4551 Movies

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 Scott Pilgrim vs. the World (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ブライアン・リー・オマリーによるカナダの人気グラフィック・ノベル・シリーズ”Scott Pilgrim”を基に製作された作品。
一目惚れした相手の元ボーイフレンド達を倒すことになった青年の戦いを描く、製作、監督、脚本エドガー・ライト、主演マイケル・セラメアリー・エリザベス・ウィンステッドキーラン・カルキンクリス・エヴァンスアナ・ケンドリックジェイソン・シュワルツマンブリー・ラーソン他共演のアクション・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:エドガー・ライト

製作
マーク・E・プラット
エリック・ギター
ナイラ・パーク
エドガー・ライト
製作総指揮
ロナルド・ヴァスコンセロス
J・マイルズ・デイル
ジャレッド・ルポフ
アダム・シーゲル
原作:ブライアン・リー・オマリーScott Pilgrim
脚本
マイケル・バコール
エドガー・ライト
撮影:ビル・ポープ
編集
ジョナサン・エイモス
ポール・マクリス
音楽:ナイジェル・ゴッドリッチ

出演
スコット・ピルグリム:マイケル・セラ
ラモーナ・フラワーズ:メアリー・エリザベス・ウィンステッド
ウォレス・ウェルズ:キーラン・カルキン
ルーカス・リー:クリス・エヴァンス
ステイシー・ピルグリム:アナ・ケンドリック
キム・パイン:アリソン・ピル
トッド・イングラム:ブランドン・ラウス
ギデオン・ゴードン・グレイヴズ:ジェイソン・シュワルツマン
ナタリー”エンヴィー”アダムス:ブリー・ラーソン
ジュリー・パワーズ:オーブリー・プラザ
”ヤング”ニール・ノードグラフ:ジョニー・シモンズ
スティーヴン・スティルス:マーク・ウェバー
ナイヴス・チャウ:エレン・ウォン
マシュー・パテル:サティヤ・バーバー
ロクサーヌ”ロキシー”リヒター:メイ・ホイットマン
ジミー:キャルタン・ヘウィット
カイル・カタヤナギ:斉藤慶太
ケン・カタヤナギ:斉藤祥太
別のスコット:ベン・ルイス
マイケル・コモー:ネルソン・フランクリン
悪魔のヒップスター:クリスティーン・ワトソン
タマラ・チェン:シャンテル・チュン
映画監督:ドン・マッケラー
ウィニフレド・ヘイリー:エミリー・カッシー
カオス・シアターの用心棒:ジョン・パトリック・アメドリ
リネット・ガイコット:テネシー・トーマス
ルーク”クラッシュ”ウィルソン:エリック・ナドセン
ジョエル:モーリー・W・カウフマン
トリシャ“トラシャ”ハ:アビゲイル・チュウ
ヴィーガン/純菜食主義警官:クリフトン・コリンズJr.
ヴィーガン/純菜食主義警官:トーマス・ジェーン
リーズ・パレスのパトロン:ホープ・ラーソン
リーズ・パレスのパトロン:ブライアン・リー・オマーリー

アメリカ/イギリス 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2010年製作 112分
公開
イギリス:2010年8月25日
北米:2010年8月13日
日本:2011年4月29日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $31,524,280
世界 $47,664,560


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
カナダトロント
22歳で無職のスコット・ピルグリム(マイケル・セラ)は、中国系の高校生で17歳のナイヴス・チャウ(エレン・ウォン)と付き合っていた。

スコットは、訪ねて来たナイヴスを、ロックバンド”セックス・ボブオム”のメンバーで元ガールフレンドのキム・パイン(アリソン・ピル)、スティーヴン・スティルス(マーク・ウェバー)、そしてゲーマーの”ヤング”ニール・ノードグラフ(ジョニー・シモンズ)に紹介する。

家に戻ったスコットは、ゲイのルームメイトのウォレス・ウェルズ(キーラン・カルキン)に、ナイヴスのことは内緒にしてほしいと伝える。

妹ステイシー(アナ・ケンドリック)から電話を受けたスコットは、彼女がナイヴスのことを知っていたために戸惑う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
カナダトロント
22歳で無職のスコット・ピルグリムは、17歳の中国系の高校生ナイヴスと付き合っていた。
元ガールフレンドのキムとスティーヴンと共にロックバンド”セックス・ボブオム”を組んでいたスコットは、ある日、ラモーナという女性に一目惚れしてしまう。
ナイヴスにそのことを言えないままラモーナと会うようになったスコットは、7人の彼女の元ボーイフレンドを倒せば付き合えると言われる。
仕方なく戦う決心をしたスコットに、ラモーナの元ボーイフレンド達は容赦なく襲い掛かる・・・。
__________

カナダで爆発的な人気を誇る、ブライアン・リー・オマリーのグラフィック・ノベル・シリーズ”Scott Pilgrim”を実写で映画化した話題作。

パロディ・ホラー・コメディ「ショーン・オブ・ザ・デッド」(2004)や「ホット・ファズ」(2007)などで注目されたエドガー・ライトが、独得の映像感覚と音楽センスで描く、見所満載の快作に仕上がっている。

若手スターの個性を生かしたエドガー・ライトの軽快な演出は冴え、ゲームの要素を取り入れた世界感はファンタジックでもあり、非常に楽しい内容となっている。

能天気な自由人ではあるが、一目惚れした相手の元ボーイフレンドと戦うことになる主人公を熱演するマイケル・セラ、彼に試練を与えるメアリー・エリザベス・ウィンステッド、主人公のルームメイトであるゲイの青年キーラン・カルキン、主人公と戦う映画スターのクリス・エヴァンス、主人公の妹アナ・ケンドリック、主人公の元ガールフレンドであるバンドのメンバー、アリソン・ピル、同じくマーク・ウェバー、主人公の友人でゲーマーのジョニー・シモンズ、主人公の元ガールフレンドでロック・スターのブリー・ラーソン、彼女の恋人で主人公と戦うブランドン・ラウス、同じく主人公と戦うレコード会社の重役ジェイソン・シュワルツマン、スティーヴン(マーク・ウェバー)の元ガールフレンド、オーブリー・プラザ、主人公と付き合う中国系の高校生エレン・ウォン、主人公と戦うサティヤ・バーバーメイ・ホイットマン、同じく双子兄弟の斉藤慶太斉藤祥太、別の主人公ベン・ルイス、主人公の友人ネルソン・フランクリン、映画監督のドン・マッケラー、カオス・シアターの用心棒ジョン・パトリック・アメドリヴィーガン/純全菜食主義警官クリフトン・コリンズJr.トーマス・ジェーン、他、原作者のブライアン・リー・オマーリーと妻のホープ・ラーソンがリーズ・パレスのパトロン役で登場する


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021