4551 Movies

シモーヌ Simone (2002)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

バーチャル女優を起用して再起を図ろうとする落ち目の映画監督の奮闘を描く、製作、監督、脚本アンドリュー・ニコル、主演アル・パチーノキャサリン・キーナーエヴァン・レイチェル・ウッドレイチェル・ロバーツ他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

アル・パチーノ / Al Pacino / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アンドリュー・ニコル

製作:アンドリュー・ニコル
製作総指揮
ブラッドレイ・クランプ
マイケル・デ・ルカ
リン・ハリス
脚本:アンドリュー・ニコル
撮影:エドワード・ラックマン
編集:ポール・ルベル
音楽:カーター・バーウェル

出演
ヴィクター・タランスキー:アル・パチーノ
エレイン・クリスチャン:キャサリン・キーナー
レイニー・クリスチャン・タランスキー:エヴァン・レイチェル・ウッド
シモーヌ:レイチェル・ロバーツ
ハル・シンクレア:ジェイ・モーア
マックス・セイヤー:プルイット・テイラー・ヴィンス
ニコラ・アンダース:ウィノナ・ライダー
ミルトン:ジェイソン・シュワルツマン
ケント:ジェフリー・ピアース
ハンク・アリーノ:イライアス・コティーズ
ジェーン:ジェニー・ブロン
フェイス:レベッカ・ローミン
男性:ジョエル・ヘイマン
ウォルター:バリー・パピック
フランク・ブランド:スタンリー・アンダーソン
刑事:ダニエル・フォン・バーゲン
バーナード:ショーン・カレン
VBCアンカー:アレック・マードック
エコーのカメラマン:クリス・コッポラ
レニー:トニー・クライン

アメリカ 映画
配給 ニュ ー・ライン・シネマ
2002年製作 118分
公開
北米:2002年8月23日
日本:2003年9月13日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $9,688,680
世界 $19,576,020


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ハリウッド
二度もオスカーにノミネートされたものの、今は落ち目の映画監督であるヴィクター・タランスキー(アル・パチーノ)は、自分の作品の出演者である女優のニコラ・アンダース(ウィノナ・ライダー)に、脚本を直したと伝えて彼女のご機嫌を窺う。

しかし、注文ばかり付けてくる二コラに腹を立てたヴィクターは、彼女を見限る。

撮影が済んでいる場面と編集を加えれば、二コラなしでも作品は完成できるというヴィクターだったが、1カットでも使えば訴えると彼女が言ってきていることを知る。

別の女優の起用も考えるヴィクターは、共演者ハル・シンクレア(ジェイ・モーア)やスタジオのトップである元妻のエレイン・クリスチャン(キャサリン・キーナー)から、二コラでなけらばだめだと言われるものの、意地でも完成させると伝える。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ハリウッド
二度もオスカーにノミネートされたものの、今は落ち目の映画監督であるヴィクター・タランスキーは、新作の主演女優二コラの横暴に我慢できず、彼女を見限る。
スタジオのトップである元妻のエレインから、二コラでなければ製作しないと言われたヴィクターは解雇されてしまう。
そんなヴィクターの前に現れたハンクは、ヴァーチャル女優の話をするものの相手にされない。
ハンクの死後、プログラムの入ったディスクを受け取ったヴィクターは、それで創造されたヴァーチャル女優”シモーヌ”を起用して新作を完成させ、作品は絶賛される。
世界中から注目される完璧な女優シモーヌを創り再起を果たしたヴィクターは、彼女の存在を隠しつつ次回作の製作を始めるのだが・・・。
__________

トゥルーマン・ショー」(1998)の脚本で注目されたアンドリュー・ニコルが、製作、監督、脚本を手掛け、実力派アル・パチーノの主演も話題になった作品。

そのアル・パチーノが主人公を演ずるということで、彼の重厚な演技が見れるドラマかと思いきや、コメディ色の強いSFファンタジー・タッチの作品である。

爆発的な普及を始めた頃の作品でもあり、コンピューターを駆使したデジタルによるヴァーチャル女優の創造という、現実味のある内容もなかなか興味深い。

また、利益優先の製作側と映画作家の意見の対立や、傲慢なスターの存在など、映画界の裏話なをシニカルに描いている。

落ちぶれて映画界から追放されかけるものの、最新の技術を使って再起する映画監督を軽妙に演ずる、アル・パチーノの変幻自在の演技も楽しめる。

映画スタジオのトップである主人公の元妻キャサリン・キーナー、その娘を愛らしく演ずる、撮影当時まだ13歳のエヴァン・レイチェル・ウッド、ヴァーチャル女優を妖艶に演ずるレイチェル・ロバーツ、共演者の男優ジェイ・モーア、シモーヌを追う雑誌社の記者プルイット・テイラー・ヴィンス、その部下のジェイソン・シュワルツマン、映画女優のウィノナ・ライダー、エレイン(キャサリン・キーナー)の恋人ジェフリー・ピアース、主人公にプログラムを渡す男性のイライアス・コティーズ、主人公の秘書ジェニー・ブロン、主人公に協力する女優のレベッカ・ローミン、トークショーのホスト、スタンリー・アンダーソン、刑事のダニエル・フォン・バーゲン、主人公の弁護士ショーン・カレン、雑誌社のカメラマン、クリス・コッポラニコラス・ケイジの兄)などが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021