That's Movie Talk!     4099 Movies

ピラニア3D Piranha 3D (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1978年のパニック映画「ピラニア」のリメイク。
美しい湖に集う若者や住民を襲う、復活した太古の殺人魚の恐怖を描く、エリザベス・シューアダム・スコットジェリー・オコンネルヴィング・レイムスクリストファー・ロイドリチャード・ドレイファス共演のホラー・ムービー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:アレクサンドル・アジャ
製作総指揮
ライアン・カヴァノー
チャコ・ヴァン・リューウェン
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
製作
アレクサンドル・アジャ
マーク・キャントン
原案:ジョン・サイラス
脚本
ピーター・ゴールドフィンガー
ジョシュ・ストールバーグ
撮影:ジョン・R・レオネッティ
編集:バクスター
音楽:マイケル・ワンドマッチャー

出演
ジュリー・フォレスター保安官:エリザベス・シュー
ノヴァク・ラドジンスキー:アダム・スコット
デリック・ジョーンズ:ジェリー・オコンネル
ファロン:ヴィング・レイムス
ケリー・ドリスコル:ジェシカ・ゾア
ジェイク・フォレスター:スティーブン・R・マックイーン
ダニエル”ダニー”アルスロウ:ケリー・ブルック
ローラ・フォレスター:ブルックリン・プルー
ゼイン・フォレスター:セイジ・ライアン
MC:イーライ・ロス
カール・グッドマン:クリストファー・ロイド
マシュー”マット”ボイド:リチャード・ドレイファス
クリスタル・シェパード:ライリー・スティール
トッド・デュプリー:コーディー・ロンゴ
ブレット:ブライアン・クーバッハ
グッドマン夫人:デブラ・コーウィン
サミュエル”サム”モンテス:リカルド・チャヴィラ
ポーラ・モンテラーノ:ディナ・メイヤー

アメリカ 映画
配給 ディメンション・フィルムズ
2010年製作 88分
公開
北米:2010年8月20日
日本:2011年8月27日
製作費 $24,000,000
北米興行収入 $25,001,530
世界 $83,188,170


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アリゾナ州、ヴィクトリア湖。
釣を楽しんでいたマシュー”マット”ボイド(リチャード・ドレイファス)は、地震の直後に水中に投げ出され、湖底の地割れから現われたピラニアに襲われて命を落とす。

春のフェスタ”スプリング・ブレイク”で賑わう湖は若者で溢れていた。

地元の保安官ジュリー・フォレスター保安官(エリザベス・シュー)の息子で、高校生のジェイク(スティーブン・R・マックイーン)は、妹のローラ(ブルックリン・プルー)や弟ゼイン(セイジ・ライアン)の面倒を見ていた。

そんなジェイクは、ポルノ映画監督のデリック・ジョーンズ(ジェリー・オコンネル)に声をかけられ、バイトに誘われる。

保安官補ファロン(ヴィング・レイムス)から、マットの行方が分からないとの連絡を受けたジュリーは、岸辺にたどり着いていた彼のボートを調べようとする。

そして、無残なマットの死体を発見し、ジュリーは、稼ぎ時に湖を閉鎖するかを検討しなければならない辛い立場に立たされる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
アリゾナ州、ヴィクトリア湖。
スプリング・フェスタで賑わう湖で、地元住人のマットが、釣りを楽しんでいる最中に消息を絶つ。
地震による、湖底の地割れから現われた肉食魚ピラニアに襲われたのだった。
保安官ジュリー・フォレスターは、事件の報告を受け、保安官補ファレルらと共に警戒する
が、町としては稼ぎ時のため、湖を閉鎖するか厳しい選択を迫られる。
そんな時、ジュリーの息子ジェイクが、ポルノ映画監督デリックに誘われて、妹達のお守りもせずにバイトに向かってしまう。
ジュリーは、地震学者のノヴァクらと共に、湖の調査を始めるが、地割れで助手がピラニアに襲われて犠牲になる。
そのピラニアを、海洋生物学者グッドマンに見せたジェリーとノヴァクは、それが、太古の昔に生息していた凶暴な殺人肉食魚だと知る。
そして、湖に向かったジェイクらや人々に大量のピラニアが迫る・・・。
__________

1978年版「ピラニア」のリメイクということなのだが、前作の内容とそれほど関連性もない。
3D作品でもあり、本作単独で楽しめる仕上がりになっている。

しかし、かなり過激な残虐で、お色気シーンも多く、品格を求めるの作品ではないが、小さな子供が登場するのに、よくもここまでえげつない内容にしたものだと、顔をしかめてしまう場面もある。

カルト・ホラー的に観ていればそれほどでもないが、一応、”才女”エリザベス・シューが主演する作品でもあり、魅力的なキャスティングも、あまり生かされていないところなどは残念だ。

前作は「ジョーズ」(1975)の亜流だったのだが、B級的な作風に、かなりユーモラスに描かれているのに対し、時代の流れか、映像的にかなり刺激的なシーンの連続だ。

オープニングであっさりピラニアの餌食になる、釣り人のリチャード・ドレイファスが、「ジョーズ」の時と同じコスチュームで登場するのと、やはり科学者が似合う、ベテランのクリストファー・ロイドの出演も嬉しい。

ピラニアに対抗すべく奮闘する保安官エリザベス・シュー、驚きの結末を迎える地震学者アダム・スコット、ポルノ映画の監督ジェリー・オコンネル、保安官補ヴィング・レイムス、全体的には似ていないのだが、口元が祖父スティーヴ・マックィーンの面影がある、保安官の息子スティーブン・R・マックイーン、その妹ブルックリン・プルー、弟セイジ・ライアン、彼が心を寄せる女友達ジェシカ・ゾア、Tシャツコンテストの司会役イーライ・ロス、映画のモデル、ケリー・ブルックライリー・スティールなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up