4295 Movies

アメリカン・ギャングスター American Gangster (2007)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

アフリカ系ギャングのボスの部下から、イタリア系マフィアが牛耳る麻薬ルートを手中にして麻薬王となったフランク・ルーカスと、組織壊滅を指揮する捜査官リッチー・ロバーツとの死闘を描く、監督リドリー・スコット、主演デンゼル・ワシントンラッセル・クロウキウェテル・イジョフォーキューバ・グッディングJr.ジョシュ・ブローリン他共演の社会派ドラマ。


ドラマ(社会派)

デンゼル・ワシントン / Denzel Washington 作品一覧
ラッセル・クロウ / Russell Crowe 作品一覧
ラッセル・クロウ / Russell Crowe / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:リドリー・スコット
製作総指揮
スティーヴン・ザイリアン
マイケル・コスティガン

ブランコ・ラスティグ
ニコラス・ピレッジ
ジム・ウィテカー
原案:マーク・ジェイコブソン
脚本:スティーヴン・ザイリアン
撮影:ハリス・サヴィデス
編集:ピエトロ・スカリア
美術・装置
アーサー・マックス
ベス・A・ルビーノ

音楽:マルク・ストライテンフェルト

出演
デンゼル・ワシントンフランク・ルーカス
ラッセル・クロウリッチー・ロバーツ
キウェテル・イジョフォー:ヒューイ・ルーカス
キューバ・グッディングJr.ニッキー・バーンズ
ジョシュ・ブローリン:トルーポ
テッド・レヴィン:ルー・トバック
アーマンド・アサンテ:ドミニク・カッターノ
ライマリ・ナダル:エヴァ
ルビー・ディー:ルーカス夫人
カーラ・グギノ:ローリー・ロバーツ
ジョー・モートン:チャーリー・ウィリアムス
ジョン・オーティス:ハヴィー・リヴェラ
ロジャー・グーンヴァー・スミス:ネイト
ロジャー・バート:連邦弁護士
クラレンス・ウィリアムズ3世エルワース”バンピー”ジョンソン
リック・ヤン:中国の将軍

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2007年製作 158分
公開
北米:2007年11月2日
日本:2008年2月1日
製作費 $100,000,000
北米興行収入 $130,164,650
世界 $265,495,450


アカデミー賞 ■
第80回アカデミー賞
・ノミネート
助演女優(ルビー・ディー)
美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1968年ハーレム
人々から慕われ、誰も彼のことをギャングと呼ばなかった大物”バンピー”ジョンソン(クラレンス・ウィリアムズ3世)がこの世を去り、葬儀にはニューヨーク州知事、市長ら角界の著名人が参列した。

15年以上、ボスに仕えた部下フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、彼の死後、借りのある者からの取立てを誓う。

一方、離婚裁判中のニューアークの刑事リッチー・ロバーツ(ラッセル・クロウ)は、相棒のリヴェラ(ジョン・オーティス)との捜査中、警察へのワイロ100万ドルを見つけてしまう。

リヴェラは、その金を署に差し出すと大事になるとリッチーに忠告するが、彼は上司ルー・トバック(テッド・レヴィン)にそのワイロを報告する。

そして、リッチーとリヴェラは、当然のごとく同僚から白い目で見られるようになる。

ニューヨーク市警の刑事トルーポ(ジョシュ・ブローリン)ら汚職警官は、押収した麻薬を薄めて再びシンジケートに流すという、警察がその市場を牛耳る構図を作り上げていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1968年ハーレム
人々から慕われた大物”バンピー”ジョンソンが他界し、15年以上、彼に仕えた部下フランク・ルーカスは、ボスに借りのある者からの取立てを誓う。
一方、ニューアークの刑事リッチー・ロバーツは、捜査中に警察へのワイロ100万ドルを見つけ、上司トバックに報告し、当然のごとく、同僚から白い目で見られるようになる。
ニューヨーク市警の刑事トルーポら汚職警官は、押収した麻薬をシンジケートに流し、警察がその市場を支配するという構図を作り上げていた。
やがて、バンピーの死後、ハーレムの秩序が乱れ、フランクが次第に頭角を現す。
フランクは、ベトナム戦争で兵士から押収した大量のヘロインを、軍輸送機でアメリカ本土に持ち込むルートを作り上げる。
国内に入った純度100%のヘロインは、”ブルーマジック”と名づけられ、フランクの手によってさばかれ、彼は、イタリア系マフィアが牛耳っていた市場を手に入れる。
その頃リッチーは、上司トバックから、特別麻薬取締局の指揮を任され、ワイロに関係しない警察官が集められ、組織壊滅に向け動き出すのだが・・・。
__________

