4452 Movies

スモーキン・エース Smokin’ Aces (2006)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

マフィア壊滅のための証人を保護しようとするFBIと殺し屋の攻防と隠された秘密を描く、製作、監督、脚本ジョー・カーナハン、出演ジェレミー・ピヴェンライアン・レイノルズレイ・リオッタアンディ・ガルシアベン・アフレック他共演の犯罪アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ジョー・カーナハン

製作
ティム・ビーヴァン
ジョー・カーナハン
ライザ・チェイシン
エリック・フェルナー
製作総指揮:ロバート・グラフ
脚本:ジョー・カーナハン
撮影:マウロ・フィオーレ
編集:ロバート・フレイゼン
音楽:クリント・マンセル

出演
バディ“エース”イズラエル:ジェレミー・ピヴェン
プリモ・スパラッザ:ジョセフ・ラスキン
シドニー・K・セレナ:アレックス・ロッコ
ビクター“バズ”パディチェ:デヴィッド・プローヴァル
アイビー:コモン
ヒューゴ・クループ:ジョエル・エドガートン
ビーニー:クリストファー・マイケル・ホーリー
モーリス・メクレン:カーティス・アームストロング
リチャード・メスナー:ライアン・レイノルズ
ドナルド・カラザーズ:レイ・リオッタ
スタンリー・ロック:アンディ・ガルシア
フリーマン・ヘラー:マイク・フォーコウ
ルパート“リップ”リード:ジェイソン・ベイトマン
ジャック・デュプリー:ベン・アフレック
ピート・ディークス:ピーター・バーグ
ホリス・エルモア:マーティン・ヘンダーソン
ジョージア・サイクス:アリシア・キーズ
シャリス・ワッターズ:タラジ・P・ヘンソン
ダーウィン・トレモア:クリス・パイン
ジーブス・トレモア:ケヴィン・デュランド
レスター・トレモア:モーリー・スターリング
パスクアール・アコスタ:ネスター・カーボネル
ラズロ・スート:トミー・フラナガン
イングストローム:ウラジミール・クリッチ
ビル:マシュー・フォックス
本人:ウェイン・ニュートン

アメリカ/イギリス 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2006年製作 109分
公開
イギリス:2006年1月12日
北米:2006年1月26日
日本:2007年5月12日
製作費 $17,000,000
北米興行収入 $35,787,690
世界 $57,103,900


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ラスベガス郊外。
FBI捜査官のリチャード・メスナー(ライアン・レイノルズ)とドナルド・カラザーズ(レイ・リオッタ)は、マフィアのボス、プリモ・スパラッザ(ジョセフ・ラスキン)の屋敷を監視する。

メスナーとカラザーズは、組織を裏切った人気マジシャンのバディ“エース”イズラエル(ジェレミー・ピヴェン)を殺すために、スウェーデン人を雇ったという情報を入手する。

スパラッザの余命が短いと考えた部下のシドニー・K・セレナ(アレックス・ロッコ)とビクター“バズ”パディチェ(デヴィッド・プローヴァル)は、イズラエルを誘拐して身代金を要求することを考える。

女二人組の殺し屋が雇われ、イズラエルの心臓に100万ドルの報酬を払うという、スパラッザの考えを知った世界中の殺し屋がそれを狙うということをメスナーとカラザーズは知る。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ラスベガスのマフィアのボス、スパラッザを監視していたFBI捜査官のメスナーとカラザーズは、組織と関りを持ち裏切った人気マジシャンのイズラエルの命が狙われているという情報を掴む。
その殺害のためにスウェーデン人が雇われ、イズラエルの心臓には100万ドルの報酬が支払われるため、名だたる殺し屋が集結することが考えられた。
FBI副長官のロックは、イズラエルに証言させて組織を壊滅させることを考える。
ロックは、殺し屋と保釈保証人のデュプリーらがイズラエルが滞在しているタホ湖のホテルに向かうことをメスナーとカラザーズに伝え、いち早くイズラエルの身柄を拘束することを命ずるのだが・・・。
__________

ミッション:インポッシブル3」(2006)の監督に抜擢されながら降板したジョー・カーナハンが、監督、脚本を兼ねて製作した犯罪アクション。

マフィアの壊滅を目的とするFBIの証人保護作戦を中心に、報奨金目当ての殺し屋や保釈保証人グループ、謎のスウェーデン人などが入り乱れながらの攻防戦を描く作品。

それら登場人物の個性的な人物描写に加え、目まぐるしい展開のノンストップ・クライム・サスペンス・アクションでもあり、豪華スター競演も見逃せない、ジョー・カーナハンの軽快な演出も光る見所満載の作品に仕上がっている。

情報の思い違いによるクライマックスの意外な展開も注目で、多くの犠牲者を出したことを、公益優先で処理しようとする権力への反発で終わるラストは考えさせられる。

主人公を特定することは難しい作品で、証人の保護に命を懸けるFBI捜査官を熱演するライアン・レイノルズレイ・リオッタ、彼らを指揮するFBI副長官のアンディ・ガルシア、マフィアと関係する人気マジシャンで命を狙われるジェレミー・ピヴェン、その部下コモンジョエル・エドガートンクリストファー・マイケル・ホーリー、組織のボス、ジョセフ・ラスキン、その側近で、事件を利用して組織を支配しようとするアレックス・ロッコデヴィッド・プローヴァル、マジシャンのマネージャーのカーティス・アームストロング、弁護士のジェイソン・ベイトマン、彼に雇われる保釈保証人ベン・アフレック、その仲間で元刑事のピーター・バーグマーティン・ヘンダーソン、殺し屋の二人組アリシア・キーズタラジ・P・ヘンソン、残虐な殺し屋三兄弟クリス・パインケヴィン・デュランドモーリー・スターリング、傭兵のネスター・カーボネル、変装を得意とする殺し屋のトミー・フラナガン、心臓外科医であったスウェーデン人のウラジミール・クリッチ、ホテルの警備主任マシュー・フォックスラスベガスのショーの司会者で本人役のウェイン・ニュートンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021