4217 Movies

3人のゴースト Scrooged (1988)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

何度も映画化されている、チャールズ・ディケンズの”クリスマスキャロル”の現代版コメディ。
傲慢で冷酷なテレビ局の青年社長の元に現れたゴースト達が、彼の行いを悔い改めさせようとする姿を描く、製作、監督リチャード・ドナー、主演ビル・マーレイカレン・アレンロバート・ミッチャムアルフレ・ウッダード他共演、終盤に向け一気に盛り上がる正にクリスマスに相応しいハートウォーミング・コメディの快作。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:リチャード・ドナー
製作総指揮:スティーブン・J・ロス
製作
リチャード・ドナー

アート・リンソン
脚本
ミッチ・グレイザー

マイケル・オドノヒュー
撮影:マイケル・チャップマン
編集
フレデリック・ステインカンプ

ウィリアム・ステインカンプ
音楽:ダニー・エルフマン

出演
フランク・クロス:ビル・マーレイ

クレア・フィリップス:カレン・アレン
プレストン・リーネランダー:ロバート・ミッチャム
グレイス・コーリー:アルフレ・ウッダード
ルー・ヘイワード(ゴースト):ジョン・フォーサイス
ブライス・カミングス:ジョン・グローヴァー
エリオット・ラダーミルク:ボブキャット・ゴールドスウェイト
ジェームズ・クロス:ジョン・マーレイ
過去のクリスマスのゴースト:デイヴィッド・ヨハンセン
現在のクリスマスのゴースト:キャロル・ケイン
ハーマン:マイケル・J・ポラード
カルヴィン・コーリー:ニコラス・フィリップス
本人:ジョン・ハウスマン
本人:ロバート・グーレ
本人:リー・メジャース
本人:メアリー・ルー・レットン
ストリート・ミュージシャン:マイルス・デイヴィス
ストリート・ミュージシャン:ラリー・カールトン
ストリート・ミュージシャン:デイヴィッド・サンボーン
ストリート・ミュージシャン:ポール・シャッファー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ UIP
1988年製作 101分
公開
北米:1988年11月23日
日本:1988年12月10日
制作費 $32,000,000
北米興行収入 $60,328,560


アカデミー賞 ■

第61回アカデミー賞
・ノミネート
メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アメリカのテレビ界の史上最年少社長フランク・クロス(ビル・マーレイ)は、来るクリスマス特番”スクルージ”の編成会議で、幹部らの提案を退けてしまう。

そして、フランクは視聴率を上げるためならば、おぞましい企画でも実行する方針を幹部らに伝える。

フランクは、社員のエリオット・ラダーミルク(ボブキャット・ゴールドスウェイト)が、自分の企画に口出ししたことで、クリスマス前にも拘らず、非情にも容赦なくクビにしてしまうほど、冷酷で自分本位の男だった。

同じく、この時期には家族と時間を過ごしたいフランクの秘書のグレイス・コーリー(アルフレ・ウッダード)は、彼に扱き使われていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
テレビ界の史上最年少社長フランク・クロスは、クリスマス特番”スクルージ”の編成会議で、幹部らの提案を退け、視聴率を上げるため、おぞましい企画でも実行する方針を明らかにする。
クリスマスを毛嫌いするフランクは、当然、秘書グレイスを含め、社員達に労いの言葉もなく、弟ジェームズのパーティーの招待も断ってしまう。
そんなフランクの前に、かつて世話になった、今は亡き元社長ヘイワードのゴーストが現れる。
ヘイワードは、フランクの暴挙を戒めるために、3人のゴーストが次々と現れることを伝える。
フランクは、それが悪夢か現実かを理解できないまま、過激な特番CMを見た老人が死亡したことを知らされ、懲りもせず、効果絶大だとそれを喜んでしまう。
電話メッセージで再会を約束した、元恋人クレアがフランクを訪ねる。
しかし、傲慢で口やかましい、以前と様子の違うフランクに呆れたクレアは、慈善団体で働く自分の名刺を渡し、その場を去ってしまう。
そして、フランクの前に、予告した通りヘイワードのゴースト達が現れるのだが・・・。
__________

クライマックスに向けての最高に盛り上がりを含め、クリスマス・ストーリーとして間違いなく楽しめるお勧めの作品!!

軽いノリの、単なるドタバタ・コメディ作品と考えてはいけない!!
個人的にはビル・マーレイ作品の中で、最も好きな作品だ。

ビル・マーレイは、いつものように”気怠い”笑いを誘う。
良心を持たない男が、最後には善行を施すという、彼らしくもあり、そうとも言えないキャラクターが最高にいい。

心温まるクリスマス・ストーリーを、終盤に向けてステップアップして盛り上げる、リチャード・ドナーの演出も見事だ。

第61回アカデミー賞では、メイクアップ賞にノミネートされた。

ダニー・エルフマンの、正にクリスマスの雰囲気にマッチした音楽、アン・レノックスアル・グリーンの主題歌”Put a Little Love in Your Heart”は、ラストの感動を盛り上げる名曲だ。

主人公の役柄とは対照的な、ボランティアに励むカレン・レンの、飾り気のない素朴な役柄、演技もなかなかいい。

さすが演技派、主人公との絡みが絶妙な秘書役のアルフレ・ウッダードが、最後に歌まで披露してくれるのは嬉しいばかりだ。

会長役のロバート・ミッチャムも貫禄十分で、本人役で出演するジョン・ハウスマンリー・メジャースメアリー・ルー・レットンマイルス・デイヴィスら豪華な顔ぶれを見れば、本作の価値も分かる。

また、ダメ社員ボブキャット・ゴールドスウェイトや、浮浪者役のマイケル・J・ポラードの存在も作品のアクセントとなり、大いに笑わせてくれる。

主人公に警告を発する、恩師であるゴースト役のジョン・フォーサイス、補佐のジョン・グローヴァー、過去のゴースト、デイヴィッド・ヨハンセン、現在のゴースト、キャロル・ケインなどが共演している。

参考:
ビル・マーレイの弟役、ジョン・マーレイは彼の実の弟。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020