4134 Movies

オースティン・パワーズ ゴールドメンバー Austin Powers in Goldmember (2002)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

007シリーズのパロディである、「オースティン・パワーズ」シリーズの第三作。
隕石牽引ビームで地球を危機に陥れようとするDr.イーヴルに立ち向かうイギリス諜報員オースティン・パワーズの活躍を描く、製作デミ・ムーア他、監督ジェイ・ローチ、製作、脚本、主演マイク・マイヤーズロバート・ワグナーミンディ・スターリングセス・グリーンマイケル・ヨークビヨンセマイケル・ケイン他共演の爆笑コメディ。


コメディ

スティーヴン・スピルバーグ / Steven Spielberg 作品一覧
トム・クルーズ / Tom Cruise 作品一覧
トム・クルーズ / Tom Cruise / Pinterest
ケヴィン・スペイシー / Kevin Spacey / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジェイ・ローチ

製作
ジョン・S・ライオンズ
エリック・マクレオド
デミ・ムーア
マイク・マイヤーズ
ジェニファー・トッド
スザンヌ・トッド
脚本
マイク・マイヤーズ
マイケル・マッカラーズ
編集
グレッグ・ヘイデン
ジョン・ポール
撮影:ピーター・デミング
音楽:ジョージ・S・クリントン

出演
オースティン・パワーズ/Dr.イーヴル/ゴールドメンバー/ファット・バスタード:マイク・マイヤーズ
ナンバー・ツー:ロバート・ワグナー
ナンバー・ツー(若年時):ロブ・ロウ
フラウ・ファービッシナ:ミンディ・スターリング
スコット・イーヴル:セス・グリーン
バジル・エクスポジション:マイケル・ヨーク
フォクシー・クレオパトラ:ビヨンセ
ナイジェル・パワーズ:マイケル・ケイン
ナンバー・スリー:フレッド・サベージ
ミニー・ミー:ヴァーン・J・トロイヤー
ミスター・ロボト:松久信幸
フクミ:ダイアン・ミゾタ
フクユ:キャリー・アン・イナバ
ナイジェル・パワーズ(若年時):スコット・オーカーマン
バジル・エクスポジション(若年時):エディー・アダムス
オースティン・パワーズ(少年期):アーロン・ヒメルスタイン
Dr.イーヴル(少年期):ジョシュ・ザッカーマン
ナンバー・ツー(少年期):エバン・ファーマー
ジョンソン:クリント・ハワード
日本人歩行者:マシ・オカ
ディスコの男:ネイサン・レイン
本人:スティーヴン・スピルバーグ
本人:トム・クルーズ
本人:グウィネス・パルトロー
本人:ブリトニー・スピアーズ
本人:ジョン・トラボルタ
本人:ケビン・スペイシー
本人:ダニー・デヴィート
本人:クインシー・ジョーンズ
本人:オジー・オズボーン
本人:シャロン・オズボーン
本人:ケリー・オズボーン
本人:ジャック・オズボーン
本人:バート・バカラック

アメリカ 映画
配給 ニュ ー・ライ ン・シネマ
2002年製作 98分
公開
北米:2002年7月26日
日本:2002年8月24日
製作費 $63,000,000
北米興行収入 $213,079,160
世界 $296,655,430


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2002年。
オースティン・パワーズをトム・クルーズ、ディクシーをグウィネス・パルトロー、Dr.イーヴルをケビン・スペイシー、ミニー・ミーをダニー・デヴィートが演じた映画が、監督スティーヴン・スピルバーグにより撮影されていた。

Dr.イーヴルのハリウッド基地。
宇宙から戻ったDr.イーヴル(マイク・マイヤーズ)は、ナンバー・ツー(ロバート・ワグナー)から、新規の事業”ハリウッド・タレント・エージェンシー”を始め、ナンバー・スリー(フレッド・サベージ)を雇ったことを知らされる。

フラウ・ファービッシナ(ミンディ・スターリング)と息子スコット(セス・グリーン)の前でクローンのミニー・ミー(ヴァーン・J・トロイヤー)を抱きながら、Dr.イーヴルは、ある計画を話し始める。

