4501 Movies

ネイバーズ2 Neighbors 2: Sorority Rising (2016)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2014年に公開された大ヒット・コメディ「ネイバーズ」の続編。
隣人のバカ騒ぎに悩み対抗する夫婦の奮闘を描く、監督、脚本ニコラス・ストーラー、製作、脚本、主演セス・ローゲンザック・エフロンローズ・バーンクロエ・グレース・モレッツデイヴ・フランコ他共演の爆笑コメディ。


コメディ

クロエ・グレース・モレッツ / Chloë Grace Moretz / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ニコラス・ストーラー

製作
セス・ローゲン
エヴァン・ゴールドバーグ
ジェームズ・ウィーヴァー
脚本
アンドリュー・ジェイ・コーエン
ブレンダン・オブライエン
ニコラス・ストーラー
エヴァン・ゴールドバーグ
セス・ローゲン
撮影:ブランドン・トゥロスト
編集:ゼン・ベイカー
音楽:マイケル・アンドリュース

出演
マック・ラドナー:セス・ローゲン
テディ・サンダース:ザック・エフロン
ケリー・ラドナー:ローズ・バーン
シェルビー:クロエ・グレース・モレッツ
ピート・レガゾリー:デイヴ・フランコ
マディソン:セレーナ・ゴメス
ジミー・ブレヴィンズ:アイク・バリンホルツ
ポーラ・ファルト=ブレヴィンズ:カーラ・ギャロ
ベス:カーシー・クレモンズ
ガーフィールド”ガーフ”:ジェロッド・カーマイケル
スクーニー:クリストファー・ミンツ=プラッセ
ノーラ:ビーニー・フェルドスタイン
マランダ:クララ・マメット
ワトキンス:ハンニバル・バレス
ダレン:ジョン・アーリー
キャロル・グラッドストーン:リサ・クドロー
ウェンディ・ナイト:リズ・カッコウスキー
ビル・ワゾコウスキー:ブライアン・ハスキー
シェルビーの父親:ケルシー・グラマー
ソロリティの学生:シアラ・ブラヴォ
オリヴァー・ステュードベイカー:ビリー・アイカー
エリック・バイアース:サム・リチャードソン
ジェシカ・バイアース:アビー・ジェイコブソン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2160年製作 93分
公開
北米:2016年5月20日
日本:未公開
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $55,455,770
世界 $108,007,110


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
マック・ラドナー(セス・ローゲン)と妻ケリー(ローズ・バーン)は、愛し合う。

4か月後。
別の家を購入して引っ越すことを決めたマックとケリーは、不動産業者のウェンディ・ナイト(リズ・カッコウスキー)と共に現れた、購入希望者のエリック・バイアース(サム・リチャードソン)とジェシカ(アビー・ジェイコブソン)を歓迎する。

エリックとジェシカが購入するつもりであるため喜ぶマックとケリーだったが、30日の預託期間があることをウェンディから知らされる。

30日間はこの家を視察し、購入を検討できるという話は了解しているはずだとウェンディから言われたマックとケリーは焦る。

既に購入した家は無条件で買うと言ったことをマックとケリーに確認したウェンディは、そちらは預託なしだと伝えて二人を納得させる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

参考:
・「ネイバーズ」(2014)
・「ネイバーズ2」(2016)

*(簡略ストー リー)
静かな生活を送っていたマック・ラドナーと妻ケリーは、引越しを考え、家を売る決心をして契約を済ませるものの、預託期間があることを知り焦る。
売れない場合は、既に購入した家と二軒所持しなけらばならないマックとケリーは頭を悩ませる。
そんな時マックとケリーは、女子会”カッパ・ニュー”を立ち上げたシェルビーらが隣の家を借りたことを知る。
隣の家の以前の住人で、男子学生グループのリーダーだったテディが、シェルビーに協力していることを知ったマックとケリーは驚き、かつての悪夢が甦る・・・。
__________

全世界で約2億7000万ドルの興行収入を記録した大ヒットコメディの続編で、スタッフ、キャストもほぼ同じメンバーで製作された作品。

ようやく平穏な暮らしを始めた主人公夫婦が、新たに家を購入して引越しを考えるものの、隣の家を借りた女子大生に再び悩まされるという内容となっている。

売却する家が預託期間中に売れない危機に直面した主人公らは、かつて悩まされた男子学生グループのリーダーが、再び敵になったり味方についたりする大騒動に巻き込まれるという、なかなか凝った展開で物語は進む。

ソロリティのド派手なバカ騒ぎパーティーと、それでかなり大きな金額が動くということ自体が信じられない日本人からすると、犯罪集団のような女子学生らの、ハチャメチャな行動には驚く。

隣人同士の激しい戦いが繰り広げられる中で、協力し合うことになった、かつての”敵”と主人公に、ほのかな友情が芽生える場面や、女子学生の考えを改めさせて理解し合うという、人情物語的なクライマックスもなかなかいい。

興行収入は、北米で約5600万ドルに終わり、全世界では1億ドルを超えるものの、前作大きく下回ってしまった。

再び起きる隣人のバカ騒ぎに対抗して奮闘するセス・ローゲン、その妻ローズ・バーン、前半は二人を悩ませ、後半は彼らに協力する、学生のリーダーから社会人となったザック・エフロン、女子会のリーダーとして行動を指揮するクロエ・グレース・モレッツ、主人公の親友でゲイのデイヴ・フランコ、彼と結婚するジョン・アーリー、別の女子会のリーダー、セレーナ・ゴメス、主人公の親友である会社の同僚アイク・バリンホルツ、その妻カーラ・ギャロ、シェルビー(クロエ・グレース・モレッツ)と女子会を立ち上げるカーシー・クレモンズビーニー・フェルドスタイン、テディ(ザック・エフロン)の親友ジェロッド・カーマイケルクリストファー・ミンツ=プラッセ、女子会のメンバー、クララ・マメットシアラ・ブラヴォ、警官のハンニバル・バレス、学部長のリサ・クドロー、主人公の不動産業者リズ・カッコウスキー、隣人の不動産業者ビリー・アイカー、主人公の上司ブライアン・ハスキー、シェルビーの父親ケルシー・グラマー、主人公の家の購入者サム・リチャードソンアビー・ジェイコブソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021