー・フィールド)は、花嫁である娘のシェルビー(ジュリア・ロバーツ)と共に慌ただしい日を迎えていた。

美容サロンを経営するトルービィ・ジョーンズ(ドリー・パートン)は、夫のスパッド(サム・シェパード)にイースター・エッグの仕上げを頼む。

訪ねて来たアネルを歓迎したトルーヴィは、自分の髪のセットを任せて彼女の技能をテストして雇うことを決める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ルイジアナ州、チンカピン。
イーテントン家は娘シェルビーの結婚式を控え、マリー・リン”マリン”をはじめ慌ただしい準備に追われていた。
喜びの日ではあるが、糖尿病を抱えるシェルビーの今後を考えるマリンは、不安を隠せなかった。
偏屈な未亡人ウィザー、元市長夫人クレリー、そしてマリンとシェルビーは、社交場であるトルーヴィの美容サロンに集まり、彼女の助手となったアネルと共に結婚式の話題で盛り上がる。
無事に式を終えて数か月が経ち、クリスマスで実家に戻ったシェルビーは、マリンに妊娠したことを知らせる。
それがどれだけ危険なことなのかを知るマリンは、喜ぶことができない。
養子ではなく自分の子供が欲しいと言うシェルビーは、マリンの反対を押し切り出産を決意するのだが・・・。
__________

人々の平凡な生活を描きながら、ユーモアを交えひねりを効かせた演出が冴えるハーバート・ロスによるヒューマン・コメディで、盟友であるレイ・スタークが製作を担当している。

純粋なコメディに近い笑いを誘うシーンが連続する序盤から、問題発生を予感させる中盤、そして、人の生死にかかわる深刻な状況を経て、家族や人々の絆を爽やかに描くクライマックスまで、ハーバート・ロスの変幻自在とも言える職人芸を堪能できる作品。

第62回アカデミー賞では、助演女優賞(ジュリア・ロバーツ)にノミネートされた。

ハーバート・ロスの演出とハリウッドを代表する実力派スター競演ということで、鑑賞前から身構えてしまうのだが、そんなイメージを払拭する、流れるようなドラマ展開は見事としか言いようがない。

それにしても、これだけのスターが、それぞれの役柄を隙なくほぼ完璧にこなす姿、それを支えるスタッフに、アメリカ映画界の底力とプロ意識の高さをつくづく感じる。

家族を支え、母として不幸な娘を思う辛い立場を見事に演ずるサリー・フィールド、派手には見えるが、各出来事の状況を和らげる存在として印象に残るドリー・パートン、異色の存在として、偏屈な隣人を怪演するシャーリー・マクレーン、ドラマにアクセントを加える役柄である美容サロンを手伝うダリル・ハンナ、包容力とユーモアを兼ね備える元市長夫人オリンピア・デュカキス、大スターになるきっかけとなる見事な演技を見せる主人公の娘ジュリア・ロバーツ、その父親を愉快に演ずるトム・スケリット、トルーヴィ(ドリー・パートン)の夫を物静かに演ずるサム・シェパード、シェルビー(ジュリア・ロバーツ)の夫ディラン・マクダーモット、アネル(ダリル・ハンナ)と結婚する青年ケヴィン・J・オコナー、ウィザー(シャーリー・マクレーン)と親交を深めるビル・マッカチオンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021