4218 Movies

セックス・アンド・ザ・シティ2 Sex and the City 2 (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人気TVドラマの映画化で大ヒットした「セックス・アンド・ザ・シティ」(2008)の続編。
製作、主演サラ・ジェシカ・パーカーキム・キャトラルクリスティン・デイヴィスシンシア・ニクソンクリス・ノース他共演、監督マイケル・パトリック・キングによるラブ・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・パトリック・キング
製作総指揮
トビー・エメリッヒ

リチャード・ブレナー
製作
マイケル・パトリック・キング

サラ・ジェシカ・パーカー
ジョン・P・メルフィ
ダーレン・スター
脚本:マイケル・パトリック・キング
撮影:ジョン・トーマス
編集:マイケル・ベレンバウム
音楽:アーロン・ジグマン

出演
サラ・ジェシカ・パーカー:キャリー・ブラッドショー
キム・キャトラル:サマンサ・ジョーンズ
クリスティン・デイヴィス:シャーロット・ヨーク・ゴールデンブラット
シンシア・ニクソン:ミランダ・ホップス
クリス・ノース:ジョン・ジェームズ”Mr.ビッグ”プレストン
ジョン・コーベット:エイダン・ショウ
デヴィッド・エイゲンバーグ:スティーヴ・ブレディ
エヴァン・ハンドラー:ハリー・ゴールデンブラット
ジェイソン・ルイス:ジェリー”スミス”ジェロッド
リン・コーエン:マグダ
アリス・イヴ:エリン
ペネロペ・クルス:カルメン・カリオン
ダファー・ラビディン:マフムード
オミッド・ジャリリ:サフィア
ウィリー・ガーソン:スタンフォード・ブラッチ
マリオ・カントーネ:アンソニー・マレンティノ
アート・マリック:シーク・カリード
レイザ・ジェフリー:ガウラウ
マックス・ライアン:リカルド・スパルト
ライザ・ミネリ:本人
マイリー・サイラス:本人
ハイディ・クルム:本人
チューズデイ・ナイト:本人

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ
ニュー・ライン・シ ネマ
2010年製作 146分
公開
北米:2010年5月27日
日本:2010年6月4日
製作費 $100,000,000
北米興行収入 $95,328,940
世界 $288,347,690


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
人気フリー・ライターのキャリー・ブラッドショー(サラ・ジェシカ・パーカー)は、1986年にニューヨークに来て、親友であるシャーロット・ヨーク・ゴールデンブラット(クリスティン・デイヴィス)、ミランダ・ホップス(シンシア・ニクソン)、そしてサマンサ・ジョーンズ(キム・キャトラル)に出会った時のことを、昨日のことのように思い出す。

4人は、友人であるゲイのカップル、スタンフォード・ブラッチ(ウィリー・ガーソン)とアンソニー・マレンティノ(マリオ・カントーネ)の結婚式に出席する。

式の進行をライザ・ミネリが務め、彼女はパフォーマンスまで披露してくれる。

キャリーは、ジョン・ジェームズ”Mr.ビッグ”プレストン(クリス・ノース)と結婚2年目を迎え幸せな日々を送り、シャーロットは子育てに追われ、弁護士のミランダは仕事と家庭の両立でパニック状態、そして、52歳になったサマンサは、更年期を乗り越え若返りに必死だった。

その後、ミランダは上司とうまくいかなくなり、夫スティーヴ(デヴィッド・エイゲンバーグ)や子供と過ごすことを考えて、仕事を辞めてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「セックス・アンド・ザ・シティ」(2008)
・「セックス・アンド・ザ・シティ2」(2010)

*(簡略ストー リー)
ビッグと2度目の結婚記念日を迎えるキャリー、子育てに追われるシャーロット、仕事と家庭の両立に奮闘する毎日を送るミランダ、更年期と戦うサマンサは、それぞれが、相変わらず気忙しい毎日を送っていた。
キャリーとビッグは、順調に愛を育てていたのだが、次第に価値観の違いに気づき始める。
そんな時、サマンサが俳優として成功させたジェリーのプレミアの席で、彼女はアブダビの大富豪から彼の所有するホテルのPRの依頼を受ける。
サマンサは、友人3人を誘いアブダビに旅立ち、4人は超VIP扱いでゴージャスな時間を過ごすのだが・・・。
__________

世の中から求められたのも事実だが、1作目の勢いでただ単に製作されたという感じしか受けない作品。
しかし、ここまで徹底すれば・・・と、納得できるかで価値が決まる??

前作で、苦労した末に結婚した主人公に早くも危機が迫り、苦悩しながらの旅の体験で最悪の状態となるが、結局はそれが、愛を深めることへの成長の過程として描かれるロマンスとしてのテーマはまずまず楽しめる。

製作費1億ドルをかけた、主人公達のアブダビでの派手な豪遊ぶりが、正に”豪快”に描かれている。

興行収入は前作をかなり下回ったものの、北米で約9500万ドル、全世界では約2億8800万ドルのヒットとなった。
*前作
北米興行収入 $152,637,270
世界 $415,252,790

批評家、観客からは酷評されてしまい、ラジー賞では、主人公4人が女優賞を受賞、また、作品賞以下、主要部門にノミネートされるという、不名誉な結果になった。

価値観の違いから危機に直面するものの、妻として成長を実感し新たな愛を手に入れることになる主人公サラ・ジェシカ・パーカー、冷静な目で彼女を見守る夫役クリス・ノース、相変わらず能天気な、若返りと”愛”に命を懸ける女性キム・キャトラル、彼女に見出された俳優ジェイソン・ルイス、彼女と愛し合うマックス・ライアン、子育てに追われつつ夫の浮気を心配するクリスティン・デイヴィス、その夫エヴァン・ハンドラー、子守のアリス・イヴ、仕事を辞め家族や友人との生活を選ぶシンシア・ニクソン、その夫役のデヴィッド・エイゲンバーグ、義母のリン・コーエン、主人公の元恋人のジョン・コーベットマドリードの銀行の副頭取ペネロペ・クルスアブダビの政府関係者役のダファー・ラビディン、大富豪のアート・マリック、執事レイザ・ジェフリー、ホテル支配人オミッド・ジャリリ、結婚する4人の友人ウィリー・ガーソンマリオ・カントーネ、そして、本人役で見事なパフォーマンスを見せれるライザ・ミネリ、また、マイリー・サイラスチューズデイ・ナイトハイディ・クルム他豪華競演も見ものだ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020