4240 Movies

愚か者の船 Ship of Fools (1965)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1962年に発表された、キャサリン・アン・ポーター同名小説を基に製作された作品。
多彩な乗客の人間模様を、ナチス・ドイツが政権を取った時代の客船上で描く、製作、監督スタンリー・クレイマー、主演ヴィヴィアン・リーシモーヌ・シニョレホセ・フェラーリー・マーヴィンオスカー・ウェルナーマイケル・ダン共演のシニカルなドラマ。


ドラマ

ヴィヴィアン・リー / Vivian Leigh / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:スタンリー・クレイマー
製作:スタンリー・クレイマー
原作:キャサリン・アン・ポーター
脚本
キャサリン・アン・ポーター

アビー・マン
撮影:アーネスト・ラズロ
編集:ロバート・C・ジョーンズ
美術・装置
ロバート・クラトワシー

ジョセフ・キッシュ
衣装デザイン
ビル・トーマス

ジーン・ルイス
音楽:アーネスト・ゴールド

出演
メアリー・トレッドウェル:ヴィヴィアン・リー

伯爵夫人:シモーヌ・シニョレ
ジーグフリード・リーバー:ホセ・フェラー
ビル・デニー:リー・マーヴィン
ウィリー・シューマン医師:オスカー・ウェルナー
ジェニー・ブラウン:エリザベス・アシュレー
デヴィッド:ジョージ・シーガル
ヒューブナー:ウェルナー・クァンペラー
ペペ:ホセ・グレコ
カール・グロッケン:マイケル・ダン
ティーレ船長:チャールズ・コーヴィン
ジュリアス・ローウェンタール:ハインツ・リューマン
アムパーロ:バーバラ・ルナ
フラウ・フッテン:リリア・スカラ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1965年製作 149分
公開
北米:1965年7月29日
日本:1966年10月


アカデミー賞 ■
第38回アカデミー賞
・受賞
撮影(白黒)・美術賞(白黒)
・ノミネート
作品
主演男優(オスカー・ウェルナー)
主演女優(シモーヌ・シニョレ)
助演男優(マイケル・ダン)
脚色・衣装デザイン(白黒)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1933年、メキシコベラクルス
ドイツブレーマーハーフェンに向かう客船ベラを、乗客で小人のカール・グロッケン(‘マイケル・ダン)は、”愚か者の船”と称した。

船長のティール(チャールズ・コーヴィン)は、船医ウィリー・シューマン(オスカー・ウェルナー)が、病気のため、この航海を最後に船を去ることを寂しく思う。

途中、キューバで、 600人ものサトウキビ畑のスペイン人労働者や、彼らのために闘った、政治犯の伯爵夫人(シモーヌ・シニョレ)を乗せる。

ナチス・ドイツの狂信的な信望者ジーグフリード・リーバー(ホセ・フェラー)は、ユダヤ人ジュリアス・ローウェンタール(ハインツ・リューマン)と相部屋になり不満を抱く。

野球選手をクビになったビル・デニー(リー・マーヴィン)は、画家で鉱山の設計係などもしていたデヴィッド(ジョージ・シーガル)、そしてグロッケンと相部屋になる。

伯爵夫人を診察したシューマンは、眠れないという彼女に頼まれ睡眠薬を投与する。

外交官の夫と離婚したばかりのメアリー・トレッドウェル(ヴィヴィアン・リー)は、頭が固いという恋人のデヴィッドの不平を語るジェニー・ブラウン(エリザベス・アシュレー)の話に付き合う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1933年。
メキシコベラクルスから、ドイツブレーマーハーフェンに向かう客船ベラを、乗客グロッケンは”愚か者の船”と称した。
船長のティールは、重い心臓病の船医ウィリー・シューマンが、この航海を最後に船を降りることを寂しく思っていた。
ナチス・ドイツの狂言的な信望者リーバーは自論を説き、クビになった野球選手デニーは女を物色する。
外交官の夫と別れたメアリー・トレッドウェルも、欲求不満気味で男達に色目を使い、画家デヴィッドとジェニーのカップルは、本当の愛を実感できないでいた。
ユダヤ人のローウェンタールは、自分がドイツ人であることを誇りに思い、今後の情勢を楽観視していた。
様々な人々が集う中、船はキューバで、600人ものスペイン人労働者を乗せ、彼らのために尽くし、政治犯となった伯爵夫人が乗船する・・・。
__________

コメディ・タッチで始まるドラマは、世の中の縮図を詰め込んだ登場人物の物語として展開するが、ナチス台頭による、その後の世界の悲劇を案じさせる怖さを秘めた、スタンリー・クレイマー作品らしい、メッセージ性の高い仕上がりとなっている。

ホッとする瞬間である、目的地到着で下船する乗客の中で、ナチス政権下の母国に、不安を感じていないユダヤ人(H・リューマン)が家族と再会する場面は、その後の運命を考えさせられる、印象的なシーンでもある。

新旧の実力派スター競演の、国際色豊かな個性が楽しめる作品でもある。

第38回アカデミー賞では、作品賞をはじめ8部門にノミネートされ、撮影(白黒)、美術賞(白黒)を受賞した。
・ノミネート
作品
主演男優(オスカー・ウェルナー)
主演女優(シモーヌ・シニョレ)
助演男優(マイケル・ダン)
脚色・衣装デザイン(白黒)

欲求不満の貴婦人を熱演する、本作が遺作となったヴィヴィアン・リー、政治犯としての逞しさを感じさせながら、満たされぬ愛情に揺れ動くシモーヌ・シニョレ、狂信的なナチス信望者を怪演するホセ・フェラー、野球選手をクビになり、船内の女を物色するリー・マーヴィン、自分を含めた愚かしい者達に、絶望しかけながら命を落とす船医オスカー・ウェルナー、愛を確かめることが出来ないで悩む、画家のカップル、エリザベス・アシュレージョージ・シーガル、船員のウェルナー・クァンペラー、あくどいジプシーのフラメンコ・ダンサー、ホセ・グレコ、乗客を愚か者と皮肉りながら、ものを見る目もあるマイケル・ダン、船長チャールズ・コーヴィン、楽観的なユダヤハインツ・リューマン、男を狙うジプシーのダンサー、バーバラ・ルナ、他、乗客の婦人でリリア・スカラなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020