4450 Movies

アニーよ銃をとれ Annie Get Your Gun (1950)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

実在の女性射撃名手”アニー・オークレイ”を主人公にした、1946年に上演されたアーヴィング・バーリン作詞、作曲による大ヒットミュージカル”Annie Get Your Gun”の映画化。
製作アーサー・フリード、監督ジョージ・シドニー、主演ベティ・ハットンハワード・キールルイス・カルハーンエドワード・アーノルドキーナン・ウィン他共演のミュージカル。


ミュージカル


スタッフ キャスト
監督:ジョージ・シドニー

製作:アーサー・フリード
原作
”Annie Get Your Gun”
ドロシー・フィールド
ハーバート・フィールズ
脚本:シドニー・シェルダン
撮影:チャールズ・ロッシャー
編集:ジェームズ・E・ニューカム
美術・装置
セドリック・ギボンズ
ポール・グロッシー
エドウィン・B・ウィリス
リチャード・ペファール
音楽
アーヴィング・バーリン
ロジャー・イーデンス
アドルフ・ドイッチ

出演
アニー・オークレイベティ・ハットン
フランク・バトラーハワード・キール
ウィリアム・F・コーディ大佐/バッファロー・ビルルイス・カルハーン
ポーニー・ビル:エドワード・アーノルド
チャーリー・ダベンポート:キーナン・ウィン
シッティング・ブルJ・キャロル・ネイシュ
ドリー・テイト:ベネイ・ヴェヌータ
フォスター・ウィルソン:クリントン・スンドバーグ
ヴィクトリア女王:エブリン・ベレスフォード
インディアン・ブレイブ:ジョン・ウォー・イーグル
リトルホース:チーフ・ヤウラチー

アメリカ 映画
配給 MGM
1950年製作 107分
公開
北米:1950年7月17日
日本:1951年10月5日
製作費 $3,734,000
北米興行収入 $7,756,000


アカデミー賞
第23回アカデミー賞

・受賞
ミュージカル音楽賞
・ノミネート
撮影(カラー)・編集・美術賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
オハイオ州。
バッファロー・ビル
/ウィリアム・F・コーディ大佐(ルイス・カルハーン)の”ワイルド・ウェスト・ショー”一座が専用列車で到着し、マネージャーのチャーリー・ダベンポート(キーナン・ウィン)は、射撃の名手フランク・バトラーハワード・キール)を紹介し、バッファロー・ビルが登場する。

ウィルソン・ハウス。
自分のホテルで、勝手に一座の宣伝を始められたフォスター・ウィルソン(クリントン・スンドバーグ)は憤慨し、チャーリーを非難する。

到着したフランクは、指名した者が射撃で自分に勝ったら100ドル渡すとウィルソンに提案するものの、話を聞こうともしない彼から宿泊を拒否される。

仕方なくチャーリーは、町に戻ることにする。

猟をしていたアニー・オークレイベティ・ハットン)は、座員のドリー・テイト(ベネイ・ヴェヌータ)の鳥の帽子飾りを撃つものの、それが偽物だと知りドリーに返す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
オハイオ州。
バッファロー・ビル/ウィリアム・F・コーディ大佐の”ワイルド・ウェスト・ショー”一座の花形射撃手フランク・バトラーに一目惚れした田舎娘アニー・オークレイは、射撃の腕を見込まれて一座に加わる。
実力を発揮したアニーフランクとの愛も深まるのだが、バッファロー・ビルは、彼女を中心にショーを行うことも考える。
それを知ったフランクは、ライバルのポーニー・ビル一座に加わってしまう。
フランクは去り一座の看板スターとなったアニーは、ヨーロッパ各地での公演も成功させるのだが・・・。
__________

実在の女性射撃名手”アニー・オークレイ”を主人公に1946年に発表された、ドロシー・フィールドハーバート・フィールズの著書”Annie Get Your Gun”を基にした、アーヴィング・バーリン作詞、作曲による大ヒット同名ミュージカルの映画化。

MGMミュージカル最盛期の代表作であり、主演は、その時代を支えた看板スターのジュディ・ガーランドだったが、撮影中に彼女の精神状態が悪化し降板した。

小柄ながら、画面全体からエネルギーを感じさせる、弾けるような溌溂とした演技で、主人公のアニー・オークレイを熱演するベティ・ハットンを見ていると、大スターではあったが、当時、数年前から精神的に問題があったジュディ・ガーランドには、とても演じられる役ではなかったと思える。

後に夫婦となるアニー・オークレイフランク・バトラーの恋物語は単純明快であり、当時のMGM及びアメリカの国力を感じさせるスケール感とテクニカラーの美しい映像、アーヴィング・バーリンの素晴らしい楽曲には圧倒される。

第23回アカデミー賞ではミュージカル音楽賞を受賞し、撮影(カラー)、編集、美術賞(カラー)にノミネートされた。

2年前のイギリス映画”The Small Voice”でデビューを果たし、ハリウッドに招かれた本作で存在感を示し、その後のミュージカル映画の代表的スターとなる、フランク・バトラーを豪快に演ずるハワード・キール、興行主ウィリアム・F・コーディ大佐/バッファロー・ビルルイス・カルハーン、彼のライバルである興行主のエドワード・アーノルドバッファロー・ビル一座のマネージャー、キーナン・ウィンアニーが気に入り”義父”となる先住民シッティング・ブルJ・キャロル・ネイシュ、座員のベネイ・ヴェヌータ、冒頭で一座の宿泊を拒むホテルの支配人クリントン・スンドバーグヴィクトリア女王のエブリン・ベレスフォード、先住民のジョン・ウォー・イーグルチーフ・ヤウラチーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021