4544 Movies

舞台恐怖症 Stage Fright (1950)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
★★★☆☆

1947年に雑誌”Collier’s”に掲載され1948年に発表された、セルウィン・ジェプソンの小説”Man Running”を基に製作された作品。
殺人事件に関わった演劇学校の女優の行動を描く、製作、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演ジェーン・ワイマンマレーネ・ディートリッヒマイケル・ワイルディングリチャード・トッドアラステア・シム他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest
マレーネ・ディートリッヒ / Marlene Dietrich / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:アルフレッド・ヒッチコック
原作:セルウィン・ジェプソンMan Running
脚本
ホイットフィールド・クック

アルマ・レヴィル
撮影:ウィルキー・クーパー
編集:エドワード・B・ジャーヴィス
音楽:レイトン・ルーカス

出演
イヴ・ギル:ジェーン・ワイマン

シャーロット・インウッド:マレーネ・ディートリッヒ
ウィルフリッド・スミス:マイケル・ワイルディング
ジョナサン・クーパー:リチャード・トッド
ギル:アラステア・シム
ギル夫人:シビル・ソーンダイク
ネリー・グッド:ケイ・ウォルシュ
フレディ・ウィリアムズ:ヘクター・マグレガー
フォーテスキュ.:マイルズ・メイルソン

チュビー・バニスター:パトリシア・ヒッチコック
バイヤード警部:アンドレ・モレル

イギリス 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1950年製作 110分
公開
イギリス:1950年8月28日
北米:1950年2月23日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロンドン
王立演劇学校の女優イヴ・ギル(ジェーン・ワイマン)は車を運転しながら、警官に追われている友人ジョナサン・クーパー(リチャード・トッド)から何があったのかを聞く。

愛人の女優シャーロット・インウッド(マレーネ・ディートリッヒ)を助けたいジョナサンは、彼女が起こしたことが大事になったと言ってその内容を話し始める。
__________

夕方5時頃、血の付いたドレスのままアパートに現れたシャーロットを招き入れたジョナサンは、自分とのことで口論になり夫を殺害してしまったことを伝える。

夫が死んでいないかもしれないと言うジョナサンは、シャーロットにブランデーを飲ませて落ち着かせようとする。

目撃者はいないはずだとは言うものの、シャーロットは絶望的な気持ちになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

★ヒッチコック登場場面
上映から約39分、マレーネ・ディートリッヒのメイドの代わりとして彼女の家に向かおうとする、ジェーン・ワイマンとすれ違う男性がアルフレッド・ヒッチコック
ジェーン・ワイマンに向い振り返るのではっきりと分かる。

*(簡略ストー リー)
ロンドン
王立演劇学校の女優イヴ・ギルは、警官に追われるジョナサンを何とか助けようとする。
愛人の女優シャーロットが夫を殺害したのだが、自分が疑われてしまったと言うジョナサンの話を聞き、彼に惹かれていたイヴは父親ギルに助けを求める。
翌日、シャーロットの家の捜査が始まっていることを知ったイヴは、その場から出て来た男性とパブで話し情報を入手する。
男性がスミス警部補だと知ったイヴは、驚きながら翌日も会う約束をする。
その後、ジョナサンをシャーロットの家で目撃したメイドのネリーに会ったイヴは、彼女に金を渡し代わりのメイドに扮する。
シャーロットがジョナサンを利用していると考えたイヴは、彼女のメイドになりジョナサンを救う方法を考えるのだが・・・。
__________

殺人事件に関わることになる女性の戸惑いから始まるオープニング、協力者となる周囲の人々のユーモラスな行動、事件のカギを握る大女優の華やかな存在感など、アルフレッド・ヒッチコックの演出が遺憾無く発揮された作品。

登場人物に直接的に迫る恐怖などがそれほど描写されていないところが注目で、笑いを誘う場面が多い非常に楽しい作品でもある。

ドラマの中で重要な証拠品である血の付いたドレスは呆気なく処分されてしまうものの、モノクロ画面を生かしたドレスの”血”とその存在を強調する演出などは見事だ。

レイトン・ルーカスのコミカルな音楽も印象に残る。

主人公のジェーン・ワイマン王立演劇学校の女優というところもポイントで、様々な役柄を演じようとする姿がユーモラスであり、実力派でもある彼女の演技力が堪能できる。

ヒッチコック作品であっても、彼女らしさを前面に出し素晴らしいパフォーマンスも見せてくれる大女優役のマレーネ・ディートリッヒ、当時のイギリス俳優の中でも特別な存在の人気スターであった、主人公に惹かれる警部補マイケル・ワイルディング、殺人犯であり女優の愛人を好演するリチャード・トッド、いい味で主人公の父親を演ずるアラステア・シム、その妻シビル・ソーンダイク、女優のメイド、ケイ・ウォルシュ、マネージャーのヘクター・マグレガー、パブの客マイルズ・メイルソン、主人公の友人パトリシア・ヒッチコックヒッチコックの娘)、警部アンドレ・モレルなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021