4507 Movies

レイズ・ザ・タイタニック Raise the Titanic (1980)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1976年に発表された、クライブ・カッスラーの小説”Raise the Titanic!”を基に製作された作品。
最新防衛システムのエネルギー源となる特殊金属が積載されていることが分かった豪華客船”タイタニック”の引き上げ計画を描く、監督ジェリー・ジェームソン、主演ジェイソン・ロバーズリチャード・ジョーダンデヴィッド・セルビーアン・アーチャーアレック・ギネス他共演のアドベンチャー。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ジェリー・ジェームソン
製作
マーティン・スターガー
ルー・グレード
ウィリアム・フライ
原作:クライブ・カッスラーRaise the Titanic!
脚本
アダム・ケネディ
エリック・ヒューズ
撮影:マシュー・F・レオネッティ
編集
J・テリー・ウィリアムス
ロバート・F・シュグリュー
音楽:ジョン・バリー

出演
ジェームス・サンデッカー提督:ジェイソン・ロバーズ
ダーク・ピット:リチャード・ジョーダン
ジーン・シーグラム博士:デヴィッド・セルビー
ダナ・アーチボルド:アン・アーチャー
ジョン・ビガロー:アレック・ギネス
アンドレ・ブレブノフ大尉:ボー・ブランディン
ヴィニー・ウォーカー兵曹長:M・エメット・ウォルシュ
ジョー・バーク大佐:J・D・キャノン
デイル・バスビー将軍:チャールズ・マコーレイ
ケンパー提督:ノーマン・バートールド
マルガニン:エリヤ・バスキン
マーカー:ダーク・ブロッカー
ウィリス:ロバート・ブロイルズ
ニコルソンCIA長官:ポール・カー
ボハノン:マイケル・C・グウィン
キール:ハーヴェイ・ルイス

アメリカ/イギリス 映画
配給 Associated Film Distributio
1980年製作 114分
公開
イギリス:1980年10月24日
北米:1980年8月1日
日本:1980年12月13日
製作費 $36,000,000
北米興行収入 $14,824,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ソ連北部、バレンツ海、スパルドロフ島。
古い坑道を発見したアメリカのスパイは、中に入り調べる。

1912年2月10日に凍死した、アメリカ陸軍のジェイク・ホバート軍曹の遺体も見つかる。

ワシントンD.C.
海洋研究機関”NUMA”のジェームス・サンデッカー提督(ジェイソン・ロバーズ)は、ソ連領の島でアメリカ人が行方不明になったことを、デイル・バスビー将軍(チャールズ・マコーレイ)とケンパー提督(ノーマン・バートールド)に知らせる。

最新のレーザーを使う究極の防衛システム”シシリー計画”について話した科学者のジーン・シーグラム博士(デヴィッド・セルビー)は、大きなエネルギー源となる特殊な金属元素”ビザニウム”が必要だと説明する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ワシントンD.C.
海洋研究機関”NUMA”のジェームス・サンデッカー提督は、最新のレーザーを使う究極の防衛システム”シシリー計画”のエネルギー源となる特殊金属”ビザニウム”が、約70年前に沈没した豪華客船”タイタニック”に積載された可能性を知る。
海軍将校である工作員のダーク・ピットは、ソ連領でビザニウムの情報を入手したスパイを救出して帰国する。
科学者であるシーグラム博士と共にピットを迎えたサンデッカーは、ビザニウムを手に入れるために、タイタニックを引き上げる計画を極秘で進めるのだが・・・。
__________

本作の主要登場人物である”ダーク・ピット”を主人公としたシリーズで知られるクライブ・カッスラーの小説”Raise the Titanic!”を原作に、テレビ界なのでも活躍していたジェリー・ジェームソンが監督し、ジェイソン・ロバーズリチャード・ジョーダンらが共演したアドベンチャー作品。

3500万ドルの製作費をかけた大作であり、処女航海で沈没した豪華巨大客船”タイタニック”の引き上げ計画を描いたことで話題となった。

しかし、作品は酷評され、ラジー賞の作品賞にもノミネートされてしまった。

上記のように、巨費を投じたタイタニックの引き上げ映像や船体の再現は見応えあるが、原作に描かれている米ソ冷戦下のスパイ戦は触れられている程度であり、単なる海洋アドベンチャー映画に終わってしまっているのが残念だ。
*実際のタイタニックは船体が真っ二つに折れて沈没したため、本作のような浮上計画はあり得ない。

海洋研究機関”NUMA”のトップである提督のジェイソン・ロバーズ、物語の主人公と言える、元海軍将校でタイタニック引き揚げ計画の責任者でもある”ダーク・ピット”を演ずるリチャード・ジョーダン、彼に協力する科学者のデヴィッド・セルビー、彼の恋人でピットの元恋人でもある新聞記者のアン・アーチャータイタニックの生存者アレック・ギネス、ビザニウムを奪おうとするKGBの局長ボー・ブランディンタイタニック引き揚げ作業を行う兵曹長のM・エメット・ウォルシュ、同じく大佐のJ・D・キャノン陸軍の将軍チャールズ・マコーレイ海軍の提督ノーマン・バートールド、ソビエト大使館員のエリヤ・バスキン、引き揚げ計画に潜入するソ連側のスパイ、ダーク・ブロッカー、作業員、ロバート・ブロイルズマイケル・C・グウィンCIA長官のポール・カーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021