4213 Movies

汚名 Notorious (1946)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
5star

ナチのスパイだったと思われる実業家を探る任務を受けた情報員と、父親のスパイ容疑で汚名を着せられた女性の関係を描く、製作デヴィッド・O・セルズニック、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演ケイリー・グラントイングリッド・バーグマンクロード・レインズ他共演によるサスペンスの傑作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest
ケイリー・グラント / Cary Grant / Pinterest
イングリッド・バーグマン / Ingrid Bergman / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:デヴィッド・O・セルズニック
脚本:ベン・ヘクト
撮影:テッド・テズラフ
編集:スローン・ウォース
音楽:ロイ・ウェッブ

出演
T・R・デヴリン:ケイリー・グラント

アリシア・ハバーマン:イングリッド・バーグマン
アレクサンダー・セバスチャン:クロード・レインズ
アンナ・セバスチャン:レオポルダイン・コンスタンティン
ポール・プレスコット:ルイス・カルハーン

アメリカ 映画
配給 RKO Radio Pictures

1946年製作 101分
公開
北米:1946年8月15日
日本:1949年11月20日
製作費 $2,000,000
北米興行収入 $24,464,740


アカデミー賞 ■
第19回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優(クロード・レインズ)
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1946年4月24日、午後11時20分、フロリダ州、マイアミ
アリシア・ハバーマン(イングリッド・バーグマン)は、ナチのスパイ容疑で国家反逆罪に問われた父親が有罪となったために汚名を着せられる。

当局に監視されながら日々を過ごしていたアリシアは、知り合ったT・R・デヴリン(ケイリー・グラント)と共に知人達とのパーティーを楽しむ。

アリシアは酔ったままデヴリンとドライブに出かけ、パトロール警官に車を止められる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

★ヒッチコック登場場面
上映64分後、結婚披露パーティーの際、主人公二人が近づくテーブル・カウンターで、シャンペンを飲み立ち去る男性がヒッチコック

*(簡略ストー リー)
情報員T・R・デヴリンは、ナチのスパイ容疑で有罪になった父親のせいで汚名を着せられたアリシア・ハバーマンに近づく。
デヴリンはアリシアを利用し、リオデジャネイロでスパイ活動をしていると思われるドイツの実業家セバスチャンについて調べる任務を命ぜられていた。
そんな二人は、自然の成り行きで惹かれ合うようになりながら、アリシアは、父親の友人であり自分に好意を抱くセバスチャンに接触するのだが・・・
_________

全体的にサスペンスの要素を保ちつつ、主人公二人のロマンスに重点を置いた作品で、終戦直後の時代背景を考えると、ケイリー・グラントイングリッド・バーグマンの濃厚なラブシーンは注目であり、それが大いに話題にもなった。

情報員と協力者が、あまりにもあっさりと惹かれ合ってしまう設定に難はあるが、主人公が終盤まで、はっきりと愛を口にしないところがポイント。

南米に潜伏するナチ・シンパの活動を探るスパイ劇の面白さと、時代を代表するスター、主演の二人の魅力を引き出すアルフレッド・ヒッチコックの演出手腕は冴え渡り、アカデミー賞にノミネートされたはベン・ヘクトの脚本も素晴らしい。

また、主人公が忘れたシャンペン・ボトルのワンショットで、彼と協力者の女性の関係を伝える細やかな演出なども秀逸だ。

二日酔いのヒロインの視線が定まらない、目線で捉えたカメラアングルや、広い屋敷内の天井付近からの撮影と階段へのカメラの移動の仕方など、臨場感のある斬新な手法も注目だ。

第19回アカデミー賞では、助演男優(クロード・レインズ)、脚本賞にノミネートされた。

2006年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。
同じヒッチコック作品「断崖」(1941)を思わせる、ユーモアを抑えたケイリー・グラントの演技、撮影当時30歳を手前にしたイングリッド・バーグマンの美しさも際立ち、二人の登場場面は画面に吸い込まれてしまうほどだ。

アカデミー助演賞候補となり、主演二人とは違う個性で好演する、全てを思い通りに操れる雰囲気で登場するスパイ活動の首謀者クロード・レインズが、次第に追い詰められ死を覚悟するラストは恐ろしい。

その母親を冷淡に演ずるレオポルダイン・コンスタンティン、主人公の上司ルイス・カルハーンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020