5168 Movies

ロードハウス/孤独の街 Road House (2024)

1989年に公開されたパトリック・スウェイジ主演の「ロードハウス/孤独の街」のリメイク。
マフィアと対峙する総合格闘家の戦いを描く、製作ジョエル・シルバー、監督ダグ・リーマン、主演ジェイク・ギレンホールコナー・マクレガーダニエラ・メルシオールJ.D.パルドアルトゥーロ・カストロビリー・マグヌッセンホアキム・デ・アルメイダ他共演のアクション。 

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ダグ・リーマン
製作:ジョエル・シルバー
原作
ロードハウス/孤独の街
デヴィッド・リー・ヘンリー
ヒラリー・ヘンキン
原案
アンソニー・バガロッツィ
チャールズ・モンドリー
デヴィッド・リー・ヘンリー
脚本
アンソニー・バガロッツィ
チャールズ・モンドリー
撮影:ヘンリー・ブラハム
編集:ドク・クロッツァー
音楽:クリストフ・ベック

出演
エルウッド・ダルトン:ジェイク・ギレンホール
ノックス:コナー・マクレガー
エリー:ダニエラ・メルシオール
フランキー:ジェシカ・ウィリアムズ
ビリー:ルーカス・ゲイジ 店員
ベン・ブラント:ビリー・マグヌッセン
サム:ダレン・バーネット ベンの手下
カーター・フォード:オースティン・ポスト ファイター
保安官:ホアキム・デ・アルメイダ
リーフ:ドミニク・コロンバス ビーチで働く
モー:アルトゥーロ・カストロ
デル:J.D.パルド
ヴィンス:ボー・ナップ
チャーリー:ハンナ・ラヴ・ラニアー 店のオーナー
スティーヴン:ケヴィン・キャロル チャーリーの父
ジャック:ボブ・メネリー
ローラ:B.K.キャノン ローラ
デックス:トラヴィス・ヴァン・ウィンクル
ジャックス”ジェットウェイ”ハリス:ジェイ・ヒエロン

アメリカ 映画
配給 アマゾン MGM スタジオ
2024年製作 114分
公開
北米:2024年3月21日
日本:2024年3月21日


ストーリー
UFC ミドル級ファイターのエルウッド・ダルトン(ジェイク・ギレンホール)は、見知らぬ女性フランキー(ジェシカ・ウィリアムズ)に話しかけられる。
フロリダキーズのロードハウスを経営しているフランキーは、トランブルを抱えていたため、エルウッドに目をつけて、用心棒として週5000ドルで一月、雇いたいという提案をする。
それを断ったダルトンは、フランキーから携帯電話番号のメモを受け取り、その場を去る。
死のうとしたエルウッドは、踏切内で車を止めるものの、気が変わり走り去ろうとする。
エンジンがかからず、何とか車を動かしたエルウッドは、列車と接触する。
無事だったエルウッドは、フランキーに電話をする。
フロリダキーズ
バスで到着したエルウッドは、その場にあった書店のチャーリー(ハンナ・ラヴ・ラニアー)と彼女の父スティーヴン(ケヴィン・キャロル)と知り合う。
ダルトンは、2人に”ロード・ハウス”の場所を教えてもらい、バーだったその場に着く。
夜になり、いつも店でトラブルを起こすデル(J.D.パルド)らが現れ、騒ぎ始める。
デルらをおもてに出したダルトンは、彼らを難なく叩きのめす。
ダルトンはデルらを病院に運び、その場の医師エリー(ダニエラ・メルシオール)に話しかけられ、悪党どもを連れて来たことを批判されるが、負傷していた傷口を治療してもらう。
フランキーのおじの古いボートハウスを借りたダルトンは、翌日、自分が一夜にして有名人になったことを知る。
ある目的でロード・ハウスを潰そうとしているベン・ブラント(ビリー・マグヌッセン)は、手下のデルのふがいない行動に苛立つ。
店で信頼される存在になったダルトンは、騒ぎを起こす客の対処方法を店員のビリー(ルーカス・ゲイジ)に教え、身の回りの世話をしてくれるローラ(B.K.キャノン)や、ボクシング経験のあるリーフ(ドミニク・コロンバス)らとの親交を深める。
ダルトンを牽制しても相手にされないベンは苛立ち、受刑中の父ジェラルドの指示にも従おうとしない。
その後ジェラルドは、ロード・ハウスを潰すための手段として、凶暴な男ノックス(コナー・マクレガー)を向かわせるのだが・・・。


解説 評価 感想

1989年に公開されたパトリック・スウェイジ主演の「ロードハウス/孤独の街」のリメイク。

旧作と同じく製作はジョエル・シルバーで、監督はダグ・リーマン、主演はジェイク・ギレンホールコナー・マクレガーダニエラ・メルシオールJ.D.パルドアルトゥーロ・カストロビリー・マグヌッセンホアキム・デ・アルメイダなどが共演した作品。

マフィアと対峙する総合格闘家の戦いを描くアクション。

体を張ったアクションでも定評のある、死を恐れない主人公を演ずるジェイク・ギレンホールと、誰もかないそうもない雰囲気がある凶暴で恐ろしい男コナー・マクレガーの肉弾戦は見もので、アクションだけでなく、過去を抱える主人公の心情も繊細に描くダグ・リーマンの演出も見どころの一つだ。

主演のジェイク・ギレンホールは、心の傷を抱え人生に迷いながらも、鍛え抜かれた体で用心棒として悪と戦う男をクールに演じている。

主人公を痛めつけるためにマフィアに雇われる凶暴な男コナー・マクレガー、主人公と惹かれ合う仲になる地元の医師ダニエラ・メルシオール、主人公を雇うバーのオーナー、ジェシカ・ウィリアムズ、彼女に雇われる店員ルーカス・ゲイジB.K.キャノン、ドミニク・コロンバス、周辺のリゾート開発を考え主人公を追い払おうとするマフィアのボス、ビリー・マグヌッセン、その手下ダレン・バーネットアルトゥーロ・カストロJ.D.パルド、ボブ・メネリー、ボー・ナップ、エリー(ダニエラ・メルシオール)の父親である悪徳保安官ホアキム・デ・アルメイダ、主人公と親しくなる書店の経営者ハンナ・ラヴ・ラニアー、その父親ケヴィン・キャロル、エリーの元恋人トラヴィス・ヴァン・ウィンクル、ファイターのオースティン・ポストジェイ・ヒエロンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022