4312 Movies

ペギー・スーの結婚 Peggy Sue Got Married (1986)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

25年前の高校生時代にタイムスリップした女性の、愛を再確認する不思議な体験を描く、監督フランシス・フォード・コッポラ、主演キャスリーン・ターナーニコラス・ケイジジョアン・アレンジム・キャリー他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage 作品一覧
ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:フランシス・フォード・コッポラ

脚本
ジェリー・レイクトリング
アーレン・サーナー
製作:ポール・R・グリアン
製作総指揮:バリー・M・オズボーン
撮影:ジョーダン・クローネンウェス
編集:バリー・マルキン
衣装デザイン:シードラ・ヴァン・ランクル
音楽:ジョン・バリー

出演
ペギー・スー・ボーデル:キャスリーン・ターナー
チャーリー・ボーデル:ニコラス・ケイジ
リチャード・ノーヴィック:バリー・ミラー
キャロル・ヒース:キャサリン・ヒックス
マディ・ネイグル:ジョアン・アレン
マイケル・フィッツシモンズ:ケヴィン・J・オコナー
ウォルター・ゲッツ:ジム・キャリー
ドロレス・ダッジ:リサ・ジェーン・パースキー
ロザリー・テスタ:ルシンダ・ジェニー
アーサー・ネイグル:ウィル・シュライナー
イヴリン・ケルチャー:バーバラ・ハリス
ジャック・ケルチャー:ドン・マレー
ナンシー・ケルチャー:ソフィア・コッポラ
エリザベス・アルヴォーグ:モーリン・オサリヴァン
バーニー・アルヴォーグ:リオン・エイムズ
レオ:ジョン・キャラダイン
スコット・ボーデル:ランディ・ボーン
ベス・ボーデル:ヘレン・ハント

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ
1986年製作 103分
公開
北米:1986年10月10日
日本:1987年4月18日
製作費 $18,000,000
北米興行収入 $41,382,840


アカデミー賞
第59回アカデミー賞

・ノミネート
主演女優(キャスリーン・ターナー
撮影・衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1985年。
ペギー・スー・ボーデル(キャスリーン・ターナー)は、電気店を経営する夫チャーリー(ニコラス・ケイジ)が浮気をしたため別居中だった。

娘のベス(ヘレン・ハント)から、そろそろ許してあげるようにと言われるものの、ペギーにその気はなかった。

1960年卒業の高校の同窓会にベスと共に出席したペギーは、入口で、同窓生のアーサー・ネイグル(ウィル・シュライナー)とマディ(ジョアン・アレン)に再会する。

マディと話したキャロル・ヒース(キャサリン・ヒックス)は、ウォルター・ゲッツ(ジム・キャリー)に気づく。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1985年。
ペギー・スー・ボーデルは、電機店を営む夫チャーリーが浮気をしたため別居中だった。
1960年卒業の同窓会に出席したペギーは、同級生と再会して楽しい時を過ごすが、来ないはずのチャーリーが現れたために動揺する。
その後、クイーンに選ばれたペギーは感激するものの、意識を失い倒れてしまう。
目覚めたペギーは、25年前の高校時代に戻ってしまったことに気づく・・・。
__________

青春映画なども手掛け路線変更も感じさせていた頃の、フランシス・フォード・コッポラの愛すべき一作に上げたい作品。

1980年代が青春だった者にとっては忘れ難い作品で、当時を想い起しながら今観ると更に味わい深く感じる、郷愁を誘うノスタルジックな雰囲気に浸れる作品でもある。

第59回アカデミー賞では、主演女優(キャスリーン・ターナー)、撮影、衣装デザイン賞にノミネートされた。

また、戦前からのハリウッドの全盛期を支えた名優達、モーリン・オサリヴァンリオン・エイムズジョン・キャラダインの出演はファンにとっては涙ものであり、その功績に敬意を表する、フランシス・フォード・コッポラの映画への愛が感じられる。
主人公の両親役のドン・マレーバーバラ・ハリスの出演も嬉しい。

主人公を演ずる、1980年代を代表するトップ女優キャスリーン・ターナーは、タイムスリップにより、信頼関係を失っていた夫との愛を再確認する女性を、キャリア最高とも言える演技で熱演している。

既にキャリアは積んでいたものの、初々しいことこの上ない、撮影当時21歳のニコラス・ケイジの軽妙な演技も見逃せない。

その高校時代の友人役で登場するジム・キャリーも存在感を示し、主人公の娘役で出演のヘレン・ハントも注目だ。

主人公が過去で頼りにする秀才バリー・ミラー、同じく親友の同級生キャサリン・ヒックスジョアン・アレン、主人公が過去で憧れるアウトロー的文学青年のケヴィン・J・オコナー、意地の悪い同級生のリサ・ジェーン・パースキー、同級生ルシンダ・ジェニーウィル・シュライナー、主人公の両親ドン・マレーバーバラ・ハリス、その娘ソフィア・コッポラ、主人公の祖父母リオン・エイムズモーリン・オサリヴァン、タイムトラベルの会の老人ジョン・キャラダイン、主人公の息子ランディ・ボーンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020