4480 Movies

ロボコップ Robocop (1987)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

殉職後に最強のロボット警官”ロボコップ”の実験台にされた巡査の戦いを描く、監督ポール・バーホーベン、主演ピーター・ウェラーナンシー・アレンロニー・コックスカートウッド・スミスミゲル・フェラー他共演の近未来アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ポール・バーホーベン
製作
アーン・L・シュミット
エドワード・ニューマイヤー
製作総指揮:ジョン・デイビソン
脚本
エドワード・ニューマイヤー
マイケル・マイナー
撮影:ヨスト・バカーノ
編集:フランク・J・ユリオス
視覚効果:ティペット・スタジオ
音楽:ベージル・ポールドゥリス

出演
ロボコップ/アレックス・マーフィ:ピーター・ウェラー
アン・ルイス:ナンシー・アレン
リチャード・ジョーンズ:ロニー・コックス
クラレンス・ボディッカー:カートウッド・スミス
ロバート・モートン:ミゲル・フェラー
オムニ社会長:ダニエル・オハリヒー
ドナルド・ジョンソン:フェルトン・ペリー
ウォーレン・リード巡査部長:ロバート・ドキー
エミール・アントノウスキー:ポール・マクレーン
レオン・ナッシュ:レイ・ワイズ

アメリカ 映画
配給 オライオン・ピク チャーズ
1987年製作 102分
公開
北米:1987年7月17日
日本:1988年2月
製作費 $13,000,000
北米興行収入 $53,424,680


アカデミー賞
第60回アカデミー賞

・受賞
特別賞(音響効果)
・ノミネート
編集・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
近未来のデトロイト
犯罪都市と化し、人員不足で激務を課せられた警察官は、ストライキ寸前の状態だった。

警官のストライキを批判する、西署のウォーレン・リード巡査部長(ロバート・ドキー)の元に、南署からアレックス・マーフィ(ピーター・ウェラー)が転任し、彼はアン・ルイス(ナンシー・アレン)とコンビを組むことになる。

デトロイト市警の運営は、民間企業の”オムニ”が請け負っていた。

オムニ。
6ヵ月後に始まるデジタル・シティ建設を前に、犯罪一掃をめざす会長(ダニエル・オハリヒー)が召集した会議中に、副社長のリチャード・ジョーンズ(ロニー・コッス)は治安ロボットEDー209を披露し、社員を相手にデモンストレーションをする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ロボコップ」(1987)
・「ロボコップ2」(1990)
・「ロボコップ3」(1993)

・「ロボコップ」(2014)

*(簡略ストー リー)
犯罪都市デトロイトの警察は、民間企業オムニによって運営されていた。
西署に転属したアレックス・マーフィ巡査は、相棒のルイスと共に、凶悪犯ボディッカーを追跡していたのだが、彼らに襲われてしまう。
マーフィは体中に銃弾を受けて死亡するのだが、オムニの重役モートンは、自分が提案していた”ロボコップ・プロジェクト”の実験台に彼を使おうとする。
マーフィは、最強の”ロボコップ”として生まれ変わり、記憶を失ったまま、犯罪者を単独で次々と捕らえていく。
ある日、記憶を取り戻したロボコップは、自分が警官のマーフィだと知り、ボディッカーとその一味を捕らえようとする。
一方、オムニの副社長ジョーンズは、開発した新型のロボットの失敗でボディッカーと手を組み、敵対するモートンを抹殺してロボコップも始末しようとするのだが・・・。
__________

3年前に公開された「ターミネーター」(1984)同様、低予算(1300万ドル)ながら、予想を上回るヒットとなった近未来SF作品。

北米興行収入 $53,424,680

近未来の雰囲気や、随所にユーモアを交えた、ポール・バーホーベンの軽快な演出が見所の作品。

主人公マーフィを生き返らせるのではなく、死体を利用したサイボーグ・ロボットの開発プロジェクトの設定も無理なく描かれ、見応えがある仕上がりになっている。

まず、ロボコップのデザインがにいい。
無駄のないシンプルなデザイン、太ももに隠された機能的なオートマチック銃のみで立ち向かう姿が実に凛々しい。

全体が機械ではなく、人体を利用しているところに情を感じる。
ラストで、オムニの会長から名前を訊かれたロボコップが、生前の”マーフィ”と答えるシーンは、まるで西部劇のヒーローを見ているようだ。

ベージル・ポールドゥリスの勇ましいテーマ曲も印象に残る。

第60回アカデミー賞では、特別賞(音響効果)を受賞した。
・ノミネート
編集・録音賞

主演のロボコップ、ピーター・ウェラーは冒頭で殺害されてしまうため、ほとんど顔が見えない状態で物語は進むのだが、終盤は、あえてフェイスカバーを取り外し、存在感をアピールしている。

元夫ブライアン・デ・パルマの作品が印象に残る、女性警官ナンシー・アレンが、ハードなアクションを披露してくれる。
妖艶な役が多かった彼女は、ロボコップ全3作に出演することになり、結局は本シリーズが準代表作になる。

ビバリーヒルズ・コップ」(1984)とその続編で頼れる警部を好演したロニー・コックスが、本作では強かな悪役を演じている。

凶悪犯を演ずるカートウッド・スミスは、極悪人そのものという雰囲気の役柄を熱演している。

ロニー・コックスと敵対する重役ミゲル・フェラーも、上司を蹴落としてまでのし上がろうとする、ロボコップ・プロジェクトのリーダーを好演している。
彼は、オスカー俳優でもある名優のホセ・フェラーと大歌手で俳優としても活躍したロースマリー・クルーニーの息子である。
ジョージ・クルーニーは従兄弟)

続編にも登場する二人、オムニの会長ダニエル・オハリヒー、重役のフェルトン・ペリー、熱血漢である巡査部長のロバート・ドキー、犯人一味のポール・マクレーンレイ・ワイズなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021