4551 Movies

ポリスアカデミー5 Police Academy 5: Assignment Miami Beach (1988)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人気コメディ・シリーズ第5作。
引退間近のラサール校長が表彰されることになり、教え子と共に向かったマイアミで巻き起こる騒動を描く、監督アラン・マイヤーソン、出演ババ・スミスデヴィッド・グラフマイケル・ウィンスロージョージ・ゲインズ他共演の爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:アラン・マイヤーソン

製作:ポール・マスランスキー
脚本:ステファン・J・カーウィック
撮影:ジェームズ・パーゴラ
編集:ヒューバート・デ・ラ・ブーイレリ
音楽:ロバート・フォーク

出演
モーゼス・ハイタワー:ババ・スミス
ユージン・タックルベリー:デヴィッド・グラフ
ラーヴェル・ジョーンズ:マイケル・ウィンスロー
デビー・キャラハン警部補:レスリー・イースターブルック
トーマス”ハウス”コンクリン:タブ・サッカー
ラヴァーン・フックス:マリオン・ラムジー
ケイト:ジャネット・ジョーンズ
ニック・ラサール:マット・マッコイ
サデウス・ハリス警部:G・W・ベイリー
プロクター警部補:ランス・キンジー
エリック・ラサール校長:ジョージ・ゲインズ
ヘンリー・J・ハースト本部長:ジョージ・R・ロバートソン
マイアミ市長:ジェームズ・ハンプトン
トニー:ルネ・オーベルジョノワ
マウス:アーチー・ハーン
シュガー:ジェリー・ラザラス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1988年製作 90分
公開
北米:1988年3月18日
日本:1988年7月9日
北米興行収入 $19,449,530


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ある夜、サデウス・ハリス警部(G・W・ベイリー)とプロクター警部補(ランス・キンジー)は、ヘンリー・J・ハースト本部長(ジョージ・R・ロバートソン)のオフィスに侵入する。

憎きエリック・ラサール校長(ジョージ・ゲインズ)の資料を調べたハリスは、彼を陥れる材料を見つけようとする。

ラサールが去年、定年の年令に達していることに気づいたハリスは、それを人事部に知らせようとする。

そんなことも知らないラサールは、卒業式で長年の功績をハーストに称えられ、マイアミで開かれる全米警察署長大会で表彰されることを出席者に伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ポリスアカデミー」(1984)
・「ポリスアカデミー2」(1985)
・「ポリスアカデミー3」(1986)
・「ポリスアカデミー4」(1987)
・「ポリスアカデミー5」(1988)
・「ポリスアカデミー6」(1989)
・「ポリスアカデミー7」(1994)

*(簡略ストー リー)
エリック・ラサール校長が定年の年令に達していたことを知った彼を恨むハリス警部は、校長の後任に任命される方法を考える。
ハースト本部長から、マイアミで開かれる全米警察署長大会で表彰されることを知らされたラサールは光栄に思う。
しかし、同時に今季限りの退任も知らされたラサールはショックを受ける。
ハイタワーやタックルベリーら教え子に慰められたラサールは気を取り戻し、彼らと共にマイアミに出発する。
ハリスもそれに同行してラサールの表彰を祝い、ハーストに自分をアピールしようとする。
意気揚々と現地に着いたラサールは、ダイヤ強盗のバッグを間違えて持ち去ってしまい、事件に巻き込まれてしまう・・・。
__________

シリーズの顔でもあったスティーヴ・グッテンバーグが降板してやや寂しいかと思いきや、それをカバーする新キャラクターも登場して楽しめる作品には仕上がっている。

主演が特定できない中で、しいて言えば、シリーズ中、最も登場場面が多い、大活躍するラサール校長役のジョージ・ゲインズが主人公と言える内容が実にいい。

愛すべきキャラクターのラサール校長を中心とした物語がほのぼのと描かれ、彼を慕う教え子達の恩師への思いが伝わる展開はファンの心を捉える。

物語の内容自体にそれほど面白味はないが、舞台をマイアミに移すことでシリーズに変化を与え、第三作以降でお馴染となった、クライマックスの派手なアクションも楽しめる。

恩師の危機を救うために奮闘し、ラストでは警部補に昇進するババ・スミス、同僚のデヴィッド・グラフマイケル・ウィンスローマリオン・ラムジータブ・サッカー、教官のレスリー・イースターブルック、この年にウェイン・グレツキーと結婚する、美しさ際立つマイアミの警官ジャネット・ジョーンズ、彼女と惹かれ合うラサール校長(ジョージ・ゲインズ)の甥で警官のマット・マッコイ、校長の後任を狙う警部G・W・ベイリーとドジな部下ランス・キンジー、本部長ジョージ・R・ロバートソンマイアミ市長ジェームズ・ハンプトン、ダイヤ強盗のリーダー、ルネ・オーベルジョノワ、その手下アーチー・ハーンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021