4551 Movies

オズ Return to Oz (1985)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1900年に発表された、ライマン・フランク・ボームの児童文学”オズの魔法使い”の続編”The Marvelous Land of Oz(オズの虹の国)/Ozma of Oz(オズのオズマ姫)”を基に製作された作品。
カンザスに戻ったドロシーが、再び向かったオズの国での冒険を描く、監督、脚本ウォルター・マーチ、主演フェアルザ・バルクニコール・ウィリアムソンジーン・マーシュパイパー・ローリー他共演のファンタジー・アドベンチャー。


ファンタジー


スタッフ キャスト

監督:ウォルター・マーチ
製作:ポール・マスランスキー
製作総指揮:ゲイリー・カーツ
原作:ライマン・フランク・ボーム
The Marvelous Land of Oz/Ozma of Oz
脚本
ウォルター・マーチ
ギル・デニス
撮影
デイビッド・ワトキン
フレディ・フランシス
編集:レスリー・ホッジソン
音楽:デイビッド・シャイア

出演
ドロシー・ゲイル:フェアルザ・バルク
J・B・ウォーリー医師/ノーム王:ニコール・ウィリアムソン
ウィルソン看護士/モンビ王女:ジーン・マーシュ
エムおばさん:パイパー・ローリー
ヘンリーおじさん:マット・クラーク
ティック・トック:マイケル・サンドン/ティム・ローズ
ティック・トック(声):シーン・バレット
ビリーナ:マック・ウィルソン
ビリーナ(声):デニス・ブライヤー
ジャック・ザ・パンプキンヘッド:ブライアン・ヘンソン/スチュワート・ラランジェ
ジャック・ザ・パンプキンヘッド(声):ブライアン・ヘンソン
ガンプ:レイル・コンウェイ/スティーヴ・ノーリントン
ガンプ(声):レイル・コンウェイ
かかし:ジャスティン・ケース
臆病ライオン:ジョン・アレキサンダー
ブリキのきこり:ディープ・ロイ
診療所の少女/オズマ姫:エマ・リドレー
ホイーラーのリーダー/ノーム王の使者/看護士助手:ポンズ・マール
モンビII:ソフィー・ワード
モンビIII:フィオナ・ビクトリー

アメリカ 映画
配給 ブエナビスタ
1985年製作 113分
公開
北米:1985年6月21日
日本:1986年3月29日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $11,137,800


アカデミー賞
第58回アカデミー賞

・ノミネート
視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1899年10月、カンザス
オズの国から戻って半年が経つものの、ドロシー・ゲイル(フェアルザ・バルク)は、眠れない日が続いていた。

おばのエム(パイパー・ローリー)とおじヘンリー(マット・クラーク)は、実在しない国の話などをするドロシーのことが心配で、J・B・ウォーリー医師(ニコール・ウィリアムソン)の電気療法を受けさせてあがたかった。

治療費を妹から借りることにしたエムは、ドロシーを連れてウォーリーの診療所に向かう。

ドロシーは、馬車を追って来た愛犬トトに家に戻るようにと伝える。

診療所に着いたドロシーは、庭で拾った”OZ”の国のものだと思う鍵をウォーリーに見せて、その国で起きた不思議な出来事を話す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1899年10月、カンザス
半年前に”オズの国”から戻ったドロシー・ゲイルは、そのことばかり考えて眠れない日が続いていた。
おじヘンリーとおばエムは、この世に存在しない国の話ばかりするドロシーのことを心配して、ウォーリー医師の電気治療を受けさせようとする。
診療所に向い一晩過ごすことになったドロシーは、落雷のため停電になった隙に、現れた少女と共にその場から逃げる。
川に落ちて少女とはぐれたドロシーは、翌朝、話せるようになった、カンザスで飼っていた鶏ビリーナに起こされる。
そこがオズの国だと考えたドロシーは、林の中で竜巻に飛ばされた家を見つける。
エメラルド・シティにつながる黄色いレンガの道が壊れていることを知ったドロシーは、崩壊していると思われるその場に向かうのだが・・・。
__________

ミュージカル映画の傑作「オズの魔法使」(1939)の46年振りの続編的な内容の作品なのだが、正式な続編ではない。

またミュージカルでもなく、製作会社もMGMからディスニーブエナビスタ)に変わっているため、当然ではあるが全く作風も違っている。

児童文学の映画化ではあるが、恐ろしいシーンが多々ある。
オズの魔法使」(1939)もかなり怪奇的なシーンがあり、それが徹底していたのだが、本作の陰気でおぞましい映像はそれほどどぎつくもなくやや滑稽だ。

クレイメーションや特撮はまずまずなのだが、1939年当時であれだけの映像を作った「オズの魔法使」には遠く及ばず、ファンタジー・アドベンチャーとしてのワクワク感もない。
映画史上に残る名作と比べるのは気の毒ではあるが。

第58回アカデミー賞では、視覚効果賞にノミネートされた。

主人公のドロシー役を熱演する撮影当時8歳のフェアルザ・バルク、ドロシーを治療する医師とノーム王のニコール・ウィリアムソン、看護士とモンビ王女のジーン・マーシュ、エムおばさんのパイパー・ローリー、ヘンリーおじさんのマット・クラーク、ティック・トックのマイケル・サンドン/ティム・ローズ/(声)シーン・バレット、鶏のビリーナ、マック・ウィルソン、(声)デニス・ブライヤー、ジャック・ザ・パンプキンヘッドのブライアン・ヘンソン/スチュワート・ラランジェ/(声)ブライアン・ヘンソン、ガンプのレイル・コンウェイ/スティーヴ・ノーリントン/(声)レイル・コンウェイ、かかしのジャスティン・ケース、臆病ライオンのジョン・アレキサンダー、ブリキのきこりのディープ・ロイ、診療所の少女とオズマ姫のエマ・リドレー、ホイーラーのリーダーとノーム王の使者と看護士助手のポンズ・マール、モンビのソフィー・ワードフィオナ・ビクトリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021