泥沼状態のベトナム戦争を利用した、独自の麻薬ルートを確立していく、アメリカの裏社会を生々しく描いた前半、ターゲットを絞れずに捜査を始める捜査官と、終盤(2時間16分後)まで二人が顔を合わすことがなく展開するストーリーは、見応え十分。

精力的に話題作を発表し活躍を続けるリドリー・スコットが、デンゼル・ワシントンと、名コンビとなったラッセル・クロウという、アカデミー賞受賞者を起用した意欲作でもあるが、4度目のアカデミー賞ノミネートが確実視されながらも、残念ながらそれを果たせなかった。
参考:
リドリー・スコットアカデミー賞ノミネート作品
・「テルマ&ルイーズ」(1991)
・「グラディエーター」(2000)
・「ブラックホーク・ダウン」(2001)

製作費に1億ドルをかけ、北米興行収入は約1億3000万ドル、全世界では約2億6600万ドルのヒットとなった。

第80回アカデミー賞では、助演女優(ルビー・ディー)と美術賞にノミネートされた。

デンゼル・ワシントンラッセル・クロウ共に、実在の人物を演じ、かなり役に成りきっている感じだ。

デンゼル・ワシントンは、表情や仕草などだけで、観る者を引き付け唸らせてくれる、いつもながらの円熟の演技を見せてくれる。

だらしなく太った体と、情けない姿を見せながら、ラッセル・クロウも、人間味ある捜査官を好演し、また新鮮味もある。

物語を左右する、キーポイントとなるシーン、ジョー・フレージャーモハメド・アリが、マジソン・スクエア・ガーデンで対戦した”世紀の一戦”ボクシング・ヘビー級タイトルマッチの再現を期待していたのだが、あまりにアッサリし過ぎたていたのが残念だ。
しかし、自分がこのような場面に興味があるための我がままで、ストーリーの役割としては十分のシーンだとも言える。

1960~70年代の、ファッションや音楽などの時代の空気、さらにはハーレムの街並みセットなどは見事に当時を再現している。

フレンチコネクション」(1971)の物語の、実際の事件を指す台詞が度々登場するが、映画の主人公ドイルのモデルになったエディ・イーガンが押収した麻薬を、汚職警官が持ち出そうとするシーンも本作に登場する。

本作中、軍輸送機を解体する場面は、「フレンチコネクション」で主人公達が、リンカーン・コンチネンタルをバラバラに解体し、執念で麻薬を見つける場面を彷彿させる。
また、ラッセル・クロウ扮するリッチーが、生活や女にだらしのないところなども、主人公ドイルに似ていて興味深い。

ドラマの中で、重要な登場人物だったはずの、ニッキー・バーンズ役のキューバ・グッディングJr.が、彼にしては、ややミスキャスト気味であったのが気になる。

どちらがギャングかわからないほど、威圧的な汚職警官ジョシュ・ブローリン、汚れた警察署内で、リッチーを支援する上司テッド・レヴィンイタリア系マフィアのボス、アーマンド・アサンテフランクの美しい妻ライマリ・ナダル、息子の悪事を一喝するアカデミー助演賞にノミネートされたルビー・ディー、離婚訴訟中のリッチーの妻役カーラ・グギノリッチーのヤク中の相棒ジョン・オーティス、の弟キウェテル・イジョフォー、最近ゲイ役が続いていたロジャー・バートが、リッチーに詰め寄る政府の弁護士役でわずかに登場する。

劇場に足を運んだその日は、平日の夕方ということで、場内は貸切状態。
まるで、デンゼル・ワシントンラッセル・クロウに招待された気分だった。
意表をつくラストは、自分のために用意してくれてあった?と思えるくらい大満足!!

エンドロールの最後まで見逃さないように・・・。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020