4217 Movies

ザ・シューター/極大射程 Shooter (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1993年に発表された、スティーヴン・ハンターの小説”Point of Impact”を基に製作された作品。
政治と利権の陰謀に巻き込まれるアメリカ海兵隊スカウト・スナイパーの戦いを描く、監督アントワーン・フークワマーク・ウォールバーグマイケル・ペーニャダニー・グローヴァーケイト・マーラネッド・ビーティ他共演のサスペンス・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:アントワーン・フークワ
製作:ロレンツォ・ディ・ボナンチュラ

原作:スティーヴン・ハンターPoint of Impact
脚本:ジョナサン・レムキン
撮影:ピーター・メンジースJr.

編集
コンラッド・バフ

エリック・A・シアーズ
音楽:マーク・マンシーナ

出演
マーク・ウォールバーグ:ボブ・リー・スワガー
マイケル・ペーニャ:ニック・メンフィス
ダニー・グローヴァー:アイザック・ジョンソン
ケイト・マーラ:サラ・フェン
ラデ・シェルベッジア:マイケル・サンダー/ミハイロ・セルビアック
イライアス・コティーズ:ジャック・ペイン
ローナ・ミトラ:アラーデス・ガリンド
ジョナサン・ウォーカー:ルイス・ドブラー
ネッド・ビーティ:チャールズ・ミーチャム上院議員
リヴォン・ヘルム:レイト

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2007年製作 126分
公開
北米:2007年3月23日
日本:2007年6月1日
製作費 $61,000,000
北米興行収入 $46,975,180
世界 $95,000,450


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アフリカエリトリア
アメリカ海兵隊フォース・リーコンスカウト・スナイパー、ボブ・リー・スワガー(マーク・ウォールバーグ)は、同僚のドニーと通用路の監視をしていた。

エチオピアアメリカ陸軍キャンプ、ルモニエ。
CIAの指揮する司令部は、味方に近づく敵の情報をスワガーに知らせる。

スワガーらは敵を狙撃するものの、武装集団が近づいたためにと交戦となる。

援軍を要請するスワガーらだったが、司令部は、国境を越えている二人を見捨てる。

ドニーは、敵のヘリコプターの攻撃を受けて死亡し、スワガーは、それを撃墜して帰還する。

36か月後。
スワガーは除隊し、ワイオミングの山奥で愛犬と共に暮らしていた。

バージニア州、CIA本部。
名誉勲章を受けている退役軍人アイザック・ジョンソン大佐(ダニー・グローヴァー)は、アフリカの任務でCIAに見捨てられた、スワガーについての説明を受ける。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

同じ主人公の”ボブ・リー・スワガー”が登場する3部作小説の1作目。
1作目:Point of Impact(1993)
2作目:Black Light(1996)
3作目:Time to Hunt(1998)

*(簡略ストー リー)
アメリカ海兵隊フォース・リーコン”のスナイパー、ボブ・リー・スワガーは、アフリカでの武装集団との交戦で見捨てられ、同僚が死亡したことで除隊を決意する。
3年後、スワガーはワイオミングの山奥で暮らしていたが、そこに、名誉勲章を受けている退役軍人ジョンソン大佐が現れる。
ジョンソンは、国内遊説中の大統領暗殺計画が考えられ、狙撃の可能性のある、遊説都市を探すこをスワガーに依頼する。
スワガーはジョンソンを信用して、調査を開始した結果、フィラデルフィア独立記念館前広場を特定する。
そして遊説演説当日、スワガーは、観測手として現場に待機して、スナイパーの狙撃のタイミングを監視する。
現場突入を指示したスワガーだったが、演壇のエチオピア大司教が狙撃され、彼自身も警備巡査の銃撃を受けて重傷を負う。
何んとかその場を逃れたスワガーは、FBI捜査官メンフィスに助けを求めるふりをして、彼の車を奪い、自分の潔白と巡査の罠を伝えて逃走する。
スワガーは傷口の応急措置をして、死んだ同僚の妻サラの元に向かう。
メンフィスは、スワガーの無実だと言う言葉が気になり、独自で調査を開始する。
自分を信じてくれたサラの治療を受けたスワガーは、同僚のライフルを譲り受ける。
そしてスワガーは、サラの協力を得て、メンフィスを利用し、事件の全貌を解き明かそうとするのだが・・・。
__________

トレーニングデイ」(2001)や「キング・アーサー」(2004)のアントワーン・フークワの監督作品。

難解になり易い政治と利権の問題を、その犠牲にされそうになる元兵士の才気ある行動中心に、軽快かつ迫力ある映像で描いた、アントワーン・フークワ演出は見応えある。

大統領遊説に絡んだ狙撃事件自体は序章であり、なんと言っても、主人公”ボブ・リー・スワガー”の銃器の扱いや、洗練された戦略的知識の豊富さ、そして、生命力の強さを表現する描写など玄人受けする作品だ。

そのスワガーを演じた、マーク・ウォールバーグのニヒルなスナイパーは、男らしさの象徴であり惚れ惚れする。

兵士としての有能さを強調するためか、それとも戦死した同僚に遠慮があるのか、その妻との関係を親交程度にしか描いていないところもいい。

いきなり大失態を演ずる、FBI捜査官のマイケル・ペーニャも、彼のキャリアの中でベストに近い好感度の高い役柄だ。

失敗を必死で挽回しようとして、殺されそうになっても踏ん張り、徐々に成長していく、役人の鏡のような健気な役柄を熱演している。

ヒロインを演じたケイト・マーラは、巨悪が絡む陰謀に巻き込まれながら、主人公を助ける頼もしい役柄を演じている。

直接手を下さない極悪コンビ、退役軍人ダニー・グローヴァーの沈着冷静な悪役と、トボケた顔で、あまり悪役が似合わないかと思いきや、ベテランらしく流石に貫禄の演技を見せる、ネッド・ビーティも印象に残る。

ジョンソン(D・グローヴァー)のアドバイザーである伝説のスナイパーラデ・シェルベッジア、部下イライアス・コティーズジョナサン・ウォーカーFBI局員のローナ・ミトラ、そしてミュージシャンのリヴォン・ヘルムが、銃器のスペシャリスト役で共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020