4451 Movies

キートンのセブン・チャンス Seven Chances (1925)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

結婚すれば祖父の遺産を相続できることを知った青年が花嫁探しのために巻き起こす騒動を描く、製作、監督、編集、主演バスター・キートンT・ロイ・バーンズスニッツ・エドワーズルース・ドワイアー他共演のコメディの傑作。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:バスター・キートン
製作
ジョセフ・M・シェンク
バスター・キートン
原作:ロイ・クーパー・メグルー”Seven Chances”
原案:デイヴィッド・ベラスコ
脚本
ジーン・ハーベッツ
クライド・ブラックマン
ジョゼフ・A・ミッチェル
撮影
バイロン・フーク
エルギン・レッスリー
編集:バスター・キートン
音楽:ロバート・イスラエル(1995年)

出演
ジェームズ”ジミー”シャノン:バスター・キートン
ビリー・ミーキン:T・ロイ・バーンズ
弁護士:スニッツ・エドワーズ
メアリー・ジョーンズ:ルース・ドワイアー
ジョーンズ夫人:フランシス・レイモンド
牧師:アーウィン・コネリー
雇用者:ジュールズ・カウレス
スミス:ジーン・アーサー

アメリカ 映画
配給 MGM
1925年製作 56分
公開
北米:1925年3月15日
日本:1926年7月15日
北米興行収入 $210,750


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ジェームズ”ジミー”シャノン(バスター・キートン)は、惹かれているメアリー・ジョーンズ(ルース・ドワイアー)に愛を打ち明けられずに、時だけが過ぎていた。

シャノンは、ビジネスパートナーのビリー・ミーキン(T・ロイ・バーンズ)と経営する証券会社が破綻寸前だったために、利益を上げなければ刑務所に入れられる可能性もあった。

祖父の遺言の件でシャノンに会おうとした弁護士は、彼とミーキンに無視されてしまう。

カントリークラブに向かったシャノンとミーキンを追った弁護士だったが、警備員に追い払われたしまう。

弁護士から窓越しに遺言書を見せられたシャノンとミーキンは、その内容に驚き、連れ去られる彼を追う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
事業が破綻しかけていた青年ジェームズ”ジミー”シャノンは、惹かれているメアリーに愛を告げられずにいた。
ビジネスパートナーのミーキンと共に経営のことで悩んでいたシャノンは、弁護士から、祖父の700万ドルの遺産を受け取れることを知らされる。
27歳の誕生日の午後7時までに結婚するのが条件だと知ったシャノンは、それが今日だったためにメアリーの元に向かう。
求婚を受け入れたメアリーだったが、遺産を手に入れるためならシャノンは相手は誰でもよかったことを知り気分を害してしまう。
メアリーへの求婚に失敗したシャノンは、ミーキンと弁護士に協力してもらい、まず7人の候補をあげて花嫁探しを始めるのだが・・・。
__________

1916年に上演された、ロイ・クーパー・メグルーの舞台劇”Seven Chances”を基に製作された作品。

結婚すれば祖父の巨額の遺産を相続できることを知った青年が、花嫁探しのために巻き起こす騒動を描く、バスター・キートンが製作、監督、編集、主演したコメディの傑作。

1926年の日本初公開時の邦題は「キートンの栃麺棒」であり、原題の”Seven Chances”は、ドラマの中で登場する、7人の花嫁候補を意味する。(実際は7人どころではないが・・・。)

細やかな仕草などで笑わせるコメディの面白さに加え、数百人もの花嫁候補が集結した後の、主人公の逃亡と追跡劇のアクションの迫力は凄まじく、映画史上に残る傑作シーンとなった。

内気で気弱な主人公を演ずる、バスター・キートンは、ユーモラスなシーンだけでなく、その身体能力の高さを活かした”芸術的”なアクションを存分に見せてくれる熱演で、ファンを大いに楽しませてくれる。
製作、監督、編集を兼ねる撮影当時29歳のバスター・キートンの才能には驚くばかりだ。

主人公のビジネスパートナーであり、花嫁探しに協力するT・ロイ・バーンズ、主人公に遺産の件を知らせる弁護士のスニッツ・エドワーズ、主人公が惹かれ求婚する女性ルース・ドワイアー、その母親フランシス・レイモンド、牧師のアーウィン・コネリー、雇用者のジュールズ・カウレス、そして、カントリークラブの受付係でジーン・アーサーが出演しているのも注目だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021