4218 Movies

ブラッディ・ガン Quigley Down Under (1990)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アメリカ人カウボーイとオーストラリアの大牧場主のプライドを懸けた戦いを描く、主演トム・セレックアラン・リックマンローラ・サン・ジャコモ他共演、監督サイモン・ウィンサーによるアドベンチャー・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:サイモン・ウィンサー
製作
スタンリー・オトゥール

アレクサンドラ・ローズ
脚本:ジョン・ヒル
撮影:デヴィッド・エグビー
編集:ピーター・バージェス
音楽:ベイジル・ポールドゥリス

出演
マシュー・クイグリー:トム・セレック

エリオット・マーストン:アラン・リックマン
クレイジー・コーラ:ローラ・サン・ジャコモ
アシュリー=ピット少佐:クリス・ヘイウッド
ドブキン:トニー・ボナー
オフリン:ベン・メンデルソーン
スマイス:ダニエル・ボールドウィン

アメリカ/オーストラリア 映画
配給 MGM

1990年製作 119分
公開
北米:1990年10月17日
オーストラリア:1991年6月13日
日本:未公開
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $21,413,110


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
西オーストラリア州フリーマントル
アメリカ人カウボーイで狙撃の名手マシュー・クイグリー(トム・セレック)は、海を渡ってこの地に到着する。

船を降りたクイグリーは、男達に乱暴されているクレイジー・コーラ(ローラ・サン・ジャコモ)を助けて彼らを叩きのめす。

反撃されたクイグリーは、自分の名前を知った男達が雇い主のエリオット・マーストン(アラン・リックマン)の使いだと知る。

クイグリーらは、アウトバックにあるマーストン牧場に向かう。

コーラはクイグリーの世話を焼き、彼の名を”ロイ”と呼ぶ。

牧場に着いたクイグリーはマーストンに歓迎され、早速、狙撃の腕前を見せようとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
オーストラリア
アメリカ人のカウボーイで狙撃の名手マシュー・クイグリーは、大牧場主マーストンに雇われ海を渡る。
クイグリーは男達に襲われていたコーラを助けるが、彼らがマーストンの使いだと知り共に牧場に向かう。
牧場でマーストンに歓迎されたクイグリーは、早速、愛用の”シャープス銃”を使い、その射撃の腕を見せる。
ところが、マーストンが自分を雇った目的が、両親を殺したアボリジニへの迫害だと知ったクイグリーは激怒する。
叩きのめされたマーストンは、クイグリーに暴行を加え、コーラと共に荒野に置き去りにしてしまう。
しかし、”シャープス銃”を奪い返したクイグリーは、マーストンへの復讐を誓い、コーラを伴い砂漠をさ迷う・・・。
__________

西部の男が、オーストラリアでプライドを懸け人間性を追及した戦いを繰り広げる、果てしない大地に似合う長身のトム・セレックの、スケール感ある演技は見ものだ。

アメリカとは違う雰囲気の中でも、西部劇タッチの作風と、善と悪の単純明快な対決、ユーモアも交えた内容もまずまず楽しめる。

主人公が巧みに操る名銃”シャープス銃”は興味深く、アボリジニへの迫害などが大きなポイントとなる点に注目。

全体的にはまずまず楽しめる作品であるのだが、ベイジル・ポールドゥリスの楽曲は、エルマー・バーンスタインの盗作のようでよろしくない。

アメリカ男の代表のようなタフガイを熱演するトム・セレック、彼と対立する大牧場主アラン・リックマン、主人公と親交を深める辛い過去を背負う女ローラ・サン・ジャコモ、軍部隊を率いる少佐ローラ・サン・ジャコモ、牧場主の部下役トニー・ボナーベン・メンデルソーン、ダニエル・ボールドウィンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020