4237 Movies

プリティ・ウーマン Pretty Woman (1990)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

手段を選ばない企業買収を繰り返す辣腕青年実業家が、興味本位でコール・ガールを部屋に誘ったことから愛が真実となるまでを描く、監督ゲイリー・マーシャル、主演リチャード・ギアジュリア・ロバーツラルフ・ベラミーヘクター・エリゾンド他共演のラブ・ロマンス。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ゲイリー・マーシャル
製作総指揮:ローラ・ジスキン
脚本:J・F・ロートン
撮影:チャールズ・ミンスキー
編集
ラジャ・ゴズネル

プリシラ・ネッド・フレンドリー
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
主題曲:ロイ・オービソンオー・プリティ・ウーマン

出演
リチャード・ギア:エドワード・ルイス
ジュリア・ロバーツ:ヴィヴィアン・ワード
ラルフ・ベラミー:ジェームズ・モース
ジェイソン・アレクサンダー:フィリップ・スタッキー
ローラ・サン・ジャコモ:キット・デ・ルーカ
ヘクター・エリゾンド:バーニー・トンプソン
ハンク・アザリア:刑事

アメリカ 映画
配給 タッチストーン・ピクチャーズ
1990年製作 119分 (DC 125分)
公開
北米:1990年3月23日
日本:1990年12月15日
製作費 $14,000,000
北米興行収入 $178,406,270
世界 $463,406,270


アカデミー賞 ■
第63回アカデミー賞
・ノミネート
主演女優賞(ジュリア・ロバーツ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
企業買収を繰り返す実業家エドワード・ルイス(リチャード・ギア)は、ハリウッドで催されていたパーティーで、恋人と電話で言い争い、そこを抜け出してビバリーヒルズへ向とかう。

コール・ガールのヴィヴィアン・ワード(ジュリア・ロバーツ)は、部屋代をドラッグに使ったルームメイトのキット・デ・ルーカ(ローラ・サン・ジャコモ)に足を洗うと言い出す。

弁護士フィリップ・スタッキー(ジェイソン・アレクサンダー)のロータス・エスプリの操作に手こずり、道に迷ってしまったエドワードにヴィヴィアンが近づき、10ドルで道案内を引き受ける。

ヴィヴィアンは、普段運転手のいるエドワードの酷い運転を見兼ねて、車に詳しい彼女が運転を代わる。

エドワードの宿泊先、”ビバリー・ウィルシャー・ホテル”に到着し、彼はヴィヴィアンが気になり部屋に誘う。

ゴージャスなロビーを通り、人目を気にしながら最上階のペントハウスに案内されたヴィヴィアンは驚いてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
企業買収を繰り返す実業家エドワード・ルイスは、コール・ガールのヴィヴィアン・ワードと出会う。
ヴィヴィアンに、10ドルでビバリーヒルズの道案内を頼んだエドワードは、宿泊先の”ビバリー・ウィルシャー・ホテル”に向かう。
エドワードは、ヴィヴィアンを部屋に誘い、彼女が気に入り、週末までのパートナーをすることで合意し3000ドルで手を打つ。
ヴィヴィアンは、早速、イブニングドレスを買いにロデオドライブに向かうのだが、彼女は行く先々で白い目で見られてしまう。
ショックを受けたヴィヴィアンに、ホテルの支配人トンプソンは、意外にも同情し彼女の手助けをする。
トンプソンの協力もあり、美しいレディに変身したヴィヴィアン、そして彼女との出会いにより、ビジネスで、強引な手法を使えなくなってしまったエドワード、2人には、愛という心の変化が生まれるのだが・・・。
__________

世界中で、400万枚を売り上げる大ヒットとなった、ロイ・オービソンの1964年のヒット曲”オー・プリティ・ウーマン”のメロディに乗り、新鋭ジュリア・ロバーツが、正にドラマ同様に、ハリウッドのサクセス・ストーリーを掴むきっかけになった作品で、1400万ドルの製作費ながら、全世界で約4億6300万ドルの大ヒットとなった作品。

そのジュリア・ロバーツは、受賞は逃すものの、第63回アカデミー賞で主演女優賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞では、コメディ・ミュージカル部門の主演女優賞を見事に受賞した。

筋立てや展開は、よく題材に使われるパターンのため目新しさはないが、シンデレラガールとなるジュリア・ロバーツの魅力と、物腰は柔らかいがビジネスでは冷酷なリチャード・ギアが、純真な女性の心に触れて変化する姿に、拍手喝采のロマンチック・コメディでもある。

見事に着飾ってしまうと、スーパー・モデルのようなジュリア・ロバーツだが、上流社会にはそぐわない、度々見せる、肩をすくめるぎこちない仕草など、冷や冷やさせてくれながらも心和ませてくれる、愛すべきキャラクターを好演している。

本作をきっかけにして、日本では彼の作品には”プリティ”が付けられてしまうことが多く、やや安っぽく思われるのが気の毒な、ゲイリー・マーシャルの切れ味のいい演出も光る。

歌劇”椿姫”を効果的に使った音楽はジェームズ・ニュートン・ハワードが担当した。

翌年に亡くなり、これが遺作となった名優で主人公のターゲットとなる実業家のラルフ・ベラミー、金に執着する主人公の顧問弁護士ジェイソン・アレクサンダー、ヴィヴィアン(J・バーツ)のルームメイト、ローラ・サン・ジャコモ、そして強面ではあるが、人情味のあるホテル支配人ヘクター・エリゾンドが抜群の雰囲気を醸し出し、ハンク・アザリアも刑事役として端役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020