4451 Movies

シン・シティ 復讐の女神 Sin City: A Dame to Kill For (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1991~2000年まで”ダークホースコミックス”から出版されたフランク・ミラーのグラフィック・ノベル”シン・シティ”の映画化「シン・シティ」(2005)の続編。
罪の街“シン・シティ”で繰り広げられる復讐劇を描く、製作総指揮、監督、原作、脚本フランク・ミラー、製作、監督、脚本、撮影、編集、音楽ロバート・ロドリゲス、主演ミッキー・ロークジェシカ・アルバジョシュ・ブローリンジョゼフ・ゴードン=レヴィットロザリオ・ドーソンブルース・ウィリスエヴァ・グリーンパワーズ・ブース他共演の犯罪アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧


スタッフ キャスト
監督

ロバート・ロドリゲス
フランク・ミラー
製作
アーロン・カウフマン
スティーヴン・ルルー
アレクサンドル・ロドニャンスキー
ロバート・ロドリゲス
製作総指揮
アダム・フィールズ
フランク・ミラー
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
原作:フランク・ミラーSin City
脚本:フランク・ミラー
撮影:ロバート・ロドリゲス
編集:ロバート・ロドリゲス
音楽:ロバート・ロドリゲス

出演
マーヴ:ミッキー・ローク
ナンシー・キャラハン:ジェシカ・アルバ
ドワイト・マッカーシー:ジョシュ・ブローリン
ジョニー:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
ゲイル:ロザリオ・ドーソン
ジョン・ハーティガン:ブルース・ウィリス
エヴァ・ロード:エヴァ・グリーン
ロアーク上院議員:パワーズ・ブース
マヌート:デニス・ヘイスバート
ジョーイ:レイ・リオッタ
アラーリック・ウォレンクイスト:ステイシー・キーチ
ゴールディとウェンディ:ジェイミー・キング
クローニグ:クリストファー・ロイド
ミホ:ジェイミー・チャン
ボブ:ジェレミー・ピヴェン
モート:クリストファー・メローニ
サリー:ジュノー・テンプル
ダミアン・ロード:マートン・チョーカシュ
リボウィッツ:ジュード・チコレッラ
マーシー:ジュリア・ガーナー
バーサ:レディー・ガガ
ギルダ:アレクサ・ヴェガ
ダラス:パトリシア・ボンヌ
サム:フランク・ミラー
サムの友人:ロバート・ロドリゲス

アメリカ 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー
2014年製作 102分
公開
北米:2014年8月22日
日本:2015年1月10日
製作費 $65,000,000
北米興行収入 $13,757,800
世界 $39,407,620


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー

”Just Another Saturday Night”

ハイウェイで意識が戻ったマーヴ(ミッキー・ローク)は、パトカーと事故を起こした車と若い男の死体を確認する。

何が起きたのか思い出せないマーヴは、土曜の夜だったため、いつものように酒場”ケイディ”に向い、ナンシー・キャラハン(ジェシカ・アルバ)のダンスを見て過ごす。

その後、外にいたマーヴは強烈な臭いに気づき、4人の金持ちの学生が、ホームレスを焼き殺しているのを目撃し、彼らを追い払う。

4人を追ったマーヴは、二人を見つけて一人を殺し、もう一人に、なぜ自分のことを”バニーニ”と呼んだかを訊く。

それがブランド名であり、着ていたコートがそうだと言われたマーヴは、学生を殺す。

上等なコートだと考えたマーヴだったが、それと手袋をどこで手に入れたかが思い出せない。

”The Long Bad Night (Part I)”

”ケイディ”に寄ったギャンブラーのジョニー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、ダンサーのマーシー(ジュリア・ガーナー)に声をかけられ、スロットマシンで大当たりを出す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「シン・シティ」(2005)
・「シン・シティ 復讐の女神」(2014)

*(簡略ストー リー)
頑強な男マーヴは、自分を救ってくれた刑事ハーティガンの死の悲しみに耐えるダンサーのナンシーを見守る。
ギャンブラーのジョニーは、街の支配者であるロアーク上院議員から大金を巻き上げたために痛めつけられる。
私立探偵のドワイトは、魔性の女である元恋人のエヴァが夫の財産を狙う陰謀に巻き込まれる。
ロアークへの復讐を誓っていたナンシーは、ハーティガンの亡霊に見守られながら、そのチャンスを窺うのだが・・・。
__________

フランク・ミラーロバート・ロドリゲス、そしてクエンティン・タランティーノが組み、ブルース・ウィリスジェシカ・アルバミッキー・ローク他豪華スター競演でヒットした「シン・シティ」(2005)の9年ぶりの続編。

シン・シティ」の2つのエピソードを引き継ぎ、新たに2つのエピソードを加えた、罪の街“シン・シティ”で繰り広げられる復讐劇を描く犯罪アクション。

前作では、独得の映像感覚と世界観が斬新な感じを受けたが、本作は、雰囲気が継承されているだけで、全てにパンチが足りない。

話題作の続編ということで大いに期待された作品なのだが、全世界で約1億5900万ドルの興行成績を上げた前作に比べ、本作は、北米興行収入が約1400万ドル全世界では約3900万ドル、製作費6500万ドルを考えると、商業的には大失敗作に終わった。

前作ほどの異様さと迫力が感じられないものの、頑強な男マーヴを独特の雰囲気で演ずるミッキー・ローク、命の恩人である刑事(ブルース・ウィリス)の亡霊に見守られながら、彼の死から立ち直れないダンサーのジェシカ・アルバ、内面に暴力性を秘める私立探偵のジョシュ・ブローリン、復讐に燃えるギャンブラーのジョゼフ・ゴードン=レヴィット、娼婦街のリーダー、ロザリオ・ドーソン、男を手玉に取る魔性の女エヴァ・グリーン、そのボディーガード兼運転手のデニス・ヘイスバート、シン・シティの支配者パワーズ・ブース、実業家のレイ・リオッタ、マフィアのボス、ステイシー・キーチ、娼婦街の殺し屋ジェイミー・キングジェイミー・チャン、医師のクリストファー・ロイド、刑事ジェレミー・ピヴェンクリストファー・メローニ、娼婦ジュノー・テンプル、エヴァ(エヴァ・グリーン)の夫で大富豪のマートン・チョーカシュ、ロアーク(パワーズ・ブース)と関係する刑事のジュード・チコレッラ、ジョニー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)と付き合うダンサーのジュリア・ガーナー、ダイナーのウェイトレス、レディー・ガガ他、アレクサ・ヴェガパトリシア・ボンヌ、そしてフランク・ミラーロバート・ロドリゲスもカメオ出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021