4709 Movies

ランボー ラスト・ブラッド Rambo: Last Blood (2019)

ランボー・シリーズ第5作。
メキシコの犯罪組織に連れ去れた旧友の孫娘を救い出そうとするジョン・ランボーの戦いを描く、監督エイドリアン・グランバーグ、原案、脚本、主演シルヴェスター・スタローンパス・ベガセルヒオ・ペリス=メンチェータアドリアナ・バラッザイヴェット・モンレアル他共演のアクション。
★★★☆☆

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


アクション/アドベンチャー

シルヴェスター・スタローン / Sylvester Stallone 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:エイドリアン・グランバーグ
製作
アヴィ・ラーナー
ケヴィン・キング・テンプルトン
ヤリフ・ラーナー
レス・ウェルドン
製作総指揮
リュウ・ロン
チャン・クン
ルイス・アリオラ
ジェフリー・グリーンスタイン
ジョナサン・ヤンガー
クリスタ・キャンベル
ラティ・グロブマン
アリエル・ヴロメン
ジェフ・ガム
原作:デヴィッド・マレル(キャラクター)
原案
ダン・ゴードン
シルヴェスター・スタローン
脚本
マシュー・シラルニック
シルヴェスター・スタローン
撮影:ブレンダン・ガルヴィン
編集
トッド・E・ミラー
カーステン・クルパネク
音楽:ブライアン・タイラー

出演
ジョン・ランボー:シルヴェスター・スタローン
カルメン・デルガード:パス・ベガ
ウーゴ・マルティネス:セルヒオ・ペリス=メンチェータ
マリア・ベルトラン:アドリアナ・バラッザ
ガブリエラ・ベルトラン:イヴェット・モンレアル
バーの客:ジニー・キム(イェナ・ハン)
ドン・マニュエル:ホアキン・コシオ
エル・フラコ:パスカシオ・ロペス
ヴィクトル・マルティネス:オスカル・ハエナダ
ジゼル:フェネッサ・ピネダ
マヌエル:マルコ・デ・ラ・O
ドン・ミゲル:リック・ジンゲール
セルジオ医師:マヌエル・ウリザ
ローラ:ミルカ・プリエット
アレハンドラ:シェイラ・シャー
保安官:ルイス・マンディロア
警察官:アーロン・コーエン

アメリカ 映画
配給
Lionsgate
ミレニアム・メディア
2019年製作 89分(北米)/101分(世界)
公開
北米:2019年9月20日
日本:2020年6月26日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $44,819,350
世界 $91,490,350


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アリゾナ州、ボウイ
ビルマでの事件後、帰国して11年。
ベトナム戦争の退役軍人であるジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)は、亡き父の農場で暮らしていた。

人々のために度々ボランティア活動をしているランボーは、豪雨と強風の中、山中に取り残された3人のハイカーを救出しようとする。

救助隊や州警察は困難な状況で諦めかけるが、女性1人の死亡を確認したランボーは、馬に乗り他の2人を捜す。

2人を見つけたランボーは、妻を捜そうとする男性に下流で死んでいたことを伝える。

男性は妻を捜すために下流に向かい、鉄砲水に気づいたランボーは、女性と共に何とか耐え抜き、救助隊の元に向かう。

保安官(ルイス・マンディロア)と警官(アーロン・コーエン)、そして助けた女性に感謝されたランボーは、その場を去る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考
・「ランボー」(1982)
・「ランボー/怒りの脱出」(1985)
・「ランボー3/怒りのアフガン」(1988)
・「ランボー 最後の戦場」(2008)
・「ランボー ラスト・ブラッド」(2019)

*(簡略ストーリー)
アリゾナ州、ボウイ
ビルマでの事件後、帰国して11年。
ベトナム戦争の退役軍人であるジョン・ランボーは、未だに戦場のことを忘れられず、苦しみながら亡き父の農場で暮らしていた。
ランボーは、家のことを任せている旧友のマリアの孫娘ガブリエラから、メキシコにいる父マヌエルに会うための許可を求められ、マリアと共に反対する。
家族を捨てた理由を父に訊きたいガブリエラは、ランボーとマリアに黙ってメキシコに向かってしまう。
マヌエルに会うものの追い払われたガブリエラは、友人のジゼルにも裏切られ、マルティネス兄弟の犯罪組織に連れ去られる。
ガブリエラがメキシコに向かったことを知ったランボーは、必ず連れ帰ることをマリアに約束して国境を越えるのだが・・・。
__________

ランボー・シリーズ第5作であり、11年ぶりの続編ということで話題になった。

メキシコの犯罪組織に連れ去れた旧友の孫娘を救い出そうとする、ジョン・ランボーの戦いを描くアクション。

未だに戦場での体験を忘れられず、心の傷が癒されることないジョン・ランボーが、苦しみながら、愛するもののために命を懸けて戦う姿が描かれている。

70歳を超えたシルヴェスター・スタローンは、その表情から人間の年輪を感じさせてくれる。
肉体的にはまだまだいける雰囲気があり、本作が完結編ということではあるが、エンドクレジットで映し出される映像は、力尽きたかと思われたランボーが、再び旅立つ姿で終わっているのは、いかにも思わせぶりだ。
また、重傷を負ったランボーが馬に乗って山に向かう姿は、西部劇の名作「シェーン」(1953)のラストとダブる。

前作同様かなり残虐なシーンがあり、メキシコに対する人種差別的な表現なども問題になった。

北米、イギリスのバージョンには、冒頭の災害シーンが含まれず、日本を含めた各国では、約10分が延長されている。

北米興行収入は約4500万ドル、全世界では約9200万ドルとまずまずの成績を残したが、作品自体は批評家から酷評され、ラジー賞の主要文門にノミネートされてしまった。

妹を犯罪組織に奪われたフリーのジャーナリストで、ランボーに協力するパス・ベガ、犯罪組織のボス役セルヒオ・ペリス=メンチェータ、その弟オスカル・ハエナダ、ランボーが家のことを任せてある旧友のアドリアナ・バラッザ、ランボーが救おうとするその孫娘イヴェット・モンレアル、犯罪組織のボス役ホアキン・コシオ、組織に女を売る男パスカシオ・ロペス、ガブリエラ(イヴェット・モンレアル)を裏切る友人フェネッサ・ピネダ、ガブリエラの父親マルコ・デ・ラ・O、ランボーを治療する医師マヌエル・ウリザ、冒頭の災害シーンで登場する保安官のルイス・マンディロア、州警察の警官アーロン・コーエンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022