4310 Movies

PUSH Push (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

超能力者の兵器化を企む政府組織に立ち向かう、特殊能力を持つ者達の戦いを描く、監督ポール・マクギガン、主演クリス・エヴァンスダコタ・ファニングカミーラ・ベルジャイモン・フンスークリフ・カーティス他共演のSFアクション。


SF


スタッフ キャスト
監督:ポール・マクギガン
製作
ブルース・デイヴィ
ウィリアム・ヴィンス
グレン・ウィリアムソン
製作総指揮
グレッチェン・ソマーフェルド
デヴィッド・ボーラ
デイヴ・ヴァロー
エイミー・ギリアム
マイケル・オホーヴェン
スタン・ヴロドコウスキー
脚本:デヴィッド・ボーラ
撮影:ピーター・ソーヴァ
編集:ニコラ・トランバシエヴィッツ
音楽:ニール・ダヴィッジ

出演
ニック・ガント:クリス・エヴァンス
キャシー・ホームズ:ダコタ・ファニング
キラ・ハドソン:カミーラ・ベル
ヘンリー・カーヴァー:ジャイモン・フンスー
フック・ウォーターズ:クリフ・カーティス
ピンキー・ステイン:ネイト・ムーニー
ヴィクター・ブダリン:ニール・ジャクソン
エミリー・フー:ミン・ナ
ウー・チェン:ポール・カー
ガント:ジョエル・グレッチ
テレサ・ストー:マギー・シフ
ポップ・ガール:リー・シャオルー
ポップ・ボーイズ:ジャッキー・ヒョン/チー・クァンファン
ポップ・ファーザー:ハル・ヤマノウチ
オールド・ウーマン:キャンディ・ハウ
マック:コリー・ストール
ホールデン:スコット・マイケル・キャンベル

アメリカ 映画
配給 サミット・エンターテインメント
2009年製作 111分
公開
北米:2009年2月6日
日本:2009年11月7日
製作費 $38,000,000
北米興行収入 $31,811,530
世界 $48,858,620


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
10年前。
息子のニックに、いつの日か花を持った少女が現れると伝えたガント(ジョエル・グレッチ)は、その子を助けるように指示する。

ある女性に言われたと伝えたガントは、自分の話を信じることをニックに確認し、特別な才能を持つ息子を抱きしめる。

”ディビジョン”が来たと言うガントは、”ウォッチャー”の裏をかけと伝えてニックを逃がす。

そこに現れたヘンリー・カーヴァー(ジャイモン・フンスー)はガントを殺し、死体を研究所に運ぶよう指示する。

その様子をニックは目撃していた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
超能力者を集めて兵器化を企む政府の組織”ディヴィジョン”から、能力増強剤の投与に初めて耐えたキラが逃亡する。
香港、10年前にディヴィジョンのカーヴァーに父を殺された、念動力を持つ”ムーバー”のニック・ガントは、現れた未来を見ることができる”ウォッチャー”の少女キャシーと共に、スーツケースを持った女を捜すことになる。
記憶を失っていたキラは、研究所から持ち出したドラッグ/増強剤が入っているケースを奪おうとするカーヴァーや中国側に追われていた。
ドラッグの隠し場所を知るキラが、自分が捜していた恋人だと知ったニックは驚く。
キャシーやフックら超能力者の協力を得たニックは、キラを守るためにカーヴァーらに立ち向かおうとするのだが・・・。
__________

「ラッキーナンバー7」(2006)など話題作を手掛けるスコットランド人監督ポール・マクギガンの作品。

ナチス・ドイツ時代から続く超能力者の兵器化の実現を企む政府組織”ディヴィジョン”の陰謀に立ち向かう、特殊能力を持つ者達の命を懸けた戦いを描くSFアクション。

近代科学の発展と共に行われる、超能力者を利用した人体実験の恐ろしさがテーマの物語は、舞台が香港であるため、刺々しさもなく、どことなく古風な雰囲気を漂わせた戦いが繰り広げられる内容が興味深い。

若手人気スターのクリス・エヴァンスダコタ・ファニングの共演などが話題になった作品ではあるが、「X-Men」シリーズの亜流のような内容が気になる。

切れ味に欠けるポール・マクギガンの演出も平凡で評価は低く、北米興行収入は約3200万ドル、全世界では約4800万ドルという結果に終わった。

主演のクリス・エヴァンスは、念動力を持つ青年を熱演している。
見た目は良いのだが、圧倒的な能力を発揮できないヒーローであるところが何とも消化不良的だ。

未来が見える超能力少女として主人公に協力するダコタ・ファニング、主人公の恋人でもある、超能力兵器として初めて増強剤の投与に耐えるカミーラ・ベル、彼女を捜す、記憶操作能力を持つ”ディヴィジョン”のエージェント、ジャイモン・フンスー、主人公の協力者で、物の外観を変更し錯覚させる能力を持つクリフ・カーティス、超能力者の攻撃をブロックできる能力を持つネイト・ムーニー、カーヴァー(ジャイモン・フンスー)の部下で念動力を持つニール・ジャクソン、匂いで物に接触した人物を特定する能力を持つミン・ナ、記憶を消す能力を持つポール・カー、主人公の父親ジョエル・グレッチ、肉体を再構築する能力を持つマギー・シフ、未来を見る中国人のリー・シャオルー、その双子の兄で、音による振動放出攻撃ができるジャッキー・ヒョンとチー・クァンファン、同じ能力を持つその父親ハル・ヤマノウチ、スーツケースを守っていた老女キャンディ・ハウ、カーヴァーの部下コリー・ストールスコット・マイケル・キャンベルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020