4161 Movies

ブラック・ライダー BUCK AND THE PREACHER (1972)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

奴隷制度から解放され自由を求めて旅する黒人達のためにガイドをする男の戦いを描く、監督、主演シドニー・ポワチエハリー・ベラフォンテルビー・ディーキャメロン・ミッチェル他共演の西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト ■
監督:シドニー・ポワチエ
製作:ジョエル・グリックマン
原案
ドレイク・ウォーカー
アーネスト・キノイ

脚本:アーネスト・キノイ
撮影:アレックス・フィリップスJr.
編集:ペンブローク・J・ヘリング

音楽:ベニー・カーター

出演
バック:シドニー・ポワチエ

ラザフォード牧師:ハリー・ベラフォンテ
ルース:ルビー・ディー
ディシェイ:キャメロン・ミッチェル
マダム・エスター:ニタ・タルボット
フロイド:デニー・ミラー
保安官:ジョン・ケリー

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1972年製作 102分
公開
北米:1972年4月28日
日本:1972年6月28日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
南北戦争が終わり奴隷制度は廃止されたものの、土地と自由の約束は守られなかった。

多くの元奴隷は、真の自由を求めて西部へと旅立った。

馬車隊で旅する彼らは、西部に詳しい黒人のガイドを雇うが、楽な旅ではなかった。

自然は過酷であり、彼らを農園に連れ戻すため、秘密結社や賞金稼ぎが雇われたのだった。

元兵士で黒人ガイドのバック(シドニー・ポワチエ)に案内されて土地を耕し暮らし始めた黒人達は、秘密結社の白人ディシェイ(キャメロン・ミッチェル)らの襲撃を受け、農場で働くよう強要される。

ディシェイは、バックの居場所を教えない者を容赦なく殺す。

家に戻ろうとしたバックは、デシャイに銃を向けられている妻ルース(キャメロン・ミッチェル)の表情で危険を察知し、彼らの銃撃をかわして逃走する。

馬が弱っていたため、野営していたラザフォード牧師(ハリー・ベラフォンテ)の馬を買おうとしたバックは彼を警戒する。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
南北戦争が終わり奴隷制度は廃止され、真の自由を求めた黒人達は西部に向い、元兵士で黒人ガイドのバックは、その案内役として雇われていた。
しかし、白人の秘密結社の一団ディシェイらは、黒人を襲い農地に帰そうとする。
バックはディシェイに追われていたが、出会った牧師ラザフォードの馬を奪ったことで彼と行動を共にすることになる。
その後、馬車隊がディシェイらに襲われ、数人が殺されて現金も奪われる。
目的地に向かうことが難しくなった馬車隊を助けるため、ディシェイらを倒し現金を奪い返そうとしたバックは、ラザフォードと共に一団を追うのだが・・・。
__________

主演を兼ねるシドニー・ポワチエの初監督作品であり、虐げられる黒人の苦難の旅を描く、黒人及び黒人俳優の地位向上に大きく貢献した彼の意欲が窺える力作でもある。

白人の黒人に対する偏見をストレートに描いた作品ではあるが、先住民の問題も加えた社会性もある内容にユーモアもまじえた展開は、メリハリが効いていて実に小気味よい。

人権問題に真っ向から立ち向かう主人公が、悪党まがいの銀行襲撃をしたり、派手な追跡劇なども見せてくれるアクションとしても楽しめる。

ここまでくると人種の壁を越えているという存在でもある、逞しく勇敢なガイドを貫録の演技で好演するシドニー・ポワチエと、聖職者らしくない強欲な牧師を怪演する同じ歳(1927年生まれ)のハリー・ベラフォンテとの愛称も抜群だ。

主人公の妻ルビー・ディー、秘密結社の一団のリーダー、キャメロン・ミッチェル、その手下デニー・ミラー、売春宿のマダム、ニタ・タルボット、保安官のジョン・ケリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020