4238 Movies

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト Pirates of the Caribbean: Dead Man’s Chest (2006)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大ヒットした、アクション・アドベンチャー大作「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」(2003)の続編。
監督ゴア・ヴァービンスキー、主演ジョニー・デップオーランド・ブルームキーラ・ナイトレイビル・ナイトム・ホランダーステラン・スカルスガルドジョナサン・プライスジェフリー・ラッシュ他共演。


アクション/アドベンチャー

ジョニー・デップ / Johnny Depp 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ゴア・ヴァービンスキー
製作総指揮
マイク・ステンソン

チャド・オーマン
エリック・マクロード
製作:ジェリー・ブラッカイマー
キャラクター原案
スチュアート・ビーティー

ジェイ・ウォルパート
テッド・エリオット
テリー・ロッシオ
脚本
テッド・エリオット

テリー・ロッシオ
撮影:ダリウス・ウォルスキー
編集
クレイグ・ウッド

スティーヴン・E・リフキン
美術・装置
リック・ハインリクス

シェリル・カラシク
音楽
ハンス・ジマー

クラウス・バデルト

出演
キャプテン・ジャック・スパロウ:ジョニー・デップ

ウィリアム・ターナー・ジュニア:オーランド・ブルーム
エリザベス・スワン:キーラ・ナイトレイ
デイヴィ・ジョーンズ:ビル・ナイ
カトラー・ベケット卿:トム・ホランダー
ビル・ターナー:ステラン・スカルスガルド
ジェームズ・ノリントン:ジャック・ダヴェンポート
ウェザビー・スワン:ジョナサン・プライス
ジョシャミー・ギブス航海士:ケヴィン・マクナリー
ティア・ダルマ:ナオミ・ハリス
ピンテル:リー・アレンバーグ
ラゲッティ:マッケンジー・クルック
コットン:デイヴィッド・ベイリー
マーティ:マーティン・クレッバ
マーサー:デイヴィッド・スコフィールド
キャプテン・バルボッサ:ジェフリー・ラッシュ

アメリカ 映画
配給
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

2006年製作 150分
公開
北米:2006年7月7日
日本:2006年7月22日
製作費 $225,000,000
北米興行収入 $423,032,630
世界 $1,066,179,730


アカデミー賞 ■
第79回アカデミー賞
・受賞
視覚効果賞
・ノミネート
録音・音響編集・美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ジャマイカポート・ロイヤル
結婚式を控えたウィリアム”ウィル”ターナー(オーランド・ブルーム)とエリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)は、”東インド貿易会社”のカトラー・ベケット卿(トム・ホランダー)に拘束されてしまう。

キャプテン・ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)は、悪霊デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)の、烙印の呪いから逃れるために、ある”鍵”を探しに”ブラックパール”で航海に出る。

ベケットは、絞首刑になることが決まったウィルを呼び出して、彼らが逃がしたジャックの持つ、”欲する物がある所を指すコンパス”を奪う条件で、ウィルを解放する。

ある夜、ジャックの前に、ジョーンズの使者としてウィルの父ビル・ターナー(ステラン・スカルスガルド)が現れる。

ジャックが、ブラックパールと交換することで交わしていた、”フライング・ダッチマン”で100年もの間、働き続けるというジョーンズとの契約が迫り、ターナーは、海底から怪物クラーケンが放たれたことを伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」(2003)
・「
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」(2006)
・「
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」(2007)
・「
パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」(2011)

*(簡略ストー リー)
結婚目前のウィルとエリザベスは、東インド貿易会社のベケット卿に拘束され、絞首刑が決まる。
ベケットは、ジャック・スパロウが持つ”欲する物の方向を指すコンパス”を手に入れることを条件にウィルを解放する。
その頃ジャックは、悪霊デイヴィ・ジョーンズの呪いから逃れるために、ある”鍵”を探そうとしていた。
それを、ジョーンズ自身が持っていることを知ったジャックは、合流したウィルと共に航海を続ける。
その”鍵”が、ジョーンズの心臓を入れてある、”デッドマンズ・チェスト”を開ける鍵だと知ったジャックらは幽霊船を探す。
単独で幽霊船に向かったウィルはジョーンズに捕らえられ、ジャックは逃亡したエリザベスや因縁のあるノリントン提督と出くわす。
そしてジャックらは、”デッドマンズ・チェスト”のある、”十字架島”を目指すのだが・・・。
__________

前作の大ヒットを受けて、製作費に2倍近い2億2500万ドルをかけた超大作で、人気は更に上がり、北米で約4億2300万ドルの興行収入を記録し、全世界では10億ドルを突破する脅威の大ヒットとなった。

第79回アカデミー賞では、視覚効果賞を受賞し、録音、音響編集、美術賞にノミネートされた。

スタッフ・キャストは、前作からほぼ引き継がれ、製作費と共にパワーアップし工夫を凝らした、迫力ある映像が存分に楽しめる娯楽大作に仕上がっている。

機械的に作られた場面も多い中で、シリーズの特徴である、美しいカリブ海の映像他も見所の一つだ。

主人公ジャック・スパロウに偏り過ぎていない人物描写と、その個性溢れる登場人物それぞれが存在感を発揮している。

特に、ドラマのキーマン、デイヴィ・ジョーンズを演ずるビル・ナイは、CG映像を駆使し、全く素顔が見えない役柄を、名優らしく見事に演じている。

次回作に期待を持たせる、中継ぎ的な作りではあるが、もちろん手抜きはなく、単独作品として観ても十分に楽しめる。

相変わらず、茶目っ気ある愛すべきキャラクターのジョニー・デップ、見かけよりも遥かに勇敢で逞しいオーランド・ブルーム、その婚約者であり、男勝りの活躍を見せるキーラ・ナイトレイ、海底の悪霊D・ジョーンズのビル・ナイ、彼に労働を課せられるステラン・スカルスガルド東インド貿易会社の使者トム・ホランダー、落ちぶれた提督で復権を狙うジャック・ダヴェンポート、総督ジョナサン・プライス、ジャックの部下の航海士ケヴィン・マクナリー、占い師のナオミ・ハリス、船員リー・アレンバーグマッケンジー・クルック、そして、ラストのみの出演ジェフリー・ラッシュも共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020