That's Movie Talk!     4099 Movies

ラビット・ホール Rabbit Hole (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2005年に発表され、2007年にピューリッツァー賞/戯曲部門を受賞したデヴィッド・リンゼイ=アベアーの戯曲”Rabbit Hole”を基に製作された作品。
4歳の息子を交通事故で亡くした夫婦の、その喪失感から抜け出そうとする苦悩と再生を描く、ニコール・キッドマンアーロン・エッカートダイアン・ウィースト共演のドラマ。


ドラマ

ニコール・キッドマン / Nicole Kidman 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル
製作総指揮
ウィリアム・F・リシャック
リンダ・マクドノー
ブライアン・オーシャ
ダニエル・リバース
製作
ニコール・キッドマン
レスリー・アーダング
ギギ・プリツカ
パー・サーリ
ディーン・ヴェネック
戯曲:デヴィッド・リンゼイ=アベアーRabbit Hole
脚本:デヴィッド・リンゼイ=アベアー
撮影:フランク・G・デマルコ
編集:ジョー・クロッツ
音楽:アントン・サンコー

出演
ベッカ・コーベット:ニコール・キッドマン
ハウイー・コーベット:アーロン・エッカート
ナット:ダイアン・ウィースト
イジー:タミー・ブランチャード
ジェイソン:マイルズ・テラー
ギャビー:サンドラ・オー
ペグ:パトリシア・カレンバー
リック:ジョン・テニー
オーギー:ジャンカルロ・エスポジート

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2010年製作 91分
公開
北米:2010年12月17日
日本:2011年11月5日
製作費 $5,000,000
北米興行収入 $2,221,810
世界 $5,129,060


アカデミー賞 ■
第83回アカデミー賞
・ノミネート
主演女優賞(ニコール・キッドマン)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク郊外。
自宅の庭に花を植えていたベッカ・コーベット(ニコール・キッドマン)は、隣人ペグ(パトリシア・カレンバー)に夕食会に誘われるが、予定があると言ってそれを断ってしまう。

ベッカは、それを帰宅した夫ハウイー(アーロン・エッカート)に伝える。

二人は、8ヶ月前に、4歳の息子を交通事故で亡くしていたのだった。

その夜、妹イジー(タミー・ブランチャード)が、トラブルを起して逮捕されたため、ベッカは彼女を警察に迎えに行く。

心配ばかりかけるイジーだったが、ベッカは、彼女の妊娠を知りそれを祝福する。

ベッカとハウイーは、子供を亡くした親の会に参加して、長年そのメンバーであるギャビー(サンドラ・オー)らに迎えられる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク郊外に住むハウイー・コーベットと妻ベッカは、8ヶ月前に、交通事故で4歳の息子を亡くし、悲しみから抜け出せない日々を送っていた。
ハウイーは、何とかそれを克服しようとするのだが、ベッカは、同じ境遇の夫婦が集まる集会にも興味を示さず、妹イジーの妊娠は祝福はするものの、過剰な世話を焼き、母ナットの気遣いにも敏感に反応してしまう。
そんな時ベッカは、息子の事故の当事者である少年ジェイソンを見かけて、彼の行動を追い、話をすることを考える。
ベッカは、自分の心の傷を癒そうとするハウイーや母には、元に戻ることが不可能だと伝える。
ハウイーは、心を閉ざす会のメンバーである女性ギャビーとの親交を深めていく。
ジェイソンと話をする機会を得たベッカは、素直に謝罪する彼を気遣ってしまう。
そして、ジェイソンが描こうとしている、”パラレル・ワールド”をモチーフにした”ラビット・ホール”の物語などを聞かされたベッカは、彼には心を許すのだった・・・。
__________

微妙な心の動き、崩れかけた夫婦の関係の再生を描いているだけに、劇的には終わらないラストが印象的。
二人や家族にとって、苦しみを克服することが、いかに大きな問題であったかが伝わる、素晴らしい幕切れである。

主人公達の体験が、幸せだったはずの平穏な生活とは違う、別世界ではないかと案じさせる、その通り道の”ラビット・ホール”を原題にしているところも意味深い。

小作ではあるが、大スターを起用して、このような作品をきっちりと作るところに、アメリカ映画の、文化としての素晴らしさを感じる。

第83回アカデミー賞では、ニコール・キッドマンが主演女優賞にノミネートされた。

実力派人気女優である主演のニコール・キッドマンは、製作にも参加して挑んだ意欲作で、控えめな演技ながら、時に力強さも感じさせる主人公を、繊細に演じている。

前向きな人生を送る努力をするものの、妻と共にそれを体現できずに苦悩するアーロン・エッカートの好演も光る。

同じく息子を亡くし、辛い時期を乗り越えた経験を持つ主人公の母親ダイアン・ウィースト、マイペースな妹タミー・ブランチャード、その恋人ジャンカルロ・エスポジート、事故の当事者であるが、結局は、彼が主人公の心を癒すことになるマイルズ・テラー、ハウイー(A・エッカート)と親交を深める、同じ境遇の会のメンバー、サンドラ・オー、隣人パトリシア・カレンバー、ハウイーの同僚で友人ジョン・テニーなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up