1970年代の錬金術師ヨハン・ヴァン・ダー・シュミット、通称”ゴールドメンバー”が、牽引ビームで低温核融合装置を開発し、隕石”ミダス22”を地球に呼び寄せる”プレパレーションH”を完成したのだった。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

参考:
・「オースティン・パワーズ」(1997)
・「オースティン・パワーズ:デラックス」(1999)
・「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」(2002)

*(簡略ストー リー)
2002年。
Dr.イーヴルは、1970年代の錬金術師ゴールドメンバーが開発した牽引ビームを使い、地球を危機に陥れようと考える。
イギリス諜報員オースティン・パワーズは、Dr.イーヴルを逮捕するものの、有名なスパイである父ナイジェルが誘拐されてしまう。
今回の件にゴールドメンバーが絡んでいることを知ったオースティンは、タイムマシンで1975年にタイムスリップする。
ナイジェルを見つけたオースティンだったが、ゴールドメンバーが父を連れて2002年に向かってしまう。
オースティンは、潜入捜査をしていたFBI捜査官のフォクシーと共に2002年に向い、ナイジェルを救おうとするのだが・・・。
__________

1作目の「オースティン・パワーズ」(1997)はまずまずの受けだったが、2作目の「オースティン・パワーズ:デラックス」(1999)が大ヒットして迎えた最終作。

オースティン・パワーズ:デラックス」は北米のみで興行収入が2億ドルを超え、全世界では約3億1200万ドルの大ヒットとなった。
製作費が約倍になった本作は(3300万ドルから6300万ドル)、北米で2作目を上回る2億1300万ドルだったのだが、それ以外の国では不調で、全世界では3億ドル弱にとどまるものの、それでもシリーズの人気が窺える結果となった。

オースティン・パワーズ
製作費 $17,000,000
北米興行収入 $53,868,030
世界 $67,683,990

シリーズの売り物であるセクシー度や視覚的な下ネタはやや減ったような感じではあるが、出演者の顔ぶれはシリーズで最高の豪華さと言える。

トム・クルーズが自作の「ミッション:インポッシブル」(1996)風に登場し、グウィネス・パルトローケビン・スペイシーダニー・デヴィートが共演し、そしてスティーヴン・スピルバーグが、”オースティン・パワーズ”の映画化を監督しているという冒頭のシーンは圧巻だ。

日本が舞台になる内容なのだが、メチャクチャな文化の描写もこのシリーズなら許せてしまう。

オースティン・パワーズ、Dr.イーヴル、ゴールドメンバー、ファット・バスタードを愉快に演ずるマイク・マイヤーズ、彼の部下であるナンバー・ツーのロバート・ワグナー、その若年期のロブ・ロウ、ファービッシナのミンディ・スターリング、ドラマの進行と共にDr.イーヴル化していく息子スコットのセス・グリーン、オースティンの上司マイケル・ヨーク、オースティンに協力するFBI捜査官のビヨンセ、オースティンとDr.イーヴルの父親だった有名なスパイのマイケル・ケイン、その若年期スコット・オーカーマン、ナンバー・スリーのフレッド・サベージ、ミニー・ミーのヴァーン・J・トロイヤー、牽引ビームを製作する日本人の松久信幸、日本人の双子ダイアン・ミゾタキャリー・アン・イナバ、オースティンの少年期アーロン・ヒメルスタイン、Dr.イーヴルの少年期ジョシュ・ザッカーマン、ナンバー・ツーの少年期エバン・ファーマー、世界機構のオペレーター、クリント・ハワード、日本人歩行者のマシ・オカ、ディスコの男ネイサン・レインなどが共演している。

カメオ出演
本人:スティーヴン・スピルバーグ
本人:トム・クルーズ
本人:グウィネス・パルトロー
本人:ブリトニー・スピアーズ
本人:ジョン・トラボルタ
本人:ケビン・スペイシー
本人:ダニー・デヴィート
本人:クインシー・ジョーンズ
本人:オジー・オズボーン
本人:シャロン・オズボーン
本人:ケリー・オズボーン
本人:ジャック・オズボーン
本人:バート・バカラック


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020