4451 Movies

ポリスアカデミー7 Police Academy: Mission to Moscow (1994)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

人気コメディ・シリーズ第7作(最終作)。
モスクワのマフィアを捕えるために協力を求められたラサール校長と教え子達らが巻き起こす騒動を描く、監督アラン・メッター、出演ジョージ・ゲインズデヴィッド・グラフマイケル・ウィンスロークレア・フォーラニ他共演の爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:アラン・メッター

製作:ポール・マスランスキー
脚本
ランドルフ・デイヴィス
ミシェル・コドス
撮影:イアン・ジョーンズ
編集
デニス・ヒル
スザンヌ・ヘインズ
音楽:ロバート・フォーク

出演
エリック・ラサール校長:ジョージ・ゲインズ
ラーヴェル・ジョーンズ:マイケル・ウィンスロー
ユージン・タックルベリー:デヴィッド・グラフ
デビー・キャラハン警部:レスリー・イースターブルック
サデウス・ハリス警部:G・W・ベイリー
アレクサンドル・ニコラエフ・ラコフ警察長官:クリストファー・リー
コンスタンチン・コナリ:ロン・パールマン
カトリーナ:クレア・フォーラニ
カイル・コナーズ:チャーリー・シュラッター
ユーリ・タリンスキー:グレッグ・バーガー
アダム:リチャード・イズラエル

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1994年製作 83分
公開
北米:1994年8月26日
日本:1994年7月30日
製作費 $6,200,000
北米興行収入 $126,250


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
世界を席巻しているゲームが話題となり、ロシアのマフィアのボス、コンスタンチン・コナリ(ロン・パールマン)が販売していると噂されていた。

コナリに手を焼いていた警察長官アレクサンドル・ニコラエフ・ラコフ(クリストファー・リー)は、エリツィン大統領から対策を考えるよう命ぜられる。

ラコフは、国際会議で顔を合わせていた、アメリカのエリック・ラサール校長(ジョージ・ゲインズ)に協力を求める。

警察学校の訓練生であるカイル・コナーズ(チャーリー・シュラッター)は、モスクワの出張捜査に優秀な訓練生が参加することを知り、自分を登録してしまう。

ラサールは教え子のラーヴェル・ジョーンズ(マイケル・ウィンスロー)とユージン・タックルベリー(デヴィッド・グラフ)そしてデビー・キャラハン警部(レスリー・イースターブルック)を呼び、モスクワからの捜査協力要請を伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ポリスアカデミー」(1984)
・「ポリスアカデミー2」(1985)
・「ポリスアカデミー3」(1986)
・「ポリスアカデミー4」(1987)
・「ポリスアカデミー5」(1988)
・「ポリスアカデミー6」(1989)
・「ポリスアカデミー7」(1994)

*(簡略ストー リー)
世界中で爆発的に売れているゲームを販売しているのが、ロシアのマフィア、コナリだと噂され、犯罪が絡む彼の捜査に梃子摺っていたモスクワの警察長官ラコフは、アメリカのラサール校長に協力を求める。
快くそれを引き受けたラサールは、教え子のジョーンズとタックルベリー、キャラハン警部と訓練生のコナーズ、そしてハリス警部と共にモスクワに向かう。
現地でラコフに歓迎されたラサールだったが、葬儀の車に乗ってしまい姿を消す。
地元警察のタリンスキーはそれに気づき、ラサールが部屋に閉じ篭っていることにして彼を捜す。
一方、ジョーンズらは、ラサールがいないまま、通訳のカトリーナと共にコナリが企む計画を暴こうとするのだが・・・。
__________

1984年から毎年公開されていたシリーズの、第6作前作から5年振りに製作された作品で、遂に最終作となってしまったと言うか、余りの出来の悪さに打ち切られたと考えた方がいいような内容だ。

脚本は最悪、シリーズの他の作品と同じ人物が演じているのかと疑ってしまうような場面もある、役者の演技も素人のようで、シラケるギャグも殆ど笑えない

元々、それほど濃い内容ではないが、完全な三流コメディとしか言いようがない、批評家、観客からも酷評されてしまった作品。

赤の広場などで実際に行われたロケ、クリストファー・リーロン・パールマンなど魅力的なキャスティングは注目で、特にデビュー二作目のクレア・フォーラニの魅力と美しさは印象に残る。

ロシア側から協力を要請されるものの、全く役に立たない役柄と思いきや、クライマックスで見事に事件を解決してしまうジョージ・ゲインズ、その教え子で、ロシアの犯罪組織壊滅に奮闘するデヴィッド・グラフマイケル・ウィンスローレスリー・イースターブルック、ドジな行動を繰り返す警部G・W・ベイリーモスクワの警察長官クリストファー・リーロシアのマフィアのボス、ロン・パールマンロシア側の通訳クレア・フォーラニ、訓練生でモスクワ出張に同行するチャーリー・シュラッターロシア側の警部補グレッグ・バーガーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021