4260 Movies

プレミアム・ラッシュ Premium Rush (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

マンハッタンの自転車メッセンジャーが、ある犯罪に巻き込まれながら仲間達と共に悪に立ち向かう姿を描く、ジョゼフ・ゴードン=レヴィットマイケル・シャノンダニア・ラミレス、監督、脚本デヴィッド・コープによるサスペンス・アクション


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・コープ
製作総指揮:マリ・ジョー・ウィンクラー
製作:ギャヴィン・ポローン
脚本
デヴィッド・コープ

ジョン・カンプス
撮影:ミッチェル・アムンドセン
編集
デレク・アンブロシ

ジル・セイヴィット
音楽:デヴィッド・サーディ

出演
ワイリー:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット

ロバート・マンデー:マイケル・シャノン
ヴァネッサ:ダニア・ラミレス
ニマ:ジェイミー・チャン
マニー:ウォエ・パークス
ラジ:アーシフ・マンドヴィ
リャン:ヘンリー・オー

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2012年製作 92分
公開
北米:2012年8月24日
日本:未公開
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $20,275,450
世界 $31,083,600


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
PM6:33、ニューヨークマンハッタン
自転車メッセンジャーのワイリー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、タクシーに衝突して道路に倒れる。
__________

PM5:00。
オフィスに戻ったワイリーは、同僚のヴァネッサ(ダニア・ラミレス)に言い寄るが相手にされない。

PM5:17。
ワイリーは、操車係のラジ(アーシフ・マンドヴィ)に、母校の”コロンビア・ロー・スクール”からチャイナタウンまでの配達を指示される。

PM5:33.
母校に着いたワイリーは、ヴァネッサのルームメイトのニマ(ジェイミー・チャン)から封筒を受け取り、7時迄に”シスター・チャン”届けるよう言われる。

出発しようとしたワイリーは、警備員だと言うボビー・マンデー(マイケル・シャノン)に呼び止められ、封筒を渡すよう言われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
マンハッタン
コロンビア・ロー・スクール”を止めて自転車メッセンジャーとして慌ただしい毎日を送る青年ワイリーは、同僚ヴァネッサのルームメイトのニマから、チャイナタウンへ封筒を届ける配達を頼まれる。
不審な男マンデーから、その封筒を渡すよう言われたワイリーは、それを無視して自転車を走らせる。
マンデーに追われたワイリーは、危険を感じ警察署に向かう。
ところが、マンデーが刑事だということが分かり、ワイリーは封筒の中身のチケットを確認して不審に思う。
マンデーは、チャイナタウンでギャンブルに負け、大金を失い脅され、5万ドルの価値のある”蛇頭”が絡むチケットを奪おうとしていたのだ。
危険を感じたワイリーは封筒を返すのだが、困惑するニマの秘密を知り・・・。
__________

ジュラシック・パーク」(1993)の脚本などで知られるデヴィッド・コープが監督した作品で、彼自身の脚本は、スピード感ある展開を刻々と伝える時間表示、フラッシュバックなどを巧みに使い、サスペンスとして楽しめる緊迫感ある映像など、まずまず興味深い作品に仕上がっている。

新感覚の肉体アクション、マンハッタンの激しい交通量の中を駆け巡る凄まじい走行映像は、まるでレースやゲームを体験しているようだ。
特撮を駆使しているとは言え、実写も含むその映像は驚きだ。

近代都市ニューヨークに、原始的な情報伝達手段がマッチし、スタイリッシュな感覚も楽しめる作品。

それにしても、わずか数十ドルのために命を懸けるメッセンジャー達が、何かにとり憑かれているように激走する姿は痛快でもある。

主人公を演ずる実力派若手スターのジョゼフ・ゴードン=レヴィットは、多くの場面でスタントを使っているのだろうが、メッセンジャーとしての身のこなしなどは見事で、役者魂を感じる。

主人公の配達する封筒を追う、ギャンブルで破滅寸前の刑事マイケル・シャノンの悪役その熱演も見ものだ。

主人公の同僚ダニア・ラミレスウォエ・パークス、子供のために大金を動かそうとするジェイミー・チャン、メッセンジャーの操車係役のアーシフ・マンドヴィ中国人のハワラヘンリー・オーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020