4216 Movies

野蛮なやつら/SAVAGES Savages (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大麻の栽培で成功した若者二人が、メキシコの麻薬カルテルに共通の恋人を誘拐されながらも戦いに挑む姿を描く、監督、脚本オリバー・ストーン、主演テイラー・キッチュアーロン・テイラー=ジョンソンブレイク・ライヴリージョン・トラボルタベニチオ・デル・トロ他共演の犯罪サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:オリバー・ストーン
製作
モーリッツ・ボーマン

エリック・コペロフ
製作総指揮
シェーン・サレルノ

フェルナンド・スリチン
原作:ドン・ウィンズロウ”Savages”
脚本
ドン・ウィンズロウ

シェーン・サレルノ
オリバー・ストーン
撮影:ダニエル・ミンデル
編集
ジョー・ハッシング

スチュアート・レヴィ
アレックス・マルケス
音楽:アダム・ピータース

出演
チョン:テイラー・キッチュ

ベン:アーロン・テイラー=ジョンソン
オフィーリア”O”セイジ:ブレイク・ライヴリー
デニス・ケイン:ジョン・トラボルタ
ミゲール”ラド”アロヨ:ベニチオ・デル・トロ
エレナ・サンチェス:サルマ・ハエック
アレックス:デミアン・ビチル
スピン:エミール・ハーシュ
クレイグ:ジョエル・デヴィッド・ムーア
エル・アズール:ホアキン・コシオ
マグダリーナ・サンチェス:サンドラ・エチェヴェリア

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2012年製作 131分
公開
北米:2012年7月6日
日本:2013年3月8日
製作費 $45,000,000
北米興行収入 $47,382,068
世界 $82,966,152


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
カリフォルニア州、ラグナ・ビーチ
元傭兵のチョン(テイラー・キッチュ)と親友で植物学者のベン(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、大麻栽培事業で成功し、共通の恋人オフィーリア”O”セイジ(ブレイク・ライヴリー)と共にこの地で優雅に暮らしていた。

チャンは、アフガニスタンから持ち帰った上質の大麻をベンと共に栽培して、世界最高の大麻を作り出すことに成功し、全く違う考えを持ちながら、二人はそれを自分の人生に生かした。

ある日チョンは、メキシコのカルテル(麻薬組織)から送られてきた残虐な映像と共に、話し合いたいというメールを受取る。

ベンは事業から手を引きカルテルにそれを渡すことも考えるのだが、チョンは違う意見だった。

DEA(麻薬取締局)の大物デニス・ケイン(ジョン・トラボルタ)との関係があるため、チョンとベンの身は守られていた。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
カリフォルニア州、ラグナ・ビーチ
元傭兵のチョンと植物学者のベンは、大麻の栽培で大成功して、共通の恋人オフィーリアと共に優雅に暮らしていた。
そんなチョンとベンは、残虐なメキシコの麻薬カルテルからの事業提携を提案されるものの、それを渋り足を洗い旅立つことを考える。
ところが、オフィーリアがカルテルの殺し屋ラドに誘拐されてしまい、二人は契約を強要される。
仕方なくそれに従った二人は、DEA(麻薬取締局)の大物ケインから情報を提供される。
二人はカルテルの金を奪い、裏切り者がいるように見せかけて組織内を混乱させるのだが・・・。
__________

違法ではあるが、全てが常識外れとも言えない若者達の行動を、サスペンス・タッチでスタイリッシュに、そしてリアルでどぎついシーンも交えた、脚本も兼ねるオリバー・ストーン作品。

新旧スターの豪華競演、オリバー・ストーンの、各個性を生かした演出と力強い映像表現に注目。

物語にそれほど深みがあるわけではないが、元傭兵である逞しい主人公テイラー・キッチュと、植物学者の相棒アーロン・テイラー=ジョンソンの頭脳を生かした無謀とも思える反撃作戦など、西部劇を思わせるどこか古風な戦いも面白い。

主人公の二人に愛されながら、”野蛮”な世界で恐怖も味わうブレイク・ライヴリー、脇役ながらDEAの悪徳捜査官役として存在感を発揮するジョン・トラボルタ、独特の個性が光るカルテルの殺し屋ベニチオ・デル・トロ、そのボス、サルマ・ハエック、部下デミアン・ビチル、主人公の金庫番エミール・ハーシュとその仲間ジョエル・デヴィッド・ムーアメキシコの裏組織の大物ホアキン・コシオ、ボスの娘サンドラ・エチェヴェリアなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020