4184 Movies

クイックシルバー Quicksilver (1986)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

株取引の失敗で全財産を失った青年が、自転車メッセンジャーとなり、裏社会の悪と戦いながら新たな人生を切り開くまでを描く、ケヴィン・ベーコンジャミー・ガーツローレンス・フィッシュバーン他共演によるクライム・タッチのドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:トーマス・マイケル・ドネリー
製作
マイケル・ラックミル

ダニエル・メルニック
脚本:トーマス・マイケル・ドネリー
撮影:トーマス・デル・ルース
編集:トム・ロルフ
音楽:トニー・バンクス

出演
ジャック・ケーシー:ケヴィン・ベーコン

テリー:ジャミー・ガーツ
ヘクター・ロドリゲス:ポール・ロドリゲス
ゲイブ・カプラン:アンドリュー・スミス
ブードゥー:ローレンス・フィッシュバーン
ランド:ホイットニー・カーショー
ジプシー:ルディ・ラモス
ケーシー:ジェラルド・S・オローリン
ティニー:ロウイー・アンダーソン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1986年製作 105分
公開
北米:1986年2月14日
日本:1986年10月18日
北米興行収入 $7,634,910


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
フロアー・トレーダー(株の仲買人)のジャック・ケーシー(ケヴィン・ベーコン)は、ある朝タクシーでオフィスに向かう途中、ドライバーに自転車のメッセンジャーと競争をさせる。

事故を起こしそうになったタクシーは急停車してしまい、メッセンジャーは走り去る。

その後、証券取引所に向かったジャックは、取引で、全財産と親の預金まで失ってしまう。

それを父親(ジェラルド・S・オローリン)に伝えたジャックは、ゼロからやり直せと言われて励まされて家を出る。

しかし、家に戻ってみると、父親が絶望して涙していたために、ジャックは何も言わずにその場を立ち去る。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
若き成功者である、証券仲買人ジャック・ケーシーは、ある日の取引で全財産と親の資産まで失ってしまう。
失意のジャックは、自転車メッセンジャー会社“クイックシルバー”で働き、心機一転、慌ただしい毎日を送るようになる。
地方からやって来た女性テリーもジャックの仲間となり、同僚ヘクターらと共に仕事を始める。
そんな時、密売人ジプシーの指示を無視して、客を横取りしたブードゥーが、恨みを買って彼に轢き殺されてしまう。
それを目撃したジャックは、ジプシーに目を付けられるようになる。
やがてジプシーは、テリーに近づき仕事をさせようとするが、ジャックはそれを警戒する・・・。
__________

フットルース」(1984)でブレイクしたケヴィン・ベーコンが、2年間のブランクの後に主演した作品。

可もなく不可もなくといった感じの、それほどの話題作ではないが、若い(といっても30歳)のケヴィン・ベーコンの演技は今観ると新鮮で、なかなか楽しめる作品。

また、彼より更に若い20代半ばのローレンス・フィッシュバーンが、危ない仕事を請け負うメッセンジャー役で出演しているのも注目だ。

ハイテクに頼らないメッセンジャー達が、街を駆け抜けるスピード感、青春ドラマのようでありながら、犯罪も絡むサスペンス・タッチの展開も興味深い内容となっている。

メッセンジャー達が、密売人の悪事を許さず、仲間の命を守るために立ち上がる終盤も見所の一つだ。

地方から出てきた女性で、悪事の罠にはまりそうになるメッセンジャー、ジャミー・ガーツ、その同僚ポール・ロドリゲス、主人公の仲買人仲間アンドリュー・スミス、主人公の恋人役ホイットニー・カーショー、密売人ルディ・ラモス、主人公の父親ジェラルド・S・オローリン、主人公の同僚ロウイー・アンダーソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020