4545 Movies

ポルターガイスト Poltergeist (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1982年に公開された、製作、原案、脚本スティーヴン・スピルバーグによるホラー映画「ポルターガイスト」のリメイク。
呪われた新居で体験する家族の恐怖を描く、製作サム・ライミ、監督ギル・キーナン、主演サム・ロックウェルローズマリー・デウィットジャレッド・ハリス他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ギル・キーナン

製作
ロイ・リー
サム・ライミ
ロバート ・G・タパート
原案:スティーヴン・スピルバーグポルターガイスト
脚本:デヴィッド・リンゼイ=アベアー
撮影:ハビエル・アギーレサロベ
編集
ジェフ・ベタンコート
ボブ・ムラウスキー
音楽:マルク・ストライテンフェルト

出演
エリック・ボーウェン:サム・ロックウェル
エイミー・ボーウェン:ローズマリー・デウィット
ケンドラ・ボーウェン:サクソン・シャービノ
グリフィン・ボーウェン:カイル・キャトレット
マディソン・ボーウェン:ケネディ・クレメンツ
キャリガン・バーク:ジャレッド・ハリス
ブルック・パウエル博士:ジェーン・アダムス
ソフィー:スーザン・ヘイワード
ボイド:ニコラス・ブラウン
ローレン:ソーマ・バティア

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2015年製作 93分/101(特別編)
公開
北米:2015年5月22日
日本:未公開
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $47,425,130
世界 $95,437,990


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
エリック・ボーウェン(サム・ロックウェル)と妻エイミー(ローズマリー・デウィット)は、16歳の娘ケンドラ(サクソン・シャービノ)、9歳の息子グリフィン(カイル・キャトレット)、6歳の娘マディソン(ケネディ・クレメンツ)と共に購入する予定の家を見に行く。

家に着いたエリックらは、待っていた不動産業者に内部を案内されるが、何かを感じるグリフィンは今の家がいいと考える。

差し押さえ物件のために交渉次第で安くできることを知ったエリックは、エイミーの希望もあり購入を決める。

引っ越した家族は、冬でもないのに静電気を感じ、自分の部屋のクローゼットのノブに触れるマディソンから、それを見せられたグリフィンは驚き自分も試す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ポルターガイスト」(1982)
・「ポルターガイスト2」(1986)
・「ポルターガイスト3」(1988)

・「ポルターガイスト」(2015)

*(簡略ストー リー)
エリック・ボーウェンと妻エイミーは、三人の子供達と共に売りに出ていた格安の家を見に行き購入を決める。
引っ越したエリックらは、静電気などの異変に気づきながら暮らし始める。
ところが、息子のグリフィンは現れたピエロの人形や庭の木に怯え、娘のマディソンはテレビと会話をする。
異変を気にしながら食事会に向かったエリックとエイミーは、かつて家が建っていた場所が墓地だったことを知らされる。
その間、三人の子供達は霊に襲われ、マディソンが姿を消してしまう。
エリックとエイミーは、マディソンを救うために、超常現象の専門家であるパウエルに協力を求めるのだが・・・。
__________

前シリーズから27年振りに製作されたリメイク作品で、第一作の内容をほぼ継承している。

約30年経った技術の進歩を考えると、もう少し映像的に見応えある作品を期待したのだが、やや物足りない。

逆に言えば、1980年代の技術であれだけの映像で製作された前シリーズは、内容的にも高く評価されただけあり、衝撃的だもあった。

物語のキー・パーソンとなる霊に狙われる少女他、登場人物のキャラクターに、前作のようなインパクトがないことも気になる。

北米興行収入は約4700万ドルで、全世界では約9500万ドルのまずまずの結果となった。

失業中ということもあり、将来に不安を抱えながら、家族の危機を乗り越えようとするサム・ロックウェル、彼を支える妻ローズマリー・デウィット、長女サクソン・シャービノ、長男カイル・キャトレット、次女ケネディ・クレメンツ、家族を救うオカルトの専門家ジャレッド・ハリス、かつて彼と恋愛関係にあった、超常現象の専門家ジェーン・アダムス、その助手スーザン・ヘイワードニコラス・ブラウンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021