4217 Movies

底抜け艦隊 Sailor Beware (1952)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ディーン・マーティンジェリー・ルイスの”底抜け”シリーズで、前後はするが本作がシリーズでは日本初上陸の作品。
監督ハル・ウォーカーロバート・ストラウスヴィンセント・エドワーズベティ・ハットン他共演、ジェームズ・ディーンも端役出演。


コメディ
Martin and Lewis / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ハル・ウォーカー
製作:ハル・B・ウォリス
原作
ケニヨン・ニコルソン
チャールズ・ロビンソン
脚本
ジェームズ・B・アラダイス
マーティン・ラッキン
撮影:ダニエル・L・ファップ
音楽:ジョセフ・J・リリー

出演
ディーン・マーティン:アル・クラウザース
ジェリー・ルイス:メルヴィン・ジョーンズ
コリンヌ・カルヴェ:本人
マリオン・マーシャル:ヒルダ・ジョーンズ
ロバート・ストラウス:ラドスキー
ヴィンセント・エドワーズ:ブライデン
ベティ・ハットン:ヘッティ・バットン
リーフ・エリクソン:レーン艦長
メアリー・トリーン:ジンジャー
ジェームズ・ディーン:ボクシングのセコンド

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1952年製作 108分
公開
北米:1952年1月31日
日本:1953年1月16日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

女好きのアル・クラウザース(ディーン・マーティン)は、海軍の応募検査前に、恋人のヘッティ・バットン(ベティ・ハットン)と別れを惜しむ。

相棒のメルヴィン・ジョーンズ(ジェリー・ルイス)は、アルとは対照的に、化粧アレルギーで女性に近づけなかった。

そして、アルとメルヴィンは、合格基準が下がったために、二人とも入隊が許可されてしまう。

ヘッティと別れるために、入隊検査を受けただけのアルは当てが外れてしまう。

同時に応募してきた、荒っぽい男のラドスキー(ロバート・ストラウス)は、再入隊のために軍曹に任命される。

そして、アルとメルヴィンらは、同時に入隊したブライデン(ヴィンセント・エドワーズ)らと共に、サンディエゴの訓練所に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
女好きのアル・クラウザースは、海軍の応募検査前に、恋人のヘッティと別れを惜しむが、相棒のメルヴィン・ジョーンズは、化粧アレルギーで女性に近づけなかった。
二人は入隊が許可され、サンディエゴの訓練所に向かい適性検査を受ける。
メルヴィンは、採血が怖いためにその場を逃げ出し、女性志願兵ヒルダに出会い、彼女が口紅しか付けていないないことに気づき、安心して心惹かれてしまう。
その後、何をやっても失敗ばかりのメルヴィンの責任にして、荒っぽい男ラドスキー軍曹は、宿舎の全員を外出禁止にしてしまう。
しかし、アルが、TVショー”キスの誘惑”で歌うことになり、彼が上官に直訴して、全員外出を許可される。
ヒルダを見つけたメルヴィンは、彼女を誘いアルのショーが始まるテレビ局に向かう。
メルヴィンは、アルとステージに上がってしまい、”キスの女王”の審査員となり、ホノルル旅行に招待される女王になろうと、彼に女性達が群がってしまう。
それを見た、メルヴィンに好意を持ち始めていたヒルダは、憤慨してしまう・・・。
__________

冒頭で紹介されるが、このような大爆笑コメディでも、アメリカ海軍が全面協力するところが、映画が文化として根付いているアメリカの、羨ましいところでもある。

主演のディーン・マーティンジェリー・ルイスは、7:3位で若いジェリー・ルイスの活躍が目立つが、ドタバタ以外のディーン・マーティンの甘い歌声と伊達男ぶりの魅力で、互角と言うところだろうか。

共演のロバート・ストラウスが、だみ声で意地の悪い軍曹に扮しているが、なぜか憎めず愛嬌があるところが、いつもの彼らしさが出ていてなかなかいい。

ヒロインのマリオン・マーシャルも、白黒ではっきりわからないが、”化粧をしない女性”としてノーメイク美人を可愛らしく演じている。

対照的に、フランス人女優のコリンヌ・カルヴェは、妖艶な魅力で、踏んだり蹴ったりの大爆笑コメディに華を添えている。

「アニーよ銃をとれ」(1950)や「地上最大のショウ」(1952)などでも有名な、大スター、ベティ・ハットンが、冒頭とラストで登場するが、実は本作の直後あたりから、彼女は、ほとんど仕事がなくなり、落ち目になっていく。

彼女は後に消息不明となり、教会の家政婦になっていた事実が発覚し、大スクープとなった。

TVシリーズ「ベン・ケーシー」(1961-66)で人気者になるヴィンセント・エドワーズが、主演の二人と、入隊時から一緒に行動する水兵役で出演している。

また、ジェームズ・ディーンが、ボクシングのセコンド役で登場するが、予備知識無しで気づいたとしたらかなりの映画通だ。
”That guy’s a professional!”というセリフが一言ついている。

潜水艦艦長リーフ・エリクソンコリンヌ・カルヴェの付き添いメアリー・トリーンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020