4214 Movies

白い恐怖 Spellbound (1945)

  •  
  •  
  • 15
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
★★★★

精神科医療施設の医師が、赴任した院長に惹かれながら、記憶を失っていた彼の過去の秘密を解き明かそうとする姿を描く、製作デヴィッド・O・セルズニック、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演イングリッド・バーグマングレゴリー・ペックレオ・G・キャロル他共演のミステリー・スリラーの秀作。


スリラー/ホラー

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest
イングリッド・バーグマン / Ingrid Bergman / Pinterest
グレゴリー・ペック / Gregory Peck / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:デヴィッド・O・セルズニック
原作
ヒラリー・セント・ジョージ・サンダース
フランシス・ビーディング
The House of Dr. Edwardes
脚本
ベン・ヘクト
アンガス・マクファイル
撮影:ジョージ・バーンズ
編集:ハル・C・カーン
音楽:ミクロス・ローザ

出演
コンスタンス・ピーターセン:イングリッド・バーグマン
アンソニー・エドワーズ/ジョン・バランタイン:グレゴリー・ペック
マーチソン:レオ・G・キャロル
アレクサンダー”アレックス”ブルロフ:マイケル・チェーホフ
メアリー・キャミチール:ロンダ・フレミング
フレロー:ジョン・エメリー
ガームス:ノーマン・ロイド
エンパイア・ステート・ホテルの警備係:ビル・グッドウィン
エンパイア・ステート・ホテルの旅行客:ウォーレス・フォード
クーリー警部補:アート・ベイカー
ギレスピー巡査部長:レジス・トゥーミイ

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1945年製作 111分
公開
北米:1945年12月28日
日本:1951年11月23日
製作費 $1,500,000
北米興行収入 $6,387,000


アカデミー賞 ■
第18回アカデミー賞
・受賞
音楽賞(ドラマ・コメディ)
・ノミネート
作品・監督
助演男優(マイケル・チェーホフ)
撮影(白黒)・特殊効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
精神医療施設”緑の園”の医師コンスタンス・ピーターセン(イングリッド・バーグマン)は、退任する院長マーチソン(レオ・G・キャロル)の労を労う。

間もなく新任院長のアンソニー・エドワーズ(グレゴリー・ペック)が現れ、マーチソンと引継ぎをする。

エドワーズは食事の席でピーターセンに挨拶し、仕事一筋の彼女はエドワーズに惹かれてしまう。

席に着いたエドワーズは、施設増築でプールを作る話をし始めたピーターセンが、フォークでテーブルクロスに線を描いた瞬間に動揺してしまう。

ピーターセンは、ナイフでその縞模様を消そうとするエドワーズの行動を気にする。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

1927年に発表された、ヒラリー・セント・ジョージ・サンダースフランシス・ビーディングの小説”The House of Dr. Edwardes”を基に製作された作品。

★ヒッチコック登場場面
上映から約38分、ホテルのエレベーターを出る、ヴァイオリン・ケースを持ちタバコを吸いながら立ち去る男性がヒッチコック

*(簡略ストー リー)
精神医療施設”緑の園”の医師コンスタンス・ピーターセンは、退任するマーチソン院長に代わり赴任したアンソニー・エドワーズに惹かれてしまう。
仕事一筋であったピーターセンは、エドワーズへの思いが抑えきれなくなるのだが、彼が縞模様や白い色を恐れ、エドワーズを殺し成り済ました記憶喪失者であることを知ってしまう。
姿を消したエドワーズを追ったピーターセンは、彼を助けるために恩師である分析医ブルロフの元に向かうのだが・・・
__________

縞模様や白い色に隠された恐怖の秘密を暴く謎解きと、ミステリアスな雰囲気を漂わせる異色作であり、様々な手法を駆使したアルフレッド・ヒッチコックの演出は見応え十分。

中でも、夢の世界を描くサルバドール・ダリが担当した幻想的な世界は見事であり、その映像センスは話題になり映画史に残るものとなった。

ミルクを飲むコップの中からのショット、殺人犯が自ら命を絶つ画面に銃口を向けるシーンなども注目だ。

第18回アカデミー賞では、非常に印象的な楽曲を提供したミクロス・ローザが音楽賞(ドラマ・コメディ)を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
助演男優(マイケル・チェーホフ)
撮影(白黒)・特殊効果賞

30歳を前に既に貫録さえ感じさせる主人公を演ずるイングリッド・バーグマンは、恋に悩みながら、対面する相手を鋭く分析する美貌を備えた精神科医を好演している。

イングリッド・バーグマンより一歳年下のグレゴリー・ペックは前年デビューしたばかりであり、期待のホープとして記憶を失い苦悩する謎の男性を熱演している。

目立たないのだが、冒頭から怪しい雰囲気で演ずる院長役、ヒッチコック作品ではお馴染のレオ・G・キャロルアカデミー助演賞にノミネートされた、主人公の恩師である著名な精神分析医を演じたマイケル・チェーホフ、患者ロンダ・フレミング、同じく若き日の名優ノーマン・ロイド、ホテル警備係ビル・グッドウィン、旅行客ウォーレス・フォード、警官アート・ベイカーレジス・トゥーミイなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020