That's Movie Talk!     4100 Movies

ザ・シークレット・サービス In the Line of Fire (1993)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

クリント・イーストウッドが主役に専念して、監督は、アクション派に転向しつつあったウォルフガング・ペーターゼンに任せた、ジョン・マルコビッチレネ・ルッソ共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

クリント・イーストウッド / Clint Eastwood 作品一覧
クリント・イーストウッド / Clint Eastwood / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
製作:ジェフ・アップル
脚本:ジェフ・マグワイヤー
撮影:ジョン・ベイリー
編集:アン・V・コーツ
音楽:エンニオ・モリコーネ

出演
フランク・ホリガン:クリント・イーストウッド
ミッチ・リアリー:ジョン・マルコビッチ
リリー・レインズ:レネ・ルッソ
アル・ダンドゥレア:ディラン・マクダーモット
ビル・ワッツ:ゲーリー・コール
ハリー・サージェント大統領補佐官:フレッド・トンプソン
サム・キャンパーナ:ジョン・マホニー
マット・ワイルダー:グレッグ・アラン・ウィリアムス
ジャック・オオクラ:クライド・クサツ
パム・マグナス:パトリカ・ダルボ
リガー教授:ジョン・ハード
メンドーザ:トビン・ベル

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1993年製作 128分
公開
北米:1993年7月9日
日本:1993年9月
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $102,314,280
世界 $187,300,000


アカデミー賞 ■
第66回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優賞(ジョン・マルコビッチ)
脚本・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ベテランの”シークレット・サービス”、フランク・ホリガン(クリント・イーストウッド)とアル・ダンドゥレア(ディラン・マクダーモット)は、偽札の取引現場に向かう。

ダンドゥレアが、シークレット・サービスだと気づいた偽札グループのリーダーのメンドーザ(トビン・ベル)は、彼を拘束してホリガンに射殺させようとする。

ホリガンは、渡された銃の重さで弾が入っていないことに気づき、ダンドゥレアに銃を向けて引き金を引き自分を信頼させる。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ケネディ大統領暗殺事件の警護を担当し、大統領を救えなかったことを今でも引きずるシークレット・サービスのフランク・ホリガンは、”ブース”と名乗る男から、大統領暗殺の予告を受ける。
それを、同僚キャンパーナに相談したホリガンは、大統領警護復帰を切望し、周囲の反対を振り切り現場に戻る。
ホリガンは、レインズら、他の警護官の足手まとい寸前の自分に、挑戦状を突き付けるブースが、元CIAの暗殺要員だったことを知る。
30年前の悪夢が甦るホリガンだったが、意地を張りつつも警護を続けながら、何とか2度目の悲劇を防ごうとするのだが・・・。
__________

ウォルフガング・ペーターゼンのシャープな演出も冴え、イーストウッドの盟友エンニオ・モリコーネの音楽もドラマを盛り上げる。

リンカーン記念館や、クライマックスの舞台ボナヴェンチャーエアフォースワンの映像など、本物の迫力もなかなか見応えある。

北米興行収入は約1億ドルを突破し、全世界では約1億8700万ドルに迫る、イーストウッド作品の中では、興行的に成功した作品でもある。

第66回アカデミー賞では、助演男優賞(ジョン・マルコビッチ)、脚本、編集賞にノミネートされた。

細身だがタフさが売り物のイーストウッドが、衰えをこれでもかというほど見せるのは、シークレット・サービスの任務の過酷さをより強調させている。

1930年生まれのイーストウッドと、世代的に合致する、ケネディ大統領暗殺事件を絡めてあるところがなかなか興味深く、彼の苦悩や言葉に実感がこもっている。

前年「許されざる者」(1992)でアカデミー賞を受賞し、60歳を過ぎたイーストウッドの、燻し銀のような渋さがたまらなくいい。

相手がイーストウッドでなければ、完全に主役を喰っていただろう、ジョン・マルコビッチの知的で異常な殺人兵器は、正にアカデミー助演賞候補に値する名演だ。

同僚の女性警護官レネ・ルッソも、タフなイメージが役柄がぴったり合っている。
落ち着いた雰囲気の彼女は、親子ほど年に差がある、イーストウッドとのカップリングも違和感がない。(24歳差)

彼女は2年後に、「アウトブレイク」(1995)で再びウォルフガング・ペーターゼンと組み、こちらでも好演している。

ディラン・マクダーモットは、ドラマの役そのままで、やや頼りない印象薄い存在だった。

警護官のリーダー、ゲーリー・コール、大統領補佐官のフレッド・トンプソン、主人公の同僚で彼を支えるジョン・マホニー、警護官グレッグ・アラン・ウィリアムス、職員クライド・クサツ、銀行員のパトリカ・ダルボ、情報提供者の教授ジョン・ハード、偽造紙幣グループのリーダー、トビン・ベルなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up