4551 Movies

シングルス Singles (1992)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

グランジ・ロックの中心地であるシアトルを舞台に、恋愛に迷う若者達描く、製作、監督、脚本キャメロン・クロウ、出演ブリジット・フォンダキーラ・セジウィックキャンベル・スコットマット・ディロンシーラ・ケリービル・プルマン他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

ティム・バートン / Tim Burton 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:キャメロン・クロウ

製作
キャメロン・クロウ
リチャード・ハシモト
製作総指揮:アート・リンソン
脚本:キャメロン・クロウ
撮影
タク・フジモト
ウエリ・スタイガー
編集:リチャード・チュウ
音楽:ポール・ウェスターバーグ

出演
ジャネット・リヴァーモア:ブリジット・フォンダ
リンダ・パウエル:キーラ・セジウィック
スティーヴ・ダン:キャンベル・スコット
クリフ・ポンシアー:マット・ディロン
デビー・ハント:シーラ・ケリー
デヴィッド・ベイリー:ジム・トゥルー=フロスト
ジェフリー・ジェーミソン:ビル・プルマン
ルース:デヴォン・レイモンド
アンディ:ジェームズ・レグロス
パメラ”パム”:アリー・ウォーカー
ジェイミー:ピーター・ホートン
ウェーバー市長:トム・スケリット
ダグ:ジェレミー・ピヴェン
少年の父親:ヴィクター・ガーバー
パントマイム芸人:エリック・ストルツ
カフェでキスする男:ポール・ジアマッティ
ブライアン:ティム・バートン
クラブのインタビュアー:キャメロン・クロウ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1992年製作 99分
公開
北米:1992年9月18日
日本:1993年4月17日
製作費 $9,000,000
北米興行収入 $18,472,900


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
シアトル
環境保護委員会で働くリンダ・パウエル(キーラ・セジウィック)は、スペイン人の留学生ルイスと付き合い始める。

失恋ばかりして恋を諦めていたリンダは、ビザが切れるために帰国しなければならないルイスから指輪を渡され、必ず戻って来るので、その時に返してほしいと言われる。

宝物だと言ってルイスにガレージのリモコンを渡したリンダは、空港から電話をかけてきた彼に別れを告げる。

結婚する気になったことを同僚で友人のルース(デヴォン・レイモンド)に伝えたリンダだったが、彼女と踊りに行ったクラブで、女性といたルイスに気づく。

またもや裏切られたリンダはショックを受け、ルースは彼女を慰める。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
シアトル
男運の悪い環境保護委員会で働くリンダは、スペイン人の留学生に騙されてショックを受ける。
スーパー・トレインの計画を夢見るスティーヴは、ライブハウスで見かけたリンダに惹かれて話しかけ、二人は意気投合する。
スティーヴの隣人ジャネットは、同じカフェでバイトするミュージシャンのクリフとの関係に運命を感じているのだが、彼は特定の恋人を持つ気はなかった。
同じ隣人のデビーは、ビデオ・デートで理想の相手を探そうとする。
順調な交際を続けたリンダとスティーヴは、彼女の妊娠をきっかけに結婚を決意するのだが・・・。
__________

グランジ・ロックの中心地であるシアトルを舞台に、キャメロン・クロウらしいその音楽感覚を取り入れた演出で描くロマンチック・コメディ。

二組のカップルと、隣人などが関係する恋愛の紆余曲折を描く群像劇で、それぞれの恋愛が思い描くようには進まない、現実的な進行がコミカルに描かれている。

当時の若手スターの新鮮な演技が注目で、”ジェネレーションX”の世代の生き様を象徴しているような描写は懐かしくもあり、実にいい雰囲気だ。

隣人でバイト先も同じミュージシャン(マット・ディロン)に惹かれるものの、自分を見つめ直し生活感を変えるカフェのウェイトレスをキュートに演ずるブリジット・フォンダ、男運に恵まれず恋に消極的な女性を好演するキーラ・セジウィック、紆余曲折ありながら彼女との愛を育む、スーパー・トレイン計画を夢見るキャンベル・スコット、理想の男性を必至に探すシーラ・ケリー、彼女らの隣人ジム・トゥルー=フロスト、整形外科医のビル・プルマン、リンダ(キーラ・セジウィック)の同僚で友人のデヴォン・レイモンド、リンダの元恋人ジェームズ・レグロス、デビー(シーラ・ケリー)のルームメイト、アリー・ウォーカー、デビーのデートの相手ピーター・ホートン、市長のトム・スケリット、薬局の店員ジェレミー・ピヴェン、デビーが恋に落ちる少年の父親ヴィクター・ガーバー、パントマイム芸人のエリック・ストルツ、ビデオ・デートのカメラマン、ティム・バートン、そして、キャメロン・クロウがクラブのインタビュアーで出演もしている。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021