4214 Movies

12モンキーズ 12 Monkeys (1995)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1962年に公開された、フランス人監督クリス・マルケルの短編ファンタジー映画「ラ・ジュテ」を基に製作された作品。
人類滅亡の危機を救う任務を命ぜられた終身犯の活躍を描く、監督テリー・ギリアム、主演ブルース・ウィリスマデリーン・ストウブラッド・ピットクリストファー・プラマーデヴィッド・モース他共演のSFサスペンス。


SF

ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧
ブラッド・ピット / Brad Pitt 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:テリー・ギリアム
製作総指揮
ロバート・コスバーグ

ロバート・カヴァロ
ゲイリー・レヴィンソン
製作:チャールズ・ローヴェン
原案:クリス・マルケルラ・ジュテ
脚本
デヴィッド・ピープルズ

ジャネット・ピープルズ
撮影:ロジャー・プラット
衣装デザイン:ジュリー・ウェイズ
編集:ミック・オーズレー
音楽:ポール・バックマスター

出演
ジェームズ・コール:ブルース・ウィリス

キャサリン・ライリー:マデリーン・ストウ
ジェフリー・ゴインズ:ブラッド・ピット
ゴインズ博士:クリストファー・プラマー
ピータース博士:デヴィッド・モース
フレッチャー医師:フランク・ゴーシン
ホセ:ジョン・セダ
ハルプリン警部補:クリストファー・メローニ
植物学者:H・マイケル・ウォールズ
地質学者:ボブ・エイドリアン
動物学者:サイモン・ジョーンズ
ジョーンズ/天体物理学者:キャロル・フローレンス

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1995年製作 129分
公開
北米:1995年12月29日
日本:1996年6月29日
製作費 $29,000,000
北米興行収入 $56,882,000
世界 $157,900,000


アカデミー賞 ■
第68回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優賞(ブラッド・ピット)
衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
20世紀末に発生したウィルスで、人類の殆どは死滅し、生き残った者は地下生活を余儀なくされた。

21世紀初頭。
終身犯ジェームズ・コール(ブルース・ウィリス)は、減刑されるという条件で、ある任務を強要される。

1990年4月、ボルチモア
過去に送られたコールは、精神科医のキャサリン・ライリー(マデリーン・ストウ)に面会した後に、精神病院に送られる。

コールは、患者のジェフリー・ゴインズ(ブラッド・ピット)を紹介され、彼から病院内の様子の説明を受ける。

その後、フレッチャー医師(フランク・ゴーシン)やライリーら、医師団の質問を受けたコールは、1996-1997年に人類の50億人がウィルスによって死滅することを伝える。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
終身犯のジェームズ・コールは、ウィルスで死滅寸前の、人類の危機を救うために過去に送られる。
”12モンキーズ”という謎の言葉を携え、時空を越えたコールは、間違った年に送られてしまい、精神科医ライリーの患者になり監視される。
ジェフリーという患者に出会ったコールだったが、ウィルスの情報は得られず、彼は一旦、未来に戻され、再び”運命”の年に送られる。
コールはライリーを誘拐し、彼女の協力を得ながら、ウィルスの手掛かりを捜そうとするが、著名な細菌学者ゴインズの息子であったジェフリーが、”12モンキーズ”に関係していることを突き止める・・・。
__________

未来、過去、現在を駆け巡る、テリー・ギリアムらしい、超現実的なビジュアル効果は、ファンならずとも独特の世界観を堪能できる。

ベースはSFではあるのだが、サスペンス、アクション、ファンタジー、さらにはコミカルなシーンと、どの分野に当てはめても通用する、不可思議な映像表現で進行する異色作でもある。

北米興行収入は約5700万ドル弱に留まるが、全世界では約1億5800万ドルのヒットとなった。

第68回アカデミー賞では、助演男優賞(ブラッド・ピット)と衣装デザイン賞にノミネートされた。

1990年代を代表するアクション・スターのブルース・ウィリスは、未来と過去、現実と妄想が混在する時空の旅で混乱する、クセのある終身犯役を熱演している。

ヒロインのマデリーン・ストウは、やや役柄に成り切っていないような気もするが、相変わらず美しく、変装した彼女は別人のようで新鮮でもある。

後半は大人しくなるが、ブラッド・ピットの序盤の精神異常者の演技は、美男イメージを払拭する出色の怪演だ。

彼の父親で、著名な細菌学者クリストファー・プラマー、その助手役デヴィッド・モース、精神科医フランク・ゴーシン、囚人ジョン・セダ、警部補のクリストファー・メローニ、未来の科学者H・マイケル・ウォールズ、ボブ・エイドリアン、サイモン・ジョーンズキャロル・フローレンスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020