4350 Movies

スライディング・ドア Sliding Doors (1998)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

脚本も担当するピーター・ハウイットの初監督作品で、主人公が地下鉄に乗り遅れた瞬間に起きるパラレル・ワールドを描く、製作シドニー・ポラック、主演グウィネス・パルトロージョン・ハナー他共演のラブ・コメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:ピーター・ハウイット
製作
シドニー・ポラック

フィリッパ・ブレイスウェイト
ウィリアム・ホーバーグ

脚本:ピーター・ハウイット
撮影:レミー・アデファラシン
編集:ジョン・S・スミス
音楽:デイヴィッド・ヒルシュフェルダー

出演
ヘレン・クイリー:グウィネス・パルトロー

ジェームズ・ハマートン:ジョン・ハナー
ジェリー:ジョン・リンチ
リディア:ジーン・トリプルホーン
アンナ:ザーラ・ターナー
ラッセル:ダグラス・マクフェラン
ハマートン夫人:ヴァージニア・マッケンナ

ポール:ケヴィン・マクナリー
クライヴ:ポール・ブライトウェル
クローディア:ニナ・ヤング

イギリス/アメリカ 映画
配給 ミラマックス

1998年製作 99分
公開
イギリス:1998年5月1日
北米:1998年4月24日
日本:1998年9月12日
製作費 $9,000,000
北米興行収入 $11,883,500


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロンドン
慌しい朝を迎えた、広告代理店に勤務するヘレン・クイリー(グウィネス・パルトロー)は、同棲中の恋人で小説家志望のジェリー(ジョン・リンチ)をベッドに残して会社に向かう。

しかし、会議に遅れたヘレンは、上司ポール(ケヴィン・マクナリー)にクビを言い渡され、失意のうちに”ロンドン地下鉄”のホームに向かう。

ヘレンは、到着した車両に乗り込もうとした瞬間にドアが閉まってしまい、乗車することが出来なかった。

・・・
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
慌しい毎日を送る、広告代理店勤務のヘレン・クイリーは、同棲中の恋人である、作家志望のジェリーを養っていた。
そんなヘレンは、会議に遅刻してクビになってしまい、失意のうちに地下鉄に乗り帰宅しようとする。
しかし、ヘレンは地下鉄に乗り遅れてしまい、その瞬間に、彼女が車両に乗れた場合の世界も展開する。
・乗れた場合・
車内で愉快な男性ジェームズと出会ったヘレンは、彼と軽い会話を交わして別れる。
帰宅したヘレンは、ジェリーが元恋人のリディアと浮気している現場を目撃してしまい、憤慨した彼女は家出してしまう・・・。
・乗れなかった場合・
引ったくりに遭い、怪我をしたヘレンは病院に向かい、その後、帰宅する。
ジェリーの浮気にヘレンは気づかないが、彼の様子がおかしいことを感じながらも、生活のために働き始めるのだが・・・。
__________

地下鉄のスライディング・ドアが閉まった瞬間に起きる、パラレル・ワールドで展開する恋の行方を、コミカルな序盤で始まり、恋人に裏切られる失意の主人公が、新たな恋を掴みながらも、悩み困惑する切ない女心を描いたユニークな作品。

当然ながら、二つの世界の舞台や登場人物が同じなために戸惑ってしまうが、主人公のヘアースタイルを変えることで、区別をつける工夫をしている。

イギリス人気質丸出しの、主人公を取り巻く友人達などの描写も実に楽しい。

なんと言っても注目は、透き通るような白い肌も印象的なグウィネス・パルトローのキュートな魅力で、彼女は、同年12月公開の「恋におちたシェイクスピア」(1998)で、見事にアカデミー主演賞を受賞することになる。

軽い感じで登場するが、ドラマが進むに連れ、微妙に揺れ動く女心を演じ切っている。(二役と言ってもいい)

スーパー・キャリア・ウーマンでもないが、主人公のグウィネス・パルトローとは釣り合わないような雰囲気もある、愉快ではあるが誠実な実業家ジョン・ハナー、同じく冴えない作家志望の恋人ジョン・リンチ、その元恋人で、悪女的な存在のジーン・トリプルホーン、主人公の友人役ザーラ・ターナー、ジェリー(J・リンチ)の友人のダグラス・マクフェラン、ジェームズ(J・ハナー)の母親で、懐かしいヴァージニア・マッケンナ、主人公の上司ケヴィン・マクナリー、ジェームズの友人ポール・ブライトウェル、妻ニナ・ヤング、監督ピーター・ハウイットも端役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020