4240 Movies

ロック・オブ・エイジズ Rock of Ages (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

クリス・ダリエンツォにより2006年に初演(ロサンゼルス)され、ブロードウェイ(2009)でも上演されたロック・ミュージカル”ロック・オブ・エイジス”の映画化。
夢を叶えようとする若者のロマンスを中心に1980年代のヒット・ナンバーを散りばめた、製作、監督アダム・シャンクマン、出演ジュリアン・ハフディエゴ・ボネータトム・クルーズポール・ジアマッティキャサリン・ゼタ=ジョーンズマリン・アッカーマンアレック・ボールドウィンによるロック・ミュージカル・コメディ!


ミュージカル

トム・クルーズ / Tom Cruise 作品一覧
トム・クルーズ / Tom Cruise / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アダム・シャンクマン
製作
アダム・シャンクマン

ジェニファー・ギブゴット
トビー・マグワイア
マット・ウェーバー
スコット・プリサンド
カール・レヴィン
ギャレット・グラント
原作:クリス・ダリエンツォ”ロック・オブ・エイジス
脚本
ジャスティン・セロー

クリス・ダリエンツォ
アラン・ローブ
撮影:ボジャン・バゼリ
編集:エマ・E・ヒコックス
音楽
アダム・アンダース

ピアー・アストロム

出演
シェリー・クリスチャン:ジュリアン・ハフ

ドリュー・ボレー:ディエゴ・ボネータ
ステイシー・ジャックス:トム・クルーズ
ロニー・バーネット:ラッセル・ブランド
ポール・ギル:ポール・ジアマッティ
パトリシア・ホイットモア:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
マイク・ホイットモア:ブライアン・クランストン
コンスタンス・サック:マリン・アッカーマン
ジャスティス・チャリアー:メアリー・J・ブライジ
デニス・デュプリー:アレック・ボールドウィン

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ

ニュー・ライン・シネマ
2012年製作 123分(EC 136分)
公開
北米:2012年6月15日
日本:2012年9月21日
製作費 $75,000,000
北米興行収入 $38,509,340
世界 $59,418,610


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1987年、ハリウッド
オクラホマからやって来た、シンガーを目指すシェリー・クリスチャン(ジュリアン・ハフ)は、大切なレコードなどが入った荷物を奪われてしまう。

シンガーを目指し、サンセット大通りの一角にあるライブ・ハウス“バーボン・ルーム”で働く青年ドリュー・ボレー(ディエゴ・ボネータ)に声をかけられたジェリーは、店のオーナーのデニス・デュプリー(アレック・ボールドウィン)に紹介される。

シンガーはお断りだと言われたシェリーだったが、食い下がる彼女を、デニスは仕方なく雇うことを決める。

店は、この場でデビューしたロックバンド”アーセナル”の解散ライブを控えていた。

市長に当選したマイク・ホイットモア(ブライアン・クランストン)は、環境浄化のために不可欠な人材として、活動家でもある妻パトリシア(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)を、記者会見の場で紹介する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1987年、ハリウッド
オクラホマからやって来たシンガーを目指すシェリー・クリスチャンは、サンセット大通りの一角にある、ライブ・ハウス“バーボン・ルーム”で働くドリューに出会う。
ドリューもロック・シンガーを目指し、その場でデビューした、伝説のバンド”アーセナル”の解散ライブを前に、慌ただしい日々を過ごしていた。
シェリーをウエイトレスに雇った、財政難のオーナーデニスは、右腕ロニーと共に、酒浸りとなり自堕落な毎日を送る”アーセナル”のステイシーのことを心配していた。
マネージャーのポールに、その件を確認したデニスらは、ライブに全てを賭けることになる。
しかし、健全な街づくりをスローガンに掲げる市長の下、その妻パトリシアが、諸悪の根源”バーボン・ルーム”を潰そうと連日のデモで抗議運動を始める・・・。
__________

1980年代のロック・ファンには、たまらない曲が次々と登場し、キャストも豪華、派手なパフォーマンスの迫力映像も実に興味深い。

しかし、他作で観たようなストーリーと、主人公二人のありふれたロマンス、各部ではそれぞれの個性が生かされた、面白味のある作品なのだが、パンチが効いているようで、今一、物足りないというのが正直な感想だ。

主演ではないが、超ビッグ・ネームのトム・クルーズも満遍なく登場する作品にも拘らず、北米興行収入は約3900万ドル、全世界では約5900万ドルと、製作費の7500万ドルを回収することもできない結果に終わった。

結局は恋人(ディエゴ・ボネータ)と共に栄光を掴むだろうという雰囲気でラストを迎える、田舎から出てきたシンガー志望のジュリアン・ハフ、伝説のロック・シンガーを熱演するトム・クルーズ、ライブ・ハウスのオーナー(アレック・ボールドウィン)の右腕として、なかなかいい味を出していたラッセル・ブランド、結局はステイシー(T・クルーズ)に解雇される、強かなマネージャー、ポール・ジアマッティ、ロックを排除しようとする市長夫人キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、市長ブライアン・クランストン、”ローリング・ストーン”の女性記者役マリン・アッカーマン、ストリップ・バーのオーナー、メアリー・J・ブライジなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020