4297 Movies

パンチドランク・ラブ Punch-Drunk Love (2002)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

情緒不安定な青年が、トラブルに巻き込まれながらめぐり会えた女性との恋を手に入れるまでを描く、製作、監督、脚本ポール・トーマス・アンダーソン、主演アダム・サンドラーエミリー・ワトソンフィリップ・シーモア・ホフマン他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

エミリー・ワトソン / Emily Watson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ポール・トーマス・アンダーソン
製作
ポール・トーマス・アンダーソン

ダニエル・ルピ
ジョアン・セラー
脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
撮影:ロバート・エルスウィット
編集:レスリー・ジョーンズ
音楽:ジョン・ブライオン

出演
バリー・イーガン:アダム・サンドラー

リナ・レナード:エミリー・ワトソン
ディーン・トランベル:フィリップ・シーモア・ホフマン
ランス:ルイス・ガスマン
エリザベス:メアリー・リン・ライスカブ
ウォルター:ロバート・スミゲル

アメリカ 映画
配給
コロンビア・ピクチャーズ(北米)
ニュー・ライン・シネマ(世界)
2002年製作 95分
公開
北米:2002年11月1日
日本:2003年7月26日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $17,791,031
世界 $24,665,649


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
独身男性バリー・イーガン(アダム・サンドラー)は、トイレの詰まりを取る吸盤棒”ラバー・カップ”を販売する仕事をしていた。

ある日バリーは、仕事場の通りで車が横転事故を起こすのを目撃し、その後、現れた車がピアノ(ハーモニウム)を置いて走り去る。

暫くして、車の修理に現れたリナ・レナード(エミリー・ワトソン)は、修理工場が開いていないためにバリーに鍵を預ける。

その後、通りにでたバリーは、置き去りにされたピアノを見つめる。

ピアノを仕事場に運んだバリーは、現れた同僚ランス(ルイス・ガスマン)にそれを見せる。

バリーは仕事を始め、姉エリザベス(メアリー・リン・ライスカブ)からの電話を受け、夜のパーティーに必ず来るようにと言われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
独身男性バリー・イーガンは、トイレの詰まりを取る吸盤棒”ラバー・カップ”を販売していた。
ひょんなことからピアノ(ハーモニウム)を手に入たバリーは、その後、姉エリザベスの同僚リナを紹介される。
バリーは、口うるさい姉たちの影響で情緒不安定になり、現在の楽しみは、プリンを買いマイレージを手に入れどこにでも行ける権利を得ることだった。
そんなバリーは、安易な考えでテレフォン・セックスを利用してしまい、個人情報を伝えてしまったためにトラブルに巻き込まれる。
リナは、気に入ったバリーの心が不安定だと知りながらも彼を求める。
そんなリナの気持ちを理解しつつ、恋に芽生えたバリーは精神的に逞しくなり、ゆすり屋ディーンらを撃退しようと考えるのだが・・・。
__________

世界が注目する若手監督として脚光を浴びていたポール・トーマス・アンダーソンの4作目の作品。

前3作とはやや作風が違う、コメディアン、アダム・サンドラー主演のロマンス・コメディではあるが、随所でポール・トーマス・アンダーソンらしい映像感覚が楽しめる”風変り”な作品だ。

情緒不安定で気弱な主人公が、自分を思ってくれる女性の出現で、一風変わった雰囲気の中で逞しく成長していく様が興味深く描かれている。

ポール・トーマス・アンダーソンは、カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した。

ポール・トーマス・アンダーソン作品ではお馴染みの、ジョン・ブライオンの音楽がリズミカルで実に楽しい。

着実に大スターとしての地位を築いていたアダム・サンドラーは、変人気味の役柄をややクールに、そして、人間味溢れるキャラクターを怪演し、恋人役のエミリー・ワトソンは、彼の全てを受け入れようとする女性を、貫禄すら感じる演技で観客を納得させる。

ポール・トーマス・アンダーソン作品の常連、ゆすり屋役のフィリップ・シーモア・ホフマン、同じく主人公の同僚ルイス・ガスマン、主人公の姉メアリー・リン・ライスカブ、主人公の義兄ロバート・スミゲルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020