4297 Movies

バトル オブ シリコンバレー Pirates of Silicon Valley (1999)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アップル”の創業者スティーブ・ジョブズと”マイクロソフト”創業者ビル・ゲイツの、起業時代から出会いや対立などを描く、主演ノア・ワイリーアンソニー・マイケル・ホールジョーイ・スロトニック他共演、監督、脚本マーティン・バークによるドキュメンタリー・タッチのドラマ。


・海外TVドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:マーティン・バーク
製作総指揮
スティーヴン・ハフト
ニック・ロンバルド
製作:リアンヌ・ムーア

原作
ポール・フレイバーガー
マイケル・スウェイン
”Fire in the Valley”
脚本:マーティン・バーク

撮影:オウサマ・ラーウィ
編集:リチャード・ハルゼイ
音楽:フランク・フィッツパトリック

出演
スティーブ・ジョブズノア・ワイリー

ビル・ゲイツアンソニー・マイケル・ホール
スティーブ・ウォズニアックジョーイ・スロトニック
スティーブ・バルマージョン・ディマジオ
ポール・アレンジュッシュ・ホプキンス
アーリーン:ジェマ・ザンプローニャ
ジョン・ギルモアボディ・エルフマン
マイク・マクーラジェフリー・ノードリング
ジョン・スカリーアラン・ロイヤル
リドリー・スコットJ・G・ハーズラー

アメリカ 映画
配給 ターナー・ネットワーク・テレビジョン

1999年製作 95分
放映
北米:1999年6月20日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1984年。
第18回スーパーボウル”放送中に流される”Macintosh”のコマーシャル撮影に立ち会った、”アップル”のCEOスティーブ・ジョブズ(ノア・ワイリー)は、撮影を担当する映画監督リドリー・スコット(J・G・ハーズラー)に、妥協を許さないことを伝え、完璧な映像を求める。

1997年、ボストン
ジョブズが、犬猿の仲だったマイクロソフトビル・ゲイツ(アンソニー・マイケル・ホール)に語りかける姿に、誰もが目を疑った。
__________

1971年、バークレー
意気投合して、行動を共にしていたジョブズスティーブ・ウォズニアック(ジョーイ・スロトニック)は、不正に無料で長距離電話がかけられる”ブルー・ボックス”を、独自で作り売りさばく。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
一風変わった青年のスティーブ・ジョブズと、エンジニアを目指すスティーブ・ウォズニアックは意気投合し、独自に個人用コンピューターを作ろうとする。
自宅のガレージでビジネスを始めた二人は、社名を”アップル”と名付け、その噂を聞いて現れたマイク・マクーラから投資を得られることになる。
その頃、ハーバード大学の学生ビル・ゲイツは、友人のスティーブ・バルマーポール・アレンと共に、世界初の個人向けコンピューター”アルテア8800”を手に入れ、言語を書きライセンス料を手に入れることに成功する。
その後、”マイクロソフト”を立ち上げていたゲイツは、”アップル”の存在を知り、快進撃を始めた彼らに対抗すべく、世界企業”IBM”に乗り込む。
Apple II”の成功を見ていた”IBM”に、OS”DOS”を売り込むゲイツはだったが、実は彼らはその時点でOSを開発していなかった。
他社のOSを買い取り、それを改修してついに大成功を収めたゲイツだったが、”アップル”の開発した”Lisa”に衝撃を受け、ジョブズの元に向かう・・・。
__________

言わずと知れた、世界を席巻したスティーブ・ジョブズビル・ゲイツ、そして両者が創業した”アップル”と”マイクロソフト”の成功秘話を描く物語。

内容は、”アップル”や”マイクロソフト”信者にとっては、時代考証や製品開発の点で、疑問に思うこともあるだろうが、テレビ用のドラマにしては、上出来といって言い仕上がりとなっている。

ドラマはスティーブ・ジョブズが”アップル”に復帰したところで終わるのだが、その後に仕掛けるジョブズの新戦略を思うと、解任以前の功績を上回る独創性と、てつもない感性を兼ね備えた、人類史上でも稀と言っていい彼の才能を実感できる。

そんなところが、通信会社の好き嫌いはともかく、自分自身”iPhone”を手放せない理由だろう。

リドリー・スコットが担当した、”第18回スーパーボウル”の中継で流される、”Macintosh”の”歴史的CM”で始まるオープニングなども、ファンには嬉しい演出となっている。

また、懐かしいマシーンの数々も実に興味深く、その歴史と共に、主人公達の、世界を動かそうとする情熱がよく伝わってくる。

現代に生まれた、古代の征服王のような存在、スティーブ・ジョブズを好演するノア・ワイリー、ただのオタク青年のようではあるのだが、ビル・ゲイツを前者以上の熱演で演ずるアンソニー・マイケル・ホールスティーブ・ウォズニアックジョーイ・スロトニックスティーブ・バルマージョン・ディマジオポール・アレンジュッシュ・ホプキンスジョブズの恋人ジェマ・ザンプローニャマイク・マクーラジェフリー・ノードリングジョン・スカリーアラン・ロイヤルリドリー・スコット役のJ・G・ハーズラージョン・ギルモア役のボディ・エルフマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020