4311 Movies

フューリー Fury (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

第二次世界大戦末期、ナチス・ドイツ武装親衛隊の抵抗に遭う、アメリカ陸軍第二機甲師団の一小隊の最前線での戦いを描く、製作、監督、脚本デヴィッド・エアー、製作総指揮、主演ブラッド・ピットシャイア・ラブーフローガン・ラーマンマイケル・ペーニャジョン・バーンサルジェイソン・アイザックス他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)

ブラッド・ピット / Brad Pitt 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:デヴィッド・エアー

製作
ビル・ブロック
デヴィッド・エアー
イーサン・スミス
ジョン・レッシャー
製作総指揮
ブラッド・ピット
サーシャ・シャピロ
アントン・レッシン
アレックス・オット
ベン・ウェイスブレン
脚本:デヴィッド・エアー
撮影:ローマン・ヴァシャノフ
編集:ドディ・ドーン
音楽:スティーヴン・プライス

出演
ドン“ウォーダディ”コリアー:ブラッド・ピット
ボイド“バイブル”スワン:シャイア・ラブーフ
ノーマン“マシン”エリソン:ローガン・ラーマン
トリニ“ゴルド”ガルシア:マイケル・ペーニャ
グレイディ“クーンアス”トラビス:ジョン・バーンサル
“オールドマン”ワゴナー大尉:ジェイソン・アイザックス
ビンカウスキー:ジム・パラック
マイルズ:スコット・イーストウッド
パーカー:ゼイヴィア・サミュエル
デイヴィス:ブラッド・ウィリアム・ヘンケ
ピーターソン:ケヴィン・ヴァンス
イルマ:アナマリア・マリンカ
エマ:アリシア・フォン・リットベルク
ドイツ軍の伍長:ブランコ・トモヴィッチ
フォスター:イアン・ギャレット
ヒルダ・マイヤー:ユージニア・カズミナ
エディス:ステラ・ストッカー

アメリカ/イギリス 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
2014年製作 134分
公開
イギリス:2014年10月22日
北米:2014年10月17日
日本:2014年11月28日
製作費 $68,000,000
北米興行収入 $85,817,910
世界 $211,817,910


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1945年4月、第二次世界大戦下。
連合軍は、ドイツ軍の圧倒的破壊力を持つ重戦車に苦戦を強いられていた。

中心部に攻め入る連合軍を迎え撃つヒトラーは総力戦を宣言し、国民全てが兵になることでそれに対抗した。

激しい戦闘で生き残ったアメリカ陸軍第二機甲師団の二等軍曹ドン“ウォーダディ”コリアー(ブラッド・ピット)は、ドイツ軍の騎馬兵を殺害する。

ウォーダディは、副操縦手”レッドを失い、砲手ボイド“バイブル”スワン(シャイア・ラブーフ)、操縦手トリニ“ゴルド”ガルシア(マイケル・ペーニャ)、装填手グレイディ“クーンアス”トラビス(ジョン・バーンサル)と共に、”フューリー”と名付けた”M4 シャーマン”で自陣に戻る。

同僚のデイヴィス(ブラッド・ウィリアム・ヘンケ)とピーターソン(ケヴィン・ヴァンス)に迎えられたウォーダディは、レッドの遺体を降ろし、信心深いバイブルは祈りを捧げる。

パーカー少尉(ゼイヴィア・サミュエル)に自分達しか戻れなかったことを伝えたウォーダディは、次の任務を言い渡される。

それを部下に伝えたウォーダディは、副操縦手として配置されたノーマン・エリソン(ローガン・ラーマン)が新兵だったために驚く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1945年4月、第二次世界大戦下。
激しい戦闘を終えたアメリカ陸軍第二機甲師団の二等軍曹ドン“ウォーダディ”コリアーは、砲撃手バイブル、操縦手ゴルド、装填手クーンアスと共に、”フューリー”と名付けた”M4 シャーマン”で自陣に戻る。
補充兵のノーマンが新兵だったことを不満に思うウォーダディだったが、仕方なく彼に副操縦手を任せる。
移動した小隊は、”ヒトラーユーゲント”に襲われて小隊長が焼死してしまい、ウォーダディは、敵に気づいていたノーマンが攻撃しなかったことを責める。
目的地の町でワゴナー大尉から命令を受けたウォーダディは、小隊を率いて、足止めされていた歩兵を救い敵を撃破する。
役目を果たせず敵を殺せないノーマンは、ウォーダディに無理矢理に敵兵を射殺させられる。
その後、ある十字路を死守する命令を受けて出発したウォーダディらの前に、敵の重戦車”ティーガーI”が立ちはだかる・・・。
__________

第二次世界大戦末期、敗色が濃いナチス・ドイツ武装親衛隊)の最後の抵抗を受ける、アメリカ陸軍第二機甲師団の一小隊の戦いを描く戦争ドラマ。
終戦間近にも拘わらず、必ずでる戦死者のことを考えながらの戦いが、重苦しい雰囲気で展開していく。

アメリカ軍の”M4 シャーマン”とドイツ軍の誇る重戦車”ティーガーI”の戦いが一つの見せ場というか、大宣伝された作品ではある。

世界で唯一、駆動可能な”ティーガー131”が撮影に使われたこともあり、特撮や模型を駆使して大事に扱われたような映像しか登場しないため、その戦いはやや迫力に欠ける。
ティーガー131”の本物は、多分、短い時間の走行場面にしか使われなかったと思われる。

戦争の悲惨さは言うまでもなく、部下の命を守る約束をした男の苦悩や、目的以外で配属されてしまった新兵の死に直面する心理状態などを繊細に描く、デヴィッド・エアーの脚本と深い演出が見所の作品だ。

お馴染みの”オスカー最有力作品”という日本の誇大広告は見事に外れ、評価は悪くなかったが、オスカー争いでは完全に無視されてしまった。

北米興行収入は約8600万ドルで期待ほどではなかったが、全世界では約2億1200万ドルのヒットとなった。

生き残るために非情な態度で仲間に接する二等軍曹を好演するブラッド・ピット、その部下で信心深い砲撃手シャイア・ラブーフ、全く訓練を受けないまま配属されてしまった新兵の苦悩を見事に演ずる副操縦手のローガン・ラーマン、操縦手のマイケル・ペーニャ、装填手のジョン・バーンサル、主人公の小隊に命令を出す大尉ジェイソン・アイザックス、小隊の二等軍曹ジム・パラックブラッド・ウィリアム・ヘンケ、ケヴィン・ヴァンス、軍曹スコット・イーストウッド、少尉ゼイヴィア・サミュエル、主人公と町で接するドイツ人女性アナマリア・マリンカ、その従妹アリシア・フォン・リットベルクなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020