4216 Movies

フィラデルフィア Philadelphia (1993)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

同性愛者であるAIDS患者の弁護士が、ライバル弁護士の協力を得て偏見と闘う姿を描く、製作、監督ジョナサン・デミ、主演トム・ハンクスデンゼル・ワシントンジェイソン・ロバーズメアリー・スティーンバーゲンアントニオ・バンデラスジョアン・ウッドワード他共演のドラマ。


ドラマ

トム・ハンクス / Tom Hanks 作品一覧
デンゼル・ワシントン / Denzel Washington 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ジョナサン・デミ
製作総指揮
ゲイリー・ゴーツマン

ケネス・ウット
ロン・ボズマン
製作
エドワード・サクソン

ジョナサン・デミ
脚本:ロン・ナイスワーナー
撮影:タク・フジモト
編集:クレイグ・マッケイ
音楽:ハワード・ショア
主題歌:ブルース・スプリングスティーンStreets of Philadelphia

出演
アンドリュー・ベケット:トム・ハンクス
ジョー・ミラー:デンゼル・ワシントン
チャールズ・ウィーラー:ジェイソン・ロバーズ
ベリンダ・コーニン:メアリー・スティーンバーゲン
ミゲール・アルヴァレス:アントニオ・バンデラス
サラ・ベケット:ジョアン・ウッドワード
ボブ・サイドマン:ロン・ボーター
ウォルター・ケントン:ロバート・リッジリー
ガーネット判事:チャールズ・ネイピア
ジェミー・コリンズ:ブラッドリー・ウィットフォード
リサ・ミラー:リサ・サマーラー
レアド:ロジャー・コーマン
アンシア・バートン:アンナ・ディーヴァー・スミス
陪審長:ダニエル・フォン・バーゲン
図書館員:トレーシー・ウォルター

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ

1993年製作 125分
公開
北米:1993年12月24日
日本:1994年4月
製作費 $26,000,000
北米興行収入 $77,446,440
世界 $206,678,440


アカデミー賞 ■
第66回アカデミー賞
・受賞
主演男優(トム・ハンクス)
歌曲賞”Streets of Philadelphia
(ブルース・スプリングスティーン)
・ノミネート
脚本
歌曲”Philadelphia”(ニール・ヤング)
メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
フィラデルフィア
名門法律事務所の弁護士アンドリュー・ベケット(トム・ハンクス)は、社長チャールズ・ウィーラー(ジェイソン・ロバーズ)に呼び出され、新たな訴訟を担当すると同時に上級弁護士に昇進する。

9日後。
血液検査を受けていたベケットは、顔面のあざを気にし始めて体調不良を起こす。

それを知った、ベケットのパートナーのミゲール・アルヴァレス(アントニオ・バンデラス)は、病院に駆けつけて彼に付き添う。

1ヵ月後。
ベケットのライバルの弁護士ジョー・ミラー(デンゼル・ワシントン)は、妻リサ(リサ・サマーラー)の出産に立会い、同僚達から祝福されていた。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
エリート弁護士のアンドリュー・ベケットは、弁護士事務所の明らかな工作により、不当解雇されてしまう。
同性愛者のベケットは、AIDSを理由に自分が排除されたと判断し、ライバルの弁護士ミラーに弁護を依頼する。
AIDSには無関心で、同性愛者にも偏見に近い考えを持っていたミラーは、それをためらう。
しかしミラーは、衰弱する体で必死に生きようとするベケットや、彼を温かく見守る家族、そしてあからさまに弱者に浴びせる偏見の視線などを見て、弁護を引き受けることを決める。
訴えられた事務所側は、社長ウィーラーを先頭にして、ベケットを無能な故に解雇したのであり、AIDSや偏見が理由ではないことを主張する。
両者の闘いは、世論も巻き込み大きな問題となるが、ベケットの体力は限界に達してしまう・・・。
__________

アメリカのみならず、世界の社会問題でもある同性愛者やAIDS患者への偏見に立ち向かう、二人の弁護士の闘いを描いたヒューマン・ドラマ。

二人の勇気を中心に描く中で、主人公を見守る家族や周囲の温かい視線や心が、大袈裟なように見えて違和感なく感じるところがいかにもアメリカ映画らしい。

ジョナサン・デミの演出はやや平凡のようにも思えるが、AIDSが大きな社会問題として重要視され始めていた時代に、衝撃を与えるほどの影響力があった作品を作り上げたという功績は大きい。

意外にもアメリカ国内ではそれほどのヒットにはならず、興行成績は約7700万ドルに終わるものの、全世界トータルでは2億ドルを超すヒットとなった。

第66回アカデミー賞では、主演男優賞(トム・ハンクス)、ブルース・スプリングスティーンが歌う主題歌”Streets of Philadelphia”で歌曲賞を受賞した。
・ノミネート
脚本
歌曲”Philadelphia”
(ニール・ヤング)
メイクアップ賞

コメディアンから、シリアスな役柄をこなす役者に転向しつつあった主演のトム・ハンクスの、体を張った迫真の演技は絶賛され、ついに念願のオスカーを受賞することになる。
得意のトークは極力抑え、メイクによる痛々しい患者の表情だけで訴える無言の表現力に、彼の役者としての実力を見た。

主人公が物静かだったため、対照的な奔放な弁護士デンゼル・ワシントンの存在の方がインパクトが強い。
若手実力派スタートしてキャリアを積んでいた彼の周囲を圧倒する雰囲気や自然な演技は、いつみても素晴らしい。

法律事務所社長である貫禄の大ベテラン、ジェイソン・ロバーズ、その主任弁護士メアリー・スティーンバーゲン、主人公のパートナー役のアントニオ・バンデラス、母親のジョアン・ウッドワード、同僚ブラッドリー・ウィットフォードロバート・リッジリーロン・ボーターアンナ・ディーヴァー・スミス、クライアントのロジャー・コーマン、判事チャールズ・ネイピア、ミラー(D・ワシントン)の妻役のリサ・サマーラー、陪審長ダニエル・フォン・バーゲン、図書館員のトレーシー・ウォルターなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020