4213 Movies

サイレントヒル Silent Hill (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

世界的人気ゲームソフト”サイレントヒル”の映画化。
廃墟と化した街”サイレントヒル”に向かい消えた娘を捜す母親が知る恐怖を描く、監督クリストフ・ガンズ、主演ラダ・ミッチェルショーン・ビーンジョデル・フェルランド他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:クリストフ・ガンズ
製作
サミュエル・ハディダ

ドン・カーモディ
製作総指揮:山岡晃
原案:”サイレントヒル”(ゲーム/コナミ)
脚本:ロジャー・エイヴァリー

撮影:ダン・ローストセン
編集:セバスチャン・プランジェレ
音楽:ジェフ・ダナ

出演
ローズ・ダシルヴァ:ラダ・ミッチェル

クリストファー・ダシルヴァ:ショーン・ビーン
シャロン・ダシルヴァ/アレッサ・ギレスピー:ジョデル・フェルランド
シビル・ベネット:ローリー・ホールデン
トマス・グッチ警部:キム・コーツ
クリスタベラ:アリス・クリーグ
ダリア・ギレスピー:デボラ・カーラ・アンガー
アンナ:タニヤ・アレン
アダム:クリストファー・ブリットン
修理工:ロン・ガブリエル

カナダ/フランス 映画
配給
トライスター・ピクチャーズ(北米)
ユニバーサル・ピクチャーズ(世界)
フォーカス・フィーチャーズ(世界)
2006年製作 125分
公開
カナダ:2006年4月21日
フランス:2006年4月26日
北米:2006年4月21日
日本:2006年7月8日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $46,982,630
世界 $97,607,450


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
クリストファー・ダシルヴァ(ショーン・ビーン)と妻ローズ(ラダ・ミッチェル)は、夜毎うなされベッドを出る娘シャロン(ジョデル・フェルランド)を捜す。

滝つぼに落ちそうだったシャロンを助けたローズは、駆けつけたクリストファーと共に、”サイレントヒルに・・”と言って取り乱す娘を落ち着かせる。

ローズは、ウエストバージニア州のサイレントヒルに向かうことを決心しシャロンと旅立つ。

それに賛成できないクリストファーは、サイレントヒルをサイトで調べ、火事により廃墟と化していることなどを知る。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

参考:
・「サイレントヒル」(2006)
・「サイレントヒル:リベレーション」(2012)

*(簡略ストー リー)
クリストファー・ダシルヴァとローズ夫婦は、9歳の養女シャロンが、毎夜ベッドを離れて姿を消し”サイレントヒルに・・”という言葉をつぶやくことを気にする。
ローズは、シャロンを連れて”サイレントヒル”に向かおうとするが、パトロール警官のベネットに行動を疑われる。
ベネットに追われたローズは事故を起こし、翌朝、シャロンの姿が消えたことに気づく。
ローズは、灰が降る街サイレントヒルに辿り着き、おぞましい怪物に襲われながらシャロンを捜そうとするのだが・・・。
__________

全世界で驚異的な売上を記録した”コナミ”のゲームソフト”サイレントヒル”の映画化ということで話題になった、カナダフランスの合作映画。

そのゲームのファンだというクリストフ・ガンズの演出は、恐ろしさの中にも芸術的センスも感じ、その凝ったSFXも注目だ。

また、母娘が入り込んだ異次元と現実の対比、そして、それを理解させる様々なヒントが盛り込まれ、様々な工夫もみられる。

各キャラクターの描写も細やかで、魅力的なキャスティングも活かされた内容となっている。

娘の秘密、そして命を救うために戦う、勇ましくもある主人公ラダ・ミッチェル、妻と娘の行動に翻弄され気味であり、現実で戸惑う夫ショーン・ビーン、娘と街の犠牲者である少女を演ずるジョデル・フェルランド、パトロール警官ローリー・ホールデン、警部のキム・コーツ、街の生存者タニヤ・アレン、狂言的指導者クリスタベラ(アリス・クリーグ)、火炙りになった少女の母親デボラ・カーラ・アンガー、信者クリストファー・ブリットン、修理工ロン・ガブリエルